新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術】

取材・文/池田充枝

マルセル・デュシャン《泉》1917/1950年 Philadelphia museum of Art. 125th Anniversary Acquisition. Gift(by exchange) of Mrs.Herbert Cameron Morris 1998 (C) Association Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1311

マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋美術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。生涯を通じて「決して繰り返さない」「同じことをしない」よう、常に新しい表現方法を模索し続けました。

デュシャンは、途中から絵画制作を止めて「レディメイド」と呼ばれる、ある機能をもった物品を本来の用途から切り離し芸術作品として「意味づける」活動をしました。

さらには、言葉の実験や、遠近法や視覚に関する研究、企画者として芸術活動に携わるなど、多岐にわたる活動を通して、芸術あるいは芸術家の概念の垣根を打ち破っていきました。

マルセル・デュシャン《階段を降りる裸体 No.2》1912年 Philadelphia museum of Art. The Louise and Walter Arensberg Collection, 1950 (C) Association Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1350

マルセル・デュシャンの芸術と日本美術を比べて考える、という興味深い展覧会が開かれています。(12月9日まで)

東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術    (会場:東京国立博物館)

本展は、第1部「デュシャン 人と作品」で、フィラデルフィア美術館が所蔵するデュシャンの油彩画、レディメイド作品および写真や関係資料など約150点でデュシャンの創作活動の足跡を辿ります。第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」で、東京国立博物館所蔵の国宝、重要文化財を含む日本美術作品により、西洋美術とは異なった社会環境のなかで生まれた日本美術の意味や価値を問います。

本展の見どころを、東京国立博物館の広報室、鬼頭智美さんにうかがいました。

「フィラデルフィア美術館は、世界随一の質量を誇るマルセル・デュシャンのコレクションを有しており、同館の所蔵品だけで構成する展覧会を海外で開催するのは今回が初めてです。日本での会場はトーハクのみで、その後ソウル、シドニーに巡回します。

全体は4章構成となっており、第1章「画家としてのデュシャン」では、彼が初めて描いた油彩画から、彼が注目されることになった出世作《階段を降りる裸体 No. 2》までの絵画作品をご覧いただきます。

次の第2章では、彼の代名詞ともいえるレディメイド作品でも最もよく知られている《泉》の最初のレプリカや、彼が8年かけて取り組んだ最も重要な作品の一つ《彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも》(通称《大ガラス》)を、日本で作られた公認の複製である東京版(瀧口修造、東野芳明監修、東京大学駒場博物館蔵)をお借りして展示、紹介します。

伝千利休作《竹一重切花入 銘 園城寺》安土桃山時代・天正18年(1590)東京国立博物館蔵 松平直亮氏寄贈

第3章では、ローズ・セラヴィとしての制作物や視角効果の研究により生まれた《ロトレリーフ》などの作品、そして最後の第4章では、彼が晩年の20年を費やして秘密裏に制作していた《遺作》を今回のために制作した映像で紹介し、各章でデュシャンの主な作品を通じて彼の生涯の芸術活動を通覧することができます。

作品だけでなく、アーカイヴから貴重な写真や書簡類も展示し、展覧会をぐるりとまわるとデュシャンという人とその芸術の全体像に触れることができる大変貴重な機会です。

デュシャンの創作活動を辿り、頭の中をのぞいた後は、第2部の日本美術の世界へ。写楽のリアリスム、日本の絵巻の時間表現など日本美術の核心を紹介します。現代では西洋美術を鑑賞するのと同じようにみている日本美術を、デュシャンの発想・創作の軌跡を頭に置いてみると、新たな見方が鑑賞者それぞれに生まれるのではないか、という試みです。ぜひこの展覧会で、アートを考えて、楽しんでいただきたいと思います。」

東洲斎写楽筆《四代目岩井半四郎の重の井》江戸時代・寛政6年(1794)東京国立博物館蔵

本阿弥光悦作 国宝《舟橋蒔絵硯箱》江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵

芸術の秋に「考える美術」!! ひと味違った展覧会を、ぜひ会場でご体験ください。

【開催要項】
東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」
会期:2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:http://www.duchamp2018.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし10月8日は開館)、10月9日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP