朝めし自慢

朝めし自慢に関する記事33

健康 【朝めし自慢】絹谷幸二(洋画家・79歳)「週に2〜3回は、“…

3食の中で、最も楽しみなのは朝食。病弱だった頃からの母の助言、「朝食に“テキ”を食べろ」を、今も守り続けている。 【絹谷…

2022/11/3
健康 【朝めし自慢】尾形玲子(養蜂家・63歳)「ご飯にもルウにも蜂…

“蜂屋” は重労働だ。ここぞという日の朝は、蜂蜜が隠し味のご飯とルウのビーフカレーが、女性養蜂家の活動を支える。 【尾形…

2022/10/10
健康 【朝めし自慢】増田幹雄(炭問屋会長・77歳)「紅茶、コーヒー…

炭ひと筋に55年。炭問屋会長の朝食に欠かせぬのが紅茶。紅茶だけでなく、嗜好飲料は人任せにできない“茶道楽”だ。 【増田幹…

2022/9/12
健康 【朝めし自慢】川崎景太(フラワーアーティスト・61歳)「五穀…

花と向き合い始めて30余年。フラワーアーティストの元気の源は五穀米や納豆、蜆など、体にいい食品が並ぶ朝食である。 【川崎…

2022/8/13
健康 【朝めし自慢】森 往子(こども園園長・71歳)「自家農園で栽…

でき得る限り、減農薬で育てた自家農園の野菜。これら季節ごとの野菜料理が並ぶ朝食が、こども園園長の元気の秘訣だ。 【森 往…

2022/7/17
健康 【朝めし自慢】谷内田孝(クリエイター・78歳)「残り物のご飯…

ひとり暮らしになってから、禅寺の朝食を基本に1~2品プラス。クリエイターの創作の源は、白粥と具沢山の味噌汁だ。 【谷内田…

2022/6/3
健康 【朝めし自慢】横内正(俳優・80歳)「自ら調える和食と洋食の…

特技は料理。自ら作るふた通りの朝食─旅館風の和食とホテル風の洋食が、傘寿を迎えたベテラン俳優の現役を支える。 【横内正さ…

2022/5/5
健康 【朝めし自慢】鈴木富佐江(さくら着物工房主宰・85歳)「米食…

日本人は米を、とパンよりご飯党。教室がある日はご飯に常備菜。ない日はドリアか小丼が“着物守り”の活動を支える。 【鈴木富…

2022/3/21
健康 【朝めし自慢】関根 進・葉子(ビストロオーナー/78歳・73…

ビストロオーナー夫妻が揃って休める月曜日は、ワインを楽しみながらブランチ。これがふたりの1週間分の元気の源だ。 【関根進…

2022/2/13
健康 【朝めし自慢】小林一夫(お茶の水おりがみ会館館長・80歳)「…

朝食は自ら作る80歳。ラジオ体操の前に下ごしらえを終え、数ある常備菜を少しずつつまむのが朝の楽しみ、元気の源だ。 【小林…

2022/1/10
健康 【朝めし自慢】井田典子(整理収納アドバイザー・61歳)「パタ…

“スーパー主婦”の朝食は和風と洋風のふた通り。それぞれをパターン化することで迷いなく、手早く調えられるという。 【井田典…

2022/1/3
健康 【朝めし自慢】網野妙子(フラワーデザイナー・70歳)「ベラン…

日本におけるフラワーデザインの第一人者。その花への情熱は、自ら育てたハーブや野菜が登場する朝食が支えている。 【網野妙子…

2021/11/13
健康 【朝めし自慢】生島ヒロシ(フリーアナウンサー・68歳)「料理…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 早朝のラジオ番組を担って20年。この間、一日も休まなかったその秘訣は、夫人が作る栄養バ…

2019/6/8
健康 【朝めし自慢】石塚昭一郎(裁ち鋏鍛冶・84歳)「卵と明太子、…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 “ 羅紗裁ち鋏”ひと筋に70年。今日も、力強い槌音を響かせる鋏鍛冶の元気の源は、卵と常…

2019/5/5
健康 【朝めし自慢】長艸敏明(京繍伝統工芸士、京繍作家・70歳)「…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 平安時代から脈々と続く京繍(きようぬい)。それを受け継ぐ京繍作家の創作意欲の源は、60…

2019/4/5
健康 フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 その8割はヨーグルトを欠かさない洋風、休日は日本の伝統的な和食。2種類の朝食がフラワー…

2019/3/17
健康 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってか…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤油を一切使わない朝食が、世…

2019/2/16
健康 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 人気落語家は超多忙。だが、趣味のひとつが料理。楽しみながら腕をふるう純和風の朝食が、昇…

2019/1/17
健康 【朝めし自慢】手塚雄二さん(日本画家・65歳)「糖質を抑えた…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 主食はバナナかパンのいずれかを選択。現代日本画壇を牽引する作家の、尽きぬ制作の糧は、糖…

2018/12/14
健康 林業家・柴原薫さん(58歳)の朝めし自慢「母が作る野菜中心の…

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆 国産の木材を求めて、日本中を東奔西走する林業家。その元気の源は週2〜3回、実家で摂る母…

2018/11/4
1 2

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店