新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】

文/山本益博

「てんぷら」の語源については諸説ありますが、室町時代、ポルトガルから来た外来の料理が原点であることには間違いないようです。「テンペロ」「テンプロ」が訛って「てんぷら」になり、「天麩羅」という字があてられました。「天」は「天竺」、「麩」は「小麦粉」、「羅」は「薄い衣」のこととのことで、私はこのなかの「羅」に注目したいと思っています。

てんぷらは、天種、油が大切であることはもちろんですが、「てんぷら」になるか「魚のフライ」になるかは、「衣」次第なんです。小麦粉と水で作った薄い衣を通して、魚の水分と油を交換する、言い換えれば、魚の「脱水作業」こそがてんぷらの命なのですね。

「フライ」は小麦粉に加えてパン粉を使い、素材の旨味を閉じ込めて油で揚げます。ですから、同じ魚介を使いながら、味わいの違う料理に仕上がるわけです。

洋食の老舗「ぽん多」では、きす、あなご、小柱などてんぷらと同じ魚介を使ってフライにします。きすはてんぷらよりふっくらと、あなごは身がしっかりと揚がったフライになっています。小柱は衣を開くと、まだ火の入らない限りなく生に近い小柱の美味しさに出会えます。

ぽん多のきすのフライ

ぽん多の小柱のフライ

私のお気に入りのてんぷら屋「みかわ是山居」の主人早乙女哲哉さんは、冷たい水に冷やしておいた小麦粉をふるいにかけて、粉をときます。「溶く」のではなく「解く」のだそうです。こんがらがった糸を解く(ほどく)ように、衣を「水と粉と空気」が1対1対1になるようにするのだそうです。

みかわ是山居のえびのてんぷら

みかわ是山居のかき揚げ

こうして出来上がった薄くて軽い衣で揚げられた、えび、いか、あなごなど、すし屋で使う種と同じ魚介がこうも違う味わいになるものかと、唸ることしきりです。

「人形は顔がいのち」ですが、「てんぷらは衣がいのち」です。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  2. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  3. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
  4. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
  5. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
PAGE TOP