新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

イラスト/石野てん子

文/山本益博

「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴」と言った意味で日常的に使われるようになりました。

20年ほどまえにテレビが「料理」「うまいもの」「食いしん坊」に代わる新しい言葉を見つけているうちに、それをすべて含んで便利な、しかもおしゃれなフランス語でしたから、なんでも「グルメ」番組と称してはやらせ、あっという間に流行語になりました。

でも、「グルメ」の本当の意味をご存知の方はあまりいらっしゃいません。本来は、食材や調理に通じた食いしん坊、本当の意味での「食通」のことです。「グルマン」という言葉もあり、こちらも食いしん坊ですが、大食漢の感じでしょうか。美味しいものならいくらでも食べられるという美食家です。同じような意味合いで「ガストロノム」という言葉もあります。この「ガストロ」とは「胃袋」のことで、鋭敏な舌ばかりか強靭な胃袋の持ち主でないと、本当の美食家にはなれないということなんですね。

「山本さんは、グルメでいらっしゃるから」とよく言われます。こういう風に言われるのは「先生」と呼ばれるのと同じくらいに苦手です。いまや「グルメ」は「贅沢な浪費」と同義語に堕ちてしまいましたから、「グルメ」と面と向かって言われると、すこしばかり揶揄(やゆ)されている感じがして嫌なんです。

どうせ呼ばれるのなら「美味しいものに目がないグルメ」ではなく「ものを美味しく食べる食いしん坊」がいいですね。この「美味しいもの」を食べるのではなく、「ものを美味しく食べる」ことこそ「美食」ではないでしょうか。

ところが、巷の「グルメ」たちは、インターネットに満載されている情報を頼りに飲食店を探しだし、その情報を鵜呑みにして店へ出かけ、勝手な料理の注文を並べたて、その料理が出てくると、すぐに箸やナイフ・フォークを手に持って食べ出すと思いきや、携帯電話で写真をカチャ、カチャと撮りはじめる始末。料理を食べて食事を楽しむというより、店へ出かけた証拠写真を撮っている感じなのですね。つまり、自分のブログでお披露目したいための食事で、それも料理を味わうというより、情報を食べていると言ってよいでしょう。そうして、料理人の気持ちも考えず、心ない料理の感想を勝手に書きまくるのです。

「美食」は本来「贅沢な浪費」などではありません。「美食家」はおとなの作法を心得、健やかな生き方を実践している常識人であるはずです。

レストランへ出かけるのにも、店情報を峻別する能力を持ち、他人の評価を一方的に信じるのではなく、作り手の気持ちを汲んでメニューを選び、そうして出てきた料理に素直に向き合う。こういう心持ちで食事を楽しめば、食卓がどんなに盛り上がることでしょう。

私は料理を批評することを仕事にしてしまった人間ですが、料理を前にして一番大切なことは「素直になること」といつも思っています。邪まな気持ちでアラを探そうなどと考えていると、美味しさはするりと逃げていってしまいます。

十代の頃から、料理人の方々から可愛がられてきました。味覚が鋭いわけでもなく、分析能力が高いわけでもなく、もちろん、批評する文章が素晴らしいわけでもありません。すべて二流と思っています。謙遜ではなく、本当にそう思っています。それでも第一線の料理人の方々に食べ手として認めていただいているのは、ひとえに「食べっぷり」がいいからではないでしょうか。

料理は出てきた時点がいちばん美味しい。これを逃してはなりません。その「食べっぷり」はすしやてんぷらのように目の前に料理人がいなくとも、必ず調理場にまで届くものと信じています。これが、「賢い美食」かどうかは分かりませんが、プロフェッショナルの料理を40年間食べ続けてきた私の財産です。

この連載ではそんな私が得てきた「ものを美味しく食べる作法」を、皆さんに少しずつお伝えしていければと考えています。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

イラスト/石野てん子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. さつまいも(みかわ是山居) 山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】
  2. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  3. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  4. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
  5. 山本益博|「初春のてん種」【食いしん坊の作法 第16回】
PAGE TOP