新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博

「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という言葉は鮨から生まれたように思われていますが、どっこい、それは違うのですね。

「江戸前」は、じつは鰻から生まれた言葉なんです。今の東京湾に流れ込む川は100を超えるほどあり、その中で、現在の東京都にあたる地域の河川を上り下りする鰻を「江戸前」の鰻と呼びました。餌は川海老です。

老舗『野田岩』の鰻重(撮影:山本益博)

では、「江戸前」以外の鰻はなんと呼ばれたかというと、「旅鰻(りょまん)」旅の鰻と言って区別されました。一級格下に扱われてしまったのですね。

私の地元、下町浅草では、地方からやってきた人を「田舎者(いなかもん)」とは呼ばずに、「旅の御方」と言って、同じように土地っ子浅草っ子と差別に近い区別をしていました。

ところで、「江戸前」には、もう一つの意味合いが含まれていることをご存知でしょうか?

「自前」「お点前」「男前」という言葉があります。これらの「前」は「イン・フロント・オブ」の「前」ではありません。「流儀、スタイル」のことです。鮨で言えば、こはだという小ぶりのひかりものの魚を酢と塩で締めたり、まぐろの赤身を醤油に漬け込んでづけにしたりする職人仕事を「江戸の流儀」「江戸スタイル」というわけです。

「江戸前」の蒲焼は割いて、蒸して、たれをつけて焼き上げます。じっくりと蒸すことで、余分な脂を落として、しっとりとした味わいの蒲焼に仕上げます。江戸っ子は「脂っこい」「脂ぎった」蒲焼は敬遠します。関西では、割いて、たれをつけて焼くだけで、蒸しません。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】
  2. 天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法…
  3. レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食い…
  4. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】
  5. 手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の…
PAGE TOP