新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側を聞く

取材・文/藤田麻希

いわさきちひろ「小犬と雨の日の子どもたち」1967年 ちひろ美術館蔵

絵本画家・いわさきちひろ。絵本やカレンダーなどで、一度はその作品を目にしたことがある人も多いのではないかと思います。亡くなってから40年以上経ちますが、本の販売は続き、日本のみならず、欧米やアジアの言語にも訳され、世界中で親しまれています。

ちひろは、一貫して、子ども、花、その母親などを描いてきました。その作品は、水彩絵具のにじみを活かした偶発的な美しい色、輪郭線なしでかたどられる形が特徴で、「やわらかい、やさしい、かわいい」などと形容されてきました。

しかし、そんな作品のイメージとは違い、ちひろは絵描きとしての並々ならぬ気概を持って作品制作に挑んでいました。ちひろの言葉を引用します。

「この童画(児童のために描いた絵)の世界からは、さし絵ということばをなくしてしまいたい。

童画は、けしてただの文の説明であってはならないと思う。その絵は、文で表現されたのと、まったくちがった面からの、独立したひとつのたいせつな芸術だと思うからです」(「なかよしだより」(講談社)455号(1964年10月)より)

童画は、文章に従属する「挿絵」ではなく、文章から独立した状態でも1枚の絵としてメッセージを発するものなのだと言っています。たしかに、ちひろの絵は、絵本のストーリーから切り離されていたとしても、十分成立します。

いわさきちひろ「引越しのトラックを見つめる少女」『となりにきたこ』(至光社)より 1970年 ちひろ美術館蔵

至光社という出版社から刊行された絵本(『あめのひのおるすばん』『あかちゃんのくるひ』『となりにきたこ』『ことりのくるひ』『ゆきのひのたんじょうび』『ぽちのきたうみ』)は、ちひろが絵と文章の両方を担当し、やりたいことにとことん挑戦できたシリーズです。絵と文を説明的になりすぎないようにしながらも、たがいに響き合うように工夫されています。上に掲載した「引越しのトラックを見つめる少女」は、そのシリーズの1枚です。

この作品で気づくのは、ちひろが、パステルを使って線を主体に描いていることです。パステルは色鉛筆などに比べると太く、細かい描写ができないのですが、その荒っぽさが作品に面白みを与えています。輪郭線を描かないイメージのちひろですが、現在よく知られている技法にたどり着くまで、じつは何度も描き方を変えています。油絵や不透明水彩で描いたり、モノトーンを主体にしたり、線をメインにしたり、さまざまです。

いわさきちひろ「ヒゲタ醤油広告」1950年代前半 ちひろ美術館蔵

そんな、ちひろの線が、徹底したデッサンの基礎をもとに引かれていることも忘れてはなりません。ちひろは、美術大学は出ていませんが、14歳から17歳の頃まで、洋画家の岡田三郎助に師事して、毎日のようにアトリエに通って、石膏像やモデルを使ったデッサンを繰り返し、立体物を二次元の平面に落とし込む訓練をしていました。30歳代のときに描いた「ヒゲタ醤油広告」からも、その片鱗は伺えます。少ない筆数ながら、適格に人体の動きを捉えています。ちひろは、赤ちゃんを描く時は、月齢に応じて、顔つきや仕草まで描き分けていたそうです。

いわさきちひろ「ハマヒルガオと少女」1950年代中頃 ちひろ美術館蔵

そんなちひろの画業に焦点をあてる展覧会が、現在、東京ステーションギャラリーで開催されています。本展を担当した成相肇さんは、次のように展覧会の構成、そしてちひろの作品の魅力について語ります。

「今回の展覧会はなにか奇抜なことをやったわけではなく、美術館で一人の絵描きを紹介するときの通常の方法で構成しました。一人の絵描きがどういう足跡をたどって、どういう作品をつくったかということを、ごく素直にまとめた展覧会です。ですが、その素直さが、案外今までやられていなかったかもしれません。

ちひろさんの絵本の登場人物は、一般的な絵本と違い、キャラクターがほとんど確立していなく、あまり個性がありません。おそらく、ちひろさんの絵本の登場人物の人形をつくろうとしてもできないと思います。しばしば登場する「ちーちゃん」という女の子は、ちひろさん自身であるようにも思えますが、個性がおさえられていることによって、読者はキャラクターの方に目が寄せられるのではなくて、だんだんと、海のにじみやぼかし、絵の具の動きの方に目が行くようになります。そんな、抽象性の高いところがちひろさんの絵の面白いところですし、画期的なところだと思います。絵の具の動きや、筆で描いた不定形な形の面白さも楽しんでいただければと思います」

ぜひ、線や形をとらえる技量などに注目して展覧会をご覧ください。「ふんわり、かわいらしい」といった言葉で語られることが多い、ちひろについての、画家としての新たな側面が見えてくるはずです。

【生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。】
■会期:2018年7月14日(土)~9月9日(日)
■会場:東京ステーションギャラリー
■住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内1-9-1
■電話番号:03-3212-2485
■公式サイト:http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
■開館時間:10:00 – 18:00
ただし、金曜日 10:00 – 20:00 *入館は閉館30分前まで
■休館日:月曜日(8月13日、9月3日は開館)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP