新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

イラスト/石野てん子

文/山本益博

「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴」と言った意味で日常的に使われるようになりました。

20年ほどまえにテレビが「料理」「うまいもの」「食いしん坊」に代わる新しい言葉を見つけているうちに、それをすべて含んで便利な、しかもおしゃれなフランス語でしたから、なんでも「グルメ」番組と称してはやらせ、あっという間に流行語になりました。

でも、「グルメ」の本当の意味をご存知の方はあまりいらっしゃいません。本来は、食材や調理に通じた食いしん坊、本当の意味での「食通」のことです。「グルマン」という言葉もあり、こちらも食いしん坊ですが、大食漢の感じでしょうか。美味しいものならいくらでも食べられるという美食家です。同じような意味合いで「ガストロノム」という言葉もあります。この「ガストロ」とは「胃袋」のことで、鋭敏な舌ばかりか強靭な胃袋の持ち主でないと、本当の美食家にはなれないということなんですね。

「山本さんは、グルメでいらっしゃるから」とよく言われます。こういう風に言われるのは「先生」と呼ばれるのと同じくらいに苦手です。いまや「グルメ」は「贅沢な浪費」と同義語に堕ちてしまいましたから、「グルメ」と面と向かって言われると、すこしばかり揶揄(やゆ)されている感じがして嫌なんです。

どうせ呼ばれるのなら「美味しいものに目がないグルメ」ではなく「ものを美味しく食べる食いしん坊」がいいですね。この「美味しいもの」を食べるのではなく、「ものを美味しく食べる」ことこそ「美食」ではないでしょうか。

ところが、巷の「グルメ」たちは、インターネットに満載されている情報を頼りに飲食店を探しだし、その情報を鵜呑みにして店へ出かけ、勝手な料理の注文を並べたて、その料理が出てくると、すぐに箸やナイフ・フォークを手に持って食べ出すと思いきや、携帯電話で写真をカチャ、カチャと撮りはじめる始末。料理を食べて食事を楽しむというより、店へ出かけた証拠写真を撮っている感じなのですね。つまり、自分のブログでお披露目したいための食事で、それも料理を味わうというより、情報を食べていると言ってよいでしょう。そうして、料理人の気持ちも考えず、心ない料理の感想を勝手に書きまくるのです。

「美食」は本来「贅沢な浪費」などではありません。「美食家」はおとなの作法を心得、健やかな生き方を実践している常識人であるはずです。

レストランへ出かけるのにも、店情報を峻別する能力を持ち、他人の評価を一方的に信じるのではなく、作り手の気持ちを汲んでメニューを選び、そうして出てきた料理に素直に向き合う。こういう心持ちで食事を楽しめば、食卓がどんなに盛り上がることでしょう。

私は料理を批評することを仕事にしてしまった人間ですが、料理を前にして一番大切なことは「素直になること」といつも思っています。邪まな気持ちでアラを探そうなどと考えていると、美味しさはするりと逃げていってしまいます。

十代の頃から、料理人の方々から可愛がられてきました。味覚が鋭いわけでもなく、分析能力が高いわけでもなく、もちろん、批評する文章が素晴らしいわけでもありません。すべて二流と思っています。謙遜ではなく、本当にそう思っています。それでも第一線の料理人の方々に食べ手として認めていただいているのは、ひとえに「食べっぷり」がいいからではないでしょうか。

料理は出てきた時点がいちばん美味しい。これを逃してはなりません。その「食べっぷり」はすしやてんぷらのように目の前に料理人がいなくとも、必ず調理場にまで届くものと信じています。これが、「賢い美食」かどうかは分かりませんが、プロフェッショナルの料理を40年間食べ続けてきた私の財産です。

この連載ではそんな私が得てきた「ものを美味しく食べる作法」を、皆さんに少しずつお伝えしていければと考えています。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. さつまいも(みかわ是山居) 山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】
  2. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  3. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  4. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
  5. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
PAGE TOP