新着記事

自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには 社長の年忘れ・新年の決意 平成最後の忘年会でやらかした「ぼったくりバーで5分20万円」! 初詣のお賽銭 平均「2394円」!|社長の忘年会・お賽銭事情 秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】 藻岩山 家から見える1番いい眺めはここ!|「札幌」「仙台」「広島」「福岡」の眺望ランキング ベスト10 メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 【ビジネスの極意】メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博

日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?ところが、その「箸」についてよくご存じの方があまりに少ないのが現状です。

大人の箸の寸法は七寸五分と江戸時代に決まりました。七寸五分と言えば、約25センチ弱で、肘をついてくるぶしあたりまでの長さです。この長さの箸を上手に扱えば、1時間使っていても手や指が疲れることはありません。子供の箸や駅弁の短めの箸を15分も使っていると、指の付け根あたりが痛くなってきます。寸法、長さというのはとても大事なことなんですね。

「箸」という字は竹へんに人という意味です。本来の「箸」の長さは、七寸五分の2倍、一尺五寸ありました。約50センチ弱、随分と長いですが、てんぷら屋の職人さんが使っている竹製の長い箸がそれです。

このてんぷら屋さんが使っている箸だけが「箸」と呼ばれるもので、あとは、「菜箸」「塗り箸」「割り箸」などと必ず名が添えられています。

写真は「みかわ 是山居」の店主・早乙女哲哉さん

日本料理屋さんで使われる、両端が細くなっている箸は、俗に「利休箸」と呼ばれていますが、食事中に両方を使い分ける方を見たことがまずありません。

じつは、使わないほうの箸の端は、神様が使うという意味があるのですね。私は、日本料理でお椀が出てきたとき、「神様ごめんなさい」と心で詫びて、箸の向きを変えます。なぜなら、料理人が心血を注いだお椀の大事なお出汁を、お椀以前の料理の味がついた箸で汚したくないからなんです。

ところで、箸の置き方ですが、私たち日本では、手前に横にして置きます。箸の国として先輩の中国、台湾では縦に並べます。ナイフ・フォークも皿の両脇に縦に置きます。おそらく、手で取り扱いやすいようにという実用性から生まれた配置ではないでしょうか。

じつは、日本の場合、箸は扇と同じく「結界」の意味があり、箸の向こう側は「神様」の領域、手前側は「人間」の領域なんですね。料理を調理する際、日本人は「神様」に捧げる意識で作り、「神様」が召し上がってから、箸をとり、結界を外して、料理をいただくわけです。

伊勢神宮では、千年以上前から、毎日朝夕2度、外宮の豊受大神(とようけのおおみかみ)が内宮の天照大神(あまてらすおおみかみ)のために食事を用意し、前日から禊を済ませた神官が運びます。その食事を用意する際、初めにすることと言えば、「箸」を置くことから始めるのだそうです。

わが国では、「箸」は実用性ばかりか、精神性も有しているのですね。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あじす(すきやばし次郎) 山本益博|「夏の鮨」【食いしん坊の作法 第15回】
  2. 大とろ(すきやばし次郎)  山本益博|「冬の鮨」【食いしん坊の作法 第14回】
  3. 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【…
  4. 山本益博|江戸の美意識、小粋な「こはだ」【食いしん坊の作法 第1…
  5. てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】
PAGE TOP