新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい2月23日(土)・24日(日…

【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方

月に行く、と宣言して話題になったファッション通販サイトの社長がいるが、その方よりももっと以前…

膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み

取材・文/渡辺陽原因不明のひざの痛みや腰痛に何年も悩まされていませんか。病院で詳しく…

メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット

一度叩けば余韻が長く、高く澄んだ音色が耳に心地よい。「佐波理」という銅と錫の合金で作られた、…

黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

文・絵/牧野良幸今回は黒澤明の『用心棒』ある。名作ばかりの黒澤映画の中でも、おそらく『七…

日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

日本でも大ヒットしたアメリカのTVシリーズ「24」が、来年日本でリメイクされるという。ドラマ内で…

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

■預金通帳やキャッシュカードを焼失した場合の取扱い災害に遭い、急いで避難しなければならない場合、…

出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

動物行動学者で動物の心療内科医・入交眞巳先生が、満を持して初となる著書『猫が幸せならばそれでいい』(…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

朝めし自慢

  1. 朝めし自慢

    フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆その8割はヨーグルトを欠かさない洋風、休日は日本の伝統的な和食。2種類の朝食がフラワーデザイナーの元気を支える。【今野政代さんの定番・朝めし自慢】“プリザーブド…

  2. 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤…

  3. 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢

    落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆人気落語家は超多忙。だが、趣味のひとつが料理。楽しみながら腕…

  4. 手塚雄二・朝めし自慢1

    【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた献立で、20年来、体型は変わりません」

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆主食はバナナかパンのいずれかを選択。現代日本画壇を牽引する作…

  5. 林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の常備菜が並びます」

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆国産の木材を求めて、日本中を東奔西走する林業家。その元気の源…

  6. 椅子張り職人・宮本茂紀さんの朝めし自慢「人参と林檎のジュースを欠かしません」

  7. 料理学院長・江上栄子さんの朝めし自慢「カフェオレは“グランタース”(大きな碗)に限ります」

  8. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご飯なら発芽玄米です」

  9. 【朝めし自慢】大江英樹さん(経済コラムニスト)「週末は洋風献立。それ以外は“おかいさん”です」

  10. 【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

  11. 【朝めし自慢】宇田左近さん(ビジネス・ブレークスルー大学副学長)「知人から届く季節の恵みを時間をかけ味わいます」

  12. 【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕の得意料理です」

  13. 【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年来、朝食はコーヒーとチョコレートです」

  14. 【朝めし自慢】齋藤勝裕さん(名古屋工業大学名誉教授)「故郷・新潟の味とブルーベリーを欠かしません」

  15. 【朝めし自慢】澤田隆治さん(メディアプロデューサー)「野菜たっぷりの朝食と散歩で健康を取り戻しました」

  16. 【朝めし自慢】木村治美さん( エッセイスト)「チーズとコーヒーが決まり、手をかけないのが木村流です」

  17. 【朝めし自慢】今井聖さん(俳人)「3年前から痛風予防の献立です」

  18. 【朝めし自慢】中川圭一さん(ニッカウヰスキー常勤顧問)「朝の贅沢は自分で焼いたバターロール」

PAGE TOP