“台所は薬局”という養生学が専門の大学教授。朝の“食養生”は手間をかけない献立で、これが教授の健康を支える。

【謝心範さんの定番・朝めし自慢】

前列右から時計回りに、林檎1/4個、ナン1/4枚、茹で卵、バナナ、トマトジュース、ヨーグルト(きな粉・すり胡麻・蜂蜜)、豆乳。トマトジュースは無塩で、完熟トマト100%で作った北海道『鷹栖町農業振興公社』の「オオカミの桃」を愛飲。ヨーグルトは脂肪分ゼロ、豆乳は有機豆乳と決めている。
コロナ禍に見舞われた3年ほど前から、朝食に青唐辛子の入った味噌にんにく(下画像参照)が加わった。毎朝、7~8粒を焼き海苔で巻いて食す。にんにくには抵抗力や免疫力を高める効果があるという。
「青唐入味噌にんにく」650円(メーカー希望小売価格)。
三六商店/東京都八王子市下恩方町636-12
電話:042・652・0644

朝、5時15分起床。朝食は5時30分頃。「火を使うのは卵を茹でる時だけ。手間をかけない朝食ですが、栄養バランスはいいと思う」と謝心範さん。昼食は11時、夕食は17時だ。

日本人の死因の上位を占める癌や心臓病、脳卒中は、“生活習慣病”と呼ばれる。食事や運動、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣が、その発症の大きな要因となるからである。言い換えれば、ライフスタイルを改善することで健康が保たれるというわけだ。

この生活習慣病の考え方と、中国四千年の歴史が育んできた養生学は、時代を超えて全く同じ発想のもとに成り立っていると、養生学が専門の大学教授・謝心範(しゃしんはん)さんは次のように語る。

「私は漢方や気功から養生学を会得したのですが、養生学は健康維持や健康増進を目的とした実践的学問で、その基本概念に“未病”があります」

未病とは中国最古の医学書とされる『黄帝内経』に初めて見られる言葉で病気に向かう状態のこと。この段階で適切な手段を講じれば、発病に至ることはない。この健康法が養生学の理念だという。

上海師範大学2年生の頃。中国の文化大革命後の1回目の受験生だった。卒業後は出版関係の仕事に就いたが、もっと外を見てみたいと1987年来日。1997年に日本国籍を取得した。

1953年、上海に生まれた。14歳の時から家伝により中医思想、経絡、漢方を学び、その知識で自身の健康を維持してきた。

母方の祖母と一緒に。母方の実家が漢方に携わる家で、まだ字が読めない6~7歳の頃から、祖母は家伝の漢方の知識を“歌”で教えてくれた。これが養生学を学ぶ原点だ。
気功も含めて密教に興味があり、延べにして3年以上チベット密教祖寺で修行。チベット医学の四部医典を賜る。写真は下密院の高僧から教えを受ける謝さん。1991年頃。

密教に興味があり、気功の修行も含めてチベットに渡ったのは、来日後の30歳代からだ。チベット医学を体得し、気功の第一人者として、かつては日本の官公庁や有力企業で指導を行なってもいた。

食べて健康になる“食養生”

「私はよく“台所は薬局”といいますが、どんな家庭の台所にも常備されているにんにく、生姜、葱、味噌、酒などだけでも200種類以上の病気に対処できるのです。すべてある意味で“薬膳”といえるでしょう」

さて、謝さんの朝食である。そのポイントは次の5つ。まずヨーグルトや味噌などの発酵食品。第2に卵やヨーグルト、豆乳、きな粉などのたんぱく質。第3にトマトジュースや林檎 、バナナなどのビタミン類。第4に主食は食パンよりは添加物の少ないナン。第5に焼き海苔やきな粉、胡麻などに含まれる微量元素にも心を配ること。微量元素とは鉄、亜鉛、ヨウ素などのごく少量にしか存在しないミネラルのことだ。

これらを充たすのが、手間をかけない写真の献立。食べて元気になる朝の“食養生”である。

健康の秘訣は食事と散歩だ。朝食後の3~4kmに加えて、1日8km以上は歩くと決めている。「散歩は運動のみならず、思考の時間でもあります。朝と夕食後の6時以降に歩くことが多いですね」

養生文化の土台がある日本で、若き養生文化研究者を育てたい

大学の国際コミュニケーション学部で教鞭を執る。専門は養生学で、予習テーマに沿って学生が黒板に書いた解答について講義。謝さんを中心に学部生たちと。この中から若き養生文化研究者が現れるか──。

漢方による生活習慣病の養生指導をしていた時、ひとりの男性に出会う。それが武蔵野学院大学副学長(現・名誉学長)の大久保治男さん。8年ほど前のことである。

「大久保先生は“養生文化の研究を学問的に深め、普及するのが君の使命と任務だ”と熱弁され、私はそれに取り組むことにしましたが、何から手を付けていいかわからない。悩んでいた時に出会ったのが、酒井シヅ先生でした」

順天堂大学名誉教授で前日本医史学会理事長の酒井シヅさんは、日本を代表する医史学者。酒井さんの助言で、貝原益軒の『養生訓』を研究テーマに選ぶ。古典を読み解くこと700冊以上。中国中医研究の友人らの力も借りて論文が完成。これを機に「日本と中国の養生文化の流れ」と題して、武蔵野学院大学・同大学院で教鞭を執ることにもなった。

「中国で発祥した養生文化は日本に伝わり、日本の文化伝統にもなりました。大学での私の講義を通して、若き日本人の養生文化研究者が出てきてくれると嬉しい」

養生文化研究の後進を育てるのが、使命である。

1912年に幼稚園から始まった武蔵野学院は、2004年に大学を設置し、国際コミュニケーション学部が開学。きめ細やかな教育に定評があり、謝さんは2016年から教壇に立っている。

※この記事は『サライ』本誌2022年11月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。 ( 取材・文/出井邦子 撮影/馬場 隆 )

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店