新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

写真・文/山本益博

松茸(てんぷら みかわ

松茸(てんぷら みかわ)

今から40年ほど前、「東京味のグランプリ」という食べ歩きのガイドブックを出していました。「すし、そば、てんぷら、うなぎ」と言った東京の郷土料理に「とんかつ、ラーメン」を加えた6ジャンルの料理を、毎日食べ歩いていました。

1か月先までお店のスケジュールを決めていたのですが、空が澄みわたった秋晴れの日など勝手に「てんぷら日和」と呼んで、予定を変更して「てんぷら」を食べに出かけたくなることが幾度もありました。

秋晴れの日に食べたくなるてんぷらと言えば、「めごち」「はぜ」といった小魚です。東京湾の波の静かな海で育った小魚たちは、骨が固くないため、尻尾まで美味しくいただけます。というか、からりと揚がった尻尾が一番のご馳走だったりします。いま、「めごち」は滅法高級魚になり、「はぜ」も獲れなくなりつつあります。東京湾が再生されることを祈るばかりです。

めごち(てんぷら みかわ)

めごち(てんぷら みかわ)

野菜で言えば、「茄子」でしょうか。野菜の揚げ物は、正しくは「てんぷら」ではなく「精進揚げ」と呼ばれます。「茄子」が見事に揚げられたものをいただくと、茄子の香りが高く、甘く、「精進揚げ」の王様ではないかしらん、と思うほどに感激します。

なす(てんぷら みかわ茅場町)

なす(てんぷら みかわ茅場町)

そして、忘れられないのが「松茸」です。「松茸」の食べ方はいろいろありますが、1本揚げの松茸をいただくと、松茸のエッセンスがすべて閉じ込められていたため、香りが驚くほど高く、がぶりと噛めば、熱々のジュースが溢れ、「松茸」料理はこれに極まるという感がします。

松茸(てんぷら みかわ)

松茸(てんぷら みかわ)

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  2. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
  3. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
  4. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
  5. 大とろ(すきやばし次郎)  山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】
PAGE TOP