新着記事

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】

写真・文/山本益博

「江戸前」の握りの代名詞でもある「まぐろ」は冬が美味しいすし種であるところから、鮨の魚は冬が優勢と思われがちですが、すし種が豊富なのは、圧倒的に夏です。

例えば、「光り物」と呼ばれるあじ、いわしは夏場を代表するすし種です。白身ならかれい、すずき、赤身ならかつお。貝ならあわび、甲殻類ならえび、しゃこと言った具合です。

いわし(銚子)(すきやばし次郎)

いわし(銚子)(すきやばし次郎)

かつお(青空(はるたか))

かつお(青空(はるたか))

それから、忘れてならないのがあなご、梅雨明けから秋風が立ち昇るまでがとろけるほどに美味しいすし種です。

「あじ」ですが、今から50年ほど前は、生では握りませんでした。その後、交通網と冷蔵設備が発達したため、魚介の輸送が迅速となって、極めて鮮度のよい魚が、毎朝、築地に届くようになり、すし職人はそれを見極めて、生で握るようになりました。貝もそうですが、「あわび」だけは、「蒸しあわび」と称して、長時間加熱し柔らかくして、すし種にしました。

あわび(青空(はるたか))

あわび(青空(はるたか))

「あじ」は「こはだ」と同じく、酢と塩で酢締めにして握りました。貝も酢にさっとくぐらせてから握ったものです。「いか」も「煮いか」と言って、ゆでたものを握っていました。また「酢いか」と言って、いかを酢のなかにしばらく漬け込んで握るすし種もありました。

あじ(後楽寿司やす秀(みつ))

あじ(後楽寿司やす秀(みつ))

いまでは、ほとんど姿を消してしまいましたが、数年前、「すきやばし次郎」が酢締めの「あじ」を復活させました。その名を「あじす」。JR「大船」駅などで売っている「あじのすし」が、それですが、いま東京のすし屋で「あじす」を握るのは「次郎」1軒ではないでしょうか。

あじす(すきやばし次郎)

あじす(すきやばし次郎)

このところ、夏場に台風が数多くやってくるのを考え、万が一、鮮度の良い「あじ」が手に入らなかった時のためのすし種なのだそうです。1週間ほど寝かせた、一種の「保存食」です。この「あじす」をいただくと、下町っ子の私は、とても懐かしい気分になります。

写真・文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 美しいサシが入る佐賀牛 食通が絶賛! 食材の宝庫、佐賀・唐津|「佐賀牛なかむら」のステー…
  2. さつまいも(みかわ是山居) 山本益博|「冬のてん種」【食いしん坊の作法 第20回】
  3. 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】
  4. あなごのてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「夏のてんぷら」【食いしん坊の作法 第18回】
  5. 稚鮎のてんぷら(みかわ是山居) 山本益博|「初夏のてん種」【食いしん坊の作法 第17回】
PAGE TOP