新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝

「ふしぎなさーかす」1971年 (C)空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

 

国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・みつまさ)の作品展が開かれています。

安野光雅は、大正15年(1926)、島根県津和野町生まれ。幼少から絵が大好きな少年でした。

昭和14年、津和野を離れ山口県の宇部高等学校に転校、同20年4月に召集をうけ、同年8月15日に香川県王越村(現坂出市)で終戦を迎えました。同23年、代用教員として徳山市加見小学校に勤めました。昭和25年3月、美術教員として上京、玉川学園に赴任します。その後、教員の傍ら本の装丁などを手がけるうち、出版社の仕事が増えて教職を辞め、画家として独立しました。

「おおきなもののすきなおうさま」1972年 (C)空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

昭和43年、文章のない絵本『ふしぎなえ』で絵本界にデビュー。その後、好奇心と想像力、独創性の豊かな作品を次々と発表します。『ふしぎなえ』『さかさま』『ABCの本』『旅の絵本』など多くが海外からも評価され、さまざまな国で出版されて多くのファンをもっています。

平成24年、文化功労者に選ばれ、現在も92歳の現役画家として活躍しています。

本展は、デビュー作の『ふしぎなえ』をはじめ、文字とことば遊びを描いた『ABCの本』『あいうえおの本』、世界各国を旅する人気シリーズ『旅の絵本』、そして近年の風景画まで約130点を紹介します。

「しぜんのくに」1976年 (C)空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

本展の見どころを、水野美術館の学芸員、野口春花さんにうかがいました。

「安野光雅さんといえば、繊細でやさしい水彩画。幼い頃、絵本で親しんだ方も多いでしょう。そんな安野さんの絵本のなかには、一文字も文章がなく、絵をじっくり眺めることで多くの発見が生まれるものがあります。

例えば、本展での私の一押しの作品『もりのえほん』がそのひとつです。森の様子を葉の一枚一枚まで描いた緻密な風景画と思いきや、少し視点を変えて木々の空間などに注目すると、身近な動物の姿や輪郭がいくつも隠れていることに気づきます。ぜひ会場で探してみてください。

「もりのえほん」1977年 (C)空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

そして、安野さんの代表作『旅の絵本』も絵のみで構成され、青い衣服の人物が、馬に乗って海外の美しい街や農村を旅する絵本です。本展で展示するイタリア編のうち、ヴェネツィアの場面では、ゴンドラに乗る人物や広場で憩う人々に紛れ、左上にシェークスピア『ベニスの商人』のナイフと秤を持つ男の姿が描き込まれています。青い衣服の旅人を見つけることはもちろん、こうした、物語や名画を連想させる姿を探すのも、この絵本の楽しいポイントです。

「旅の絵本Ⅱ(改訂版)イタリア編」2006年 (C)空想工房 画像提供:津和野町立安野光雅美術館

安野さんの作品は、大人も子どもも楽しめる、遊び心に満ち溢れたものばかりです。画業50年を超える安野さんの多彩な世界をお楽しみください」

心癒されるやさしい光景と遊び心溢れる仕掛け、会場で存分にご堪能ください。

【開催要項】
安野光雅のせかい 「ふしぎなえ」から「旅の絵本」
会期:2018年8月4日(土)~9月24日(月・祝)
会場:水野美術館
住所:長野県長野市若里6-2-20
電話番号:026・229・6333
http://www.mizuno-museum.jp
開館時間:9時30分から17時30分(入館は17時まで)
休館日:月曜日(ただし8月13日、9月17日、24日は開館)、8月17日(金)、9月18日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP