新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

食いしん坊の作法

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博

日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?ところが、その「箸」についてよくご存じの方があまりに少ないのが現状です。

大人の箸の寸法は七寸五分と江戸時代に決まりました。七寸五分と言えば、約25センチ弱で、肘をついてくるぶしあたりまでの長さです。この長さの箸を上手に扱えば、1時間使っていても手や指が疲れることはありません。子供の箸や駅弁の短めの箸を15分も使っていると、指の付け根あたりが痛くなってきます。寸法、長さというのはとても大事なことなんですね。

「箸」という字は竹へんに人という意味です。本来の「箸」の長さは、七寸五分の2倍、一尺五寸ありました。約50センチ弱、随分と長いですが、てんぷら屋の職人さんが使っている竹製の長い箸がそれです。

このてんぷら屋さんが使っている箸だけが「箸」と呼ばれるもので、あとは、「菜箸」「塗り箸」「割り箸」などと必ず名が添えられています。

写真は「みかわ 是山居」の店主・早乙女哲哉さん

日本料理屋さんで使われる、両端が細くなっている箸は、俗に「利休箸」と呼ばれていますが、食事中に両方を使い分ける方を見たことがまずありません。

じつは、使わないほうの箸の端は、神様が使うという意味があるのですね。私は、日本料理でお椀が出てきたとき、「神様ごめんなさい」と心で詫びて、箸の向きを変えます。なぜなら、料理人が心血を注いだお椀の大事なお出汁を、お椀以前の料理の味がついた箸で汚したくないからなんです。

ところで、箸の置き方ですが、私たち日本では、手前に横にして置きます。箸の国として先輩の中国、台湾では縦に並べます。ナイフ・フォークも皿の両脇に縦に置きます。おそらく、手で取り扱いやすいようにという実用性から生まれた配置ではないでしょうか。

じつは、日本の場合、箸は扇と同じく「結界」の意味があり、箸の向こう側は「神様」の領域、手前側は「人間」の領域なんですね。料理を調理する際、日本人は「神様」に捧げる意識で作り、「神様」が召し上がってから、箸をとり、結界を外して、料理をいただくわけです。

伊勢神宮では、千年以上前から、毎日朝夕2度、外宮の豊受大神(とようけのおおみかみ)が内宮の天照大神(あまてらすおおみかみ)のために食事を用意し、前日から禊を済ませた神官が運びます。その食事を用意する際、初めにすることと言えば、「箸」を置くことから始めるのだそうです。

わが国では、「箸」は実用性ばかりか、精神性も有しているのですね。

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本料理の華、椀刺しとの向き合い方【食いしん坊の作法 第9回】
  2. 天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法…
  3. 意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊…
  4. レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食い…
  5. レストランでの「水」の粋な頼み方 【食いしん坊の作法 第4回】
PAGE TOP