新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1.  

    M.C.エッシャーの目眩く不思議世界を堪能!《ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵》

         

    取材・文/池田充枝「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する版画家のひとり、マウリッツ・コルネルス・エッシャー(1898-1972)。今からちょうど120年前、オランダに生まれたエッシャーは、当初は建築を学…

  2.  

    漆蒔絵の多彩な技を実物から学べる展覧会《はじめての古美術鑑賞 漆の装飾と技法》

         

    取材・文/藤田麻希朱や黒の地に金銀で装飾を施した艶やかな漆器。会席料理では必ず目にし…

  3.  

    竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》

         

    取材・文/藤田麻希明治から大正にかけて活躍した画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ、18…

  4.  

    画家たちの筆ぐせを近代日本の名画に学ぶ展覧会《絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画》

         

    取材・文/池田充枝日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」…

  5.  

    知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

         

    取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

  6.  

    琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

         

    取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

  7.  

    徳利の語源って?日本古来の「酒器」の名品を観賞《酒器の美に酔う》展

         

    取材・文/藤田麻希日常生活から慶事にいたるまで、我々の生活とは切り離すことのできないお酒。そ…

  8.  

    岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》

         

    取材・文/池田充枝大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡した江戸時代初期の絵師、…

  9.  

    キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》

         

    取材・文/池田充枝フランスの画家ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、…

  10.  

    日本美術史の教科書のような贅沢な展覧会《特別展「名作誕生-つながる日本美術」》

         

    取材・文/藤田麻希東京に美術学校が創立され、博物館や美術館が建てられ、文化財の調査や…

  11.  

    徳川家康ゆかりの本願寺寺宝が関東初公開!《本願寺・寺宝展「東本願寺と江戸幕府」》

         

    取材・文/池田充枝今を遡ること400年、豊臣秀吉により本願寺法主の座を奪われた教如(…

  12.  

    画業100年!105歳の美術家・篠田桃紅の挑戦の全貌を見る《篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち》展

         

    取材・文/池田充枝ニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」(2005年)にも選ば…

  13.  

    神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

         

    取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

  14.  

    南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

         

    取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

  15.  

    なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

         

    取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

  16.  

    林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

         

    文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

  17.  

    面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで》展

         

    取材・文/池田充枝戯画や漫画を「鳥羽絵」と称しますが、狭義には18世紀に大坂を中心に流行した…

  18.  

    旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

         

    取材・文/池田充枝モスクワのプーシキン美術館は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館と…

  19.  

    戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿《よみがえる沖縄1935》展

         

    偶然発見された写真に映し出された、80年前の沖縄の姿。笑顔に包まれた人々の豊かな暮らしと平和がそこに…

  20.  

    無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫たち》

         

    取材・文/藤田麻希香川県出身の画家、猪熊弦一郎をご存知でしょうか。1902年に生まれ、東京、…

  21.  

    上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展

         

    取材・文/池田充枝上村松園(うえむら・しょうえん)の作品の中で最も人気の高い《序の舞》は、昭…

  22.  

    美しき「裸体画」ばかりの展覧会《ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより》

         

    取材・文/池田充枝大英博物館やナショナル・ギャラリーなどと並ぶ、英国を代表する国立美術館のひ…

  23.  

    佐竹本三十六歌仙「藤原興風」が初公開!メナード美術館《ひと 人・顔・姿》展

         

    取材・文/池田充枝人の顔や姿には豊かな個性があふれています。また作家の個性によって人…

  24.  

    江戸の絵師たちが追求した不思議な現実《リアル 最大の奇抜》展

         

    取材・文/藤田麻希古来、日本の絵画は、奥行や陰影を表すことに、さほど重きを置いてきませんでし…

  25.  

    御年80歳、日本が世界に誇る人形作家「与 勇輝」創作人形の集大成

         

    取材・文/池田充枝日本が世界に誇る人形作家・与 勇輝(あたえ・ゆうき)の、半世紀にわたる創作…

  26.  

    大阪・中之島に日本美術の美術館「中之島香雪美術館」が誕生!《珠玉の村山コレクション》展

         

    取材・文/池田充枝1973年、朝日新聞社の創業者である村山龍平(1850-1933)が遺した…

  27.  

    日本浮世絵史上の二大巨頭が夢の饗宴《北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次》

         

    取材・文/池田充枝日本の浮世絵史上の二大巨頭、北斎と広重は同時代に活躍した絵師でした。…

  28.  

    知られざる日本画家・木島櫻谷の徹底した写生の技に瞠目《木島櫻谷 近代動物画の冒険》展

         

    取材・文/藤田麻希明治から昭和にかけて、京都を拠点に活動した日本画家・木島櫻谷(このしまおう…

  29.  

    黒の画家ルドンの色彩豊かな明るい世界を発見《ルドン―秘密の花園》展

         

    取材・文/藤田麻希オディロン・ルドン(1840-1916)といえば、不思議な生物が登場するモ…

  30.  

    スペインが誇る美の殿堂「プラド美術館」の至宝を堪能《プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光》

         

    取材・文/池田充枝スペインのマドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核…

PAGE TOP