新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博

「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の時間が長くて間が持たない、マナーがよくわからない、という答えが返ってくるものでした。

今ではそんなことをおっしゃる方はさすがにいませんが、ワインリストを見ても何を選べばいいのか見当がつかず、恥をかきたくない、という方は、昔も今も変わりないようです。

私もフランス料理を食べ始めた20代半ばの頃は、ほとんどワインが飲めなかったこともありますが、ソムリエからワインリストを渡されると「第一関門がやって来た」と思ったものでした。

しかし、ワインは知識を深めると味わいも深まる“頭のなかを通過する酒”であることを知ったとき、もっと多くを味わいたい欲求が出てきました。

最初は赤ワイン白ワインの区別しかつかなかった自分が、ボルドー、ブルゴーニュの違いから、品種をかぎ分ける、果てはアロマとブーケの違いなどまで理解できるようになりました。正直、そんな自分に驚きました。

ワインの楽しみ方を覚えるにつれて、飲む量も次第に増えてゆき、ワインとはただ酔うためにあるのではなく、知識を磨き、自分の教養を豊かにしてくれる酒であることがわかってきたのです。こうなると、レストランへ出かけてワインリストを開くのが楽しくなりました。

*  *  *

とはいえ、今回はワインリストの読み方を伝授しようというわけではありません。“ワインリストを見なくても大丈夫な方法”をお知らせいたします。

それは、ソムリエに「料理を邪魔しない、手頃なワインをお願いいたします」と聞くこと。ずばり、これが一番です。ワイン生産地に近いレストランでしたら、これに「地元の」を付け加えます。

ここで決して「料理に合うワインを」などと聞いてはなりません。高価なワインを薦められたとき、これでは断りきれませんから。

もし、あなたに度胸がおありなら「リーズナブルで飲みやすいワインを」というのはいかがでしょうか? デートではなく、仲間とでしたらこれでいけますね。

ちなみに、今、私はどの店に出かけても「4桁のワイン」しか選びませんし、注文しません。高級なレストランへ出かければ、必ず一番安いワインをお願いします。上質なレストランであれば、ソムリエが店の料理を考えた上で、山の頂上ではない、裾野にあるようなワインを見つけてきて、ワインリストに載せているはずだからです。世界に名だたるワインを揃えることは高級店では簡単ですが、廉価で上質なワインを買い付けてくるのも、ソムリエの腕というものです。

(内緒でお伝えしますが、銀座『ロオジエ』で私がいつも注文するワインは、コート・デュ・ローヌはシャトーヌフ・デユ・パップの「ピアラード」。知る人ぞ知るワインで、1本6500円。『ロオジエ』では最安値です。今、飲み頃の2004年がワインリストに載っていますので、もし行かれる方はご参考までに!)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】
  2. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の…
  3. 鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 …
  4. 美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法…
PAGE TOP