新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博

「みかわ是山居」あなごのてんぷら

「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日本料理ですが、時代の変遷の中で進化させ、独自の世界を築き上げたのが、いわゆる「江戸前のてんぷら」です。

東京湾に棲息する魚介を使って揚げ物にし、ほかの料理では決して味わえない美味しさを表現した、いまや「すし、そば、うなぎ」と並ぶ「東京の郷土料理」です。

東京湾は間口が狭く、そのため外海の影響を受けにくい構造になっています。そこへもってきて、おびただしい数の河川が湾に流れ込んでいますから、プランクトンが豊富で、海水と真水が入り混じる汽水域が出来上がっています。

桜島のある鹿児島湾などは河川が一つも流れ込んでいません。そのために魚介が限られてしまうのですね。

そこへもってきて、東京湾の魚介は種類が豊富で、深海の魚や流れの速い海にいる魚はいませんが、きす、はぜ、めごちなど、言ってみれば、荒波にもまれない、日向ぼっこをしている坊ちゃん育ちの小魚が多く、これらをてんぷらにすると、尻尾まで美味しく食べられるのですね。春のしらうおなどは小さくとも成魚で、一尾一尾揚げられたしらうおは、信じられないほどの味わいの深さがあります。

「みかわ是山居」しらうおのてんぷら

「みかわ是山居」めごち

浜に近いところではあなごが獲れ、これがてんぷらには欠かせません。そして、あなごと並んで、てんぷらの代表と言えば、えびです。くるまえびの中でも小ぶりな才巻海老を揚げます。

「みかわ是山居」主人の早乙女哲哉さん

てんぷら屋では、どこでも必ず「えび」から揚げますが、なぜなのでしょう?おそらく、淡泊な味わいからということではないかと思うのですが、「みかわ是山居」主人の早乙女哲哉さんに伺ったところ、「てんぷらは、外来の料理だから、アルファベット順に揚げるんです」とのことでした。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
  2. 大とろ(すきやばし次郎)  山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】
  3. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【…
  4. 山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第1…
  5. てんぷらは衣がいのち【食いしん坊の作法 第10回】
PAGE TOP