新着記事

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝

SPコミックス96巻 表紙 (C) さいとう・たかを

孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、国籍、生年月日などすべて不詳ながら、仕事の依頼者と握手しない、背後に立たれると反射的に攻撃する、報酬はスイス銀行に振り込むなど、仕事のルールは徹底していて、任務遂行の姿勢や信条は不撓不屈、ゴルゴの魅力は多くのファンを捉えて離しません。

劇画『ゴルゴ13』は、1968年11月、「ビッグコミック」誌(小学館)で連載を開始しました。総発行部数2億部を突破、コミック界における連載最長記録を今も更新し続けています。

連載50年を記念した展覧会が、待望の首都圏に巡回。日本で初めて漫画部門を設立した美術館で開催されています。(11月30日まで)

連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…(会場:川崎市市民ミュージアム)

本展は、初公開となる貴重な原画の数々や門外不出だったさいとう・プロダクション内「武器庫」のモデルガンを展示するほか、ゴルゴ愛用の銃「アーマライトM16」の体験コーナーや仕事場の再現コーナーも設置、さらに分業によるゴルゴ制作の裏側にも迫ります。

『皇帝と共に北へ向かう』(C) さいとう・たかを

本展の見どころを、川崎市市民ミュージアムの学芸員、誉田あゆみさんにうかがいました。

「本展の見どころは、なんといっても『ゴルゴ13』の全ページから選び抜いた「究極のゴルゴ」39点の原画です。ほとんどが初公開となるこれらの原画は、さいとう・たかを先生ならではの映画的カメラワークやホワイト(修正液)の生かし方などのこだわりを間近で見ていただくことができます。さらに、名作「海へ向かうエバ」コーナーでは、初公開の原画15枚に加え、ストーリーを知らない方もじっくりと作品世界を味わえるよう、パネルと併せて1話を丸ごと読み切れるゾーンも設けました。

『死に絶えた盛装』(C) さいとう・たかを

『海へ向かうエバ』(C) さいとう・たかを

また、本展は、ゴルゴ制作の裏側にも迫ります。『ゴルゴ13』の1話分が完成するプロセスや、さいとう先生が漫画界においていち早く確立させた分業制、「劇画」の歴史などをわかりやすく解説。さらに、さいとう・プロダクションのスタッフが描くために手作りした貴重なモデルガンも初公開となり、必見です。

他にも、見た目や重さなどを忠実に再現したゴルゴ13愛用のライフル「アーマライトM16」のモデルガンを実際に構えてスコープを覗くことができる体感コーナー、プロダクションやさいとう先生の仕事部屋再現コーナーなど、撮影スポットも多数。『ゴルゴ13』の魅力を余すところなく詰め込みました。

さいとう先生のサイン会に加え、劇場版アニメーション上映会や漫画ワークショップ、公式テーマ曲を担当したギタリスト山本恭司氏のライブなど、川崎展独自の関連イベントも盛りだくさん。ミュージアムショップでは、さいとう先生監修の数量限定フィギュアをはじめ、展覧会場でしか入手できないオリジナルグッズも販売いたします。詳しくは当館HPをご覧ください」

M16フルスクラッチ(さいとう・プロダクション「武器庫」より)

カッコイイとしか言いようのないスーパーヒーローに会いに、ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…
会期:2018年9月22日(土)~11月30日(金)
会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1、アートギャラリー1・2・3
住所:神奈川県川崎市中原区等々力1-2 等々力緑地内
電話番号:044・754・4500
http://www.kawasaki-museum.jp/
開館時間:9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし9月24日、10月8日は開館)、9月25日(火)、10月9日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP