新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博

「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の時間が長くて間が持たない、マナーがよくわからない、という答えが返ってくるものでした。

今ではそんなことをおっしゃる方はさすがにいませんが、ワインリストを見ても何を選べばいいのか見当がつかず、恥をかきたくない、という方は、昔も今も変わりないようです。

私もフランス料理を食べ始めた20代半ばの頃は、ほとんどワインが飲めなかったこともありますが、ソムリエからワインリストを渡されると「第一関門がやって来た」と思ったものでした。

しかし、ワインは知識を深めると味わいも深まる“頭のなかを通過する酒”であることを知ったとき、もっと多くを味わいたい欲求が出てきました。

最初は赤ワイン白ワインの区別しかつかなかった自分が、ボルドー、ブルゴーニュの違いから、品種をかぎ分ける、果てはアロマとブーケの違いなどまで理解できるようになりました。正直、そんな自分に驚きました。

ワインの楽しみ方を覚えるにつれて、飲む量も次第に増えてゆき、ワインとはただ酔うためにあるのではなく、知識を磨き、自分の教養を豊かにしてくれる酒であることがわかってきたのです。こうなると、レストランへ出かけてワインリストを開くのが楽しくなりました。

*  *  *

とはいえ、今回はワインリストの読み方を伝授しようというわけではありません。“ワインリストを見なくても大丈夫な方法”をお知らせいたします。

それは、ソムリエに「料理を邪魔しない、手頃なワインをお願いいたします」と聞くこと。ずばり、これが一番です。ワイン生産地に近いレストランでしたら、これに「地元の」を付け加えます。

ここで決して「料理に合うワインを」などと聞いてはなりません。高価なワインを薦められたとき、これでは断りきれませんから。

もし、あなたに度胸がおありなら「リーズナブルで飲みやすいワインを」というのはいかがでしょうか? デートではなく、仲間とでしたらこれでいけますね。

ちなみに、今、私はどの店に出かけても「4桁のワイン」しか選びませんし、注文しません。高級なレストランへ出かければ、必ず一番安いワインをお願いします。上質なレストランであれば、ソムリエが店の料理を考えた上で、山の頂上ではない、裾野にあるようなワインを見つけてきて、ワインリストに載せているはずだからです。世界に名だたるワインを揃えることは高級店では簡単ですが、廉価で上質なワインを買い付けてくるのも、ソムリエの腕というものです。

(内緒でお伝えしますが、銀座『ロオジエ』で私がいつも注文するワインは、コート・デュ・ローヌはシャトーヌフ・デユ・パップの「ピアラード」。知る人ぞ知るワインで、1本6500円。『ロオジエ』では最安値です。今、飲み頃の2004年がワインリストに載っていますので、もし行かれる方はご参考までに!)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】
  2. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】
  3. 天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法…
  4. 意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊…
  5. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】
PAGE TOP