新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展

取材・文/池田充枝

「新宿駅から見た東口方面の様子」(三越・伊勢丹)1945年(昭和20)ジェターノ・フェーレス撮影/PPS通信社 東京都江戸東京博物館蔵

東京が誕生してから今日に至るまでの変遷を辿る展覧会が開かれています。

1868年(慶応4)7月17日、江戸を東京と改める詔書が発せられ、東京府が設置されました。このとき誕生した「東京」は、今年で150年の節目をむかえます。

維新の混乱のなかからスタートした東京の街は、首都としてのふさわしい姿と機能を求め、実施に至らなかった案も含めて幾度も都市計画が立案され、街造りが進められました。

150年の間に東京は、震災や戦災などによって幾度となく傷つきながらも、そこに暮らす多くの人々の尽力によって復興を遂げ、首都として発展をとげました。

「銀座中央新聞社号外張出」徳大寺公弘撮影 1894年(明治27)頃 東京都江戸東京博物館蔵

本展では、東京という都市がどのような姿で始まり、150年の間にどのように変化していったのかを、「明治の東京と市区改正」「関東大震災と帝都復興計画」「戦災復興と東京オリンピック」「副都心と現代の東京」の4つの章に分けて、写真や映像、地図などから展観します。

「空撮写真(渋谷駅)」佐藤翠陽撮影 1954年(昭和29)11月29日 東京都江戸東京博物館蔵

本展の見どころを、東京都江戸東京博物館の担当学芸員、沓沢博行さんにうかがいました。

「東京が誕生した150年前は、街はまだ「江戸」そのままの姿で、明治維新の混乱も未だ残るような状況でした。しかしそこから急速に近代化が進み、明治時代の後半には、西欧風の街並みを電車が走る光景が見られるようになります。

こうした街の変化は、どのようにして進んだのか。東京の変貌を、景観や都市計画といった側面からご紹介するのが、本展の趣旨となります。変化を示すそれぞれの時代の地図や都市計画図なども展示いたします。

「修正市区改正及品海築港略図」1885年(昭和18)東京都江戸東京博物館蔵

また、明治の街並みは大正の関東大震災で焼け、その後の復興された「帝都」も戦災で大きな被害を受けます。大きな災害、困難から幾度も甦って、その度に姿を変えてきたのも東京の特徴といえるでしょう。災害と復興という部分についても、近代ならではのメディアである写真や映像などを多数展観し、振り返っていきます。

「関東大震災の被害 京橋より銀座方面」1923年(大正12)東京都江戸東京博物館蔵

東京のなりたちと歴史を知ることで、いつもの街並みが少し違って見えるかもしれません。ぜひ会場に足をお運びください」

2年後の東京オリンピック・パラリンピックで世界中から注目される街、TOKYO!! その前に東京の歴史を学びませんか。

【開催要項】
企画展 東京150年
会期:2018年8月7日(火)~10月8日(月・祝)
会場:東京都江戸東京博物館 常設展示室内 5F企画展示室
住所:東京都墨田区横網1-4-1
電話番号:03・3626・9974
https://edo-tokyo-museum.or.jp
開館時間:9時30分から17時30分まで、8月10日・17日・24日・31日の金曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:8月20日(月)・27日(月)、9月3日(月)・25日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  2. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
  3. 「平成狸合戦ぽんぽこ」セル付き背景画  (C) 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH 「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」日本アニメ革新者の…
  4. 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクション…
  5. 中国陶磁を代表する唐三彩の名品【唐三彩―シルクロードの至宝】
PAGE TOP