新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

陶芸家・河井寬次郎の「暮らし」の作品を愛でる没後50年の展覧会

取材・文/藤田麻希

《『いのちの窓』より(詞句・複製)》、1948年頃 河井寬次郎記念館蔵

「ひとりの仕事でありながら、ひとりの仕事でない仕事」

これは、民藝運動に参加したことで知られる陶芸家・河井寬次郎(1890~1966)が残した言葉です。寬次郎は島根県に生まれ、京都五条の地で、色鮮やかな釉薬、独特な形の重厚なやきものを作りました。その一方で、文筆、彫刻、建築、家具デザインなど、陶芸の枠を飛び越えても活動しています。これらの活動と作陶は不可分のものではなく、「暮らし」という点において有機的につながっています。

《白地草花絵扁壺》、1939年 河井寬次郎記念館蔵

現在、そんな河井寬次郎の全貌を探る回顧展が、パナソニック汐留ミュージアムで開催されています。

寬次郎の暮らしのすべてが、寬次郎の作品だと言って良いのかもしれません。たとえば、現在、河井寬次郎記念館として公開されている、自宅兼仕事場もその一つです。寬次郎は安来の大工の棟梁の次男として生まれましたので、建築や木には幼い頃から親しみがありました。設計は自分で行い、大工を継いだ兄が率いる大工集団を京都に呼び寄せて建てました。洗練された京町家風というよりかは、無骨で重々しい様式の建築です。自邸以外にも、京都の鞍馬寺の歓喜院などの設計指導もしました。

《竹製子供椅子》[デザイン、制作・日本竹製寝台製作所]、1950年頃~ 河井寬次郎記念館蔵

家ができると、そこに置く家具や調度品にも興味が湧いてきます。電気の傘、小箪笥、お盆や茶托、ふすまの引手、マッチのケースにいたるまで自らデザインしています。ここに掲載したのは、竹でできた子供用の椅子。上段にちょっとしたものを置き、中段の座面に子供が座り、足を前に出せるようになっています。また、パタンとひっくり返せば、テーブルとしても使えるように工夫が凝らされています。

《キセル》[デザイン、制作・金田勝造]、1950年頃~ 河井寬次郎記念館蔵

こちらの真鍮製のキセルも寬次郎がデザインしたもの。表面がザラザラとしてぬくもりのある陶芸の作品とは違い、このキセルは、表面がつるっとした、まるで、何かの数式に基づいてつくられたかのようなシャープな造形です。河井寬次郎記念館の学芸員であり、寬次郎の孫でもある、鷺珠江さんは次のように説明します。

「このキセルは、寬次郎が、自分が煙草を吸うために作ったもので、実際に使っていました。姉(寬次郎の孫)たちはときどき磨くのを手伝ったそうです。刻み煙草を入れると掃除が大変なので、紙巻煙草を数センチ切って、差し込む形で吸っていたみたいです。私の母(寬次郎の娘)は“寬次郎は煙草を吸う喜びというよりも、キセルを使う方のことの喜びで吸っていた気がする”と言っていました。
ちなみに、河井は煙草だけでなく、お酒も少し飲みますし、甘い物も好きです。じつは、民藝運動の仲間は“清らか”な人たちで、河井以外はお酒も煙草もされません。棟方志功さんなんていかにも飲みそうですが、まったく飲みません。ですので、河井は晩酌1、2合の量なんですけど、みんなから大酒飲みだといわれるくらいでした」

《木彫像》、1954年頃 河井寬次郎記念館蔵

彫像やお面などの木彫も100点近く作っています。そのきっかけは、昭和12年(1937)、47歳のときに自邸を建てたときに余った建築資材で、手遊びのように作ったことでした。60代から70代にかけては、粘土で原型をつくり、それを木彫家に木に写させ、仕上げを自らが手がける、という方法で本格的に取り組みます。当時、彫刻の世界は、現在駅前で見かけるような女性や男性のヌードのブロンズ像が主流でした。木彫自体が顧みられていなかった時代に、寬次郎は生命感あふれる唯一無二の造形を残しています。

今展覧会に並ぶ、丁寧に作られたものや丁寧に集められたものは、「暮しが仕事 仕事が暮し」という寬次郎の理念を凝縮してできあがったものたちです。ものを愛おしむ寬次郎の暮らしに、ぜひ触れてみてください。

【没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―】
■会期:2018年7月7日(土)~9月16日(日)
■会場:パナソニック 汐留ミュージアム
■住所:〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階
■電話番号:03-5777-8600(NTTハローダイヤル)
■公式サイト:https://panasonic.co.jp/es/museum/
■開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
■休館日:水曜日、8月13日(月)〜15日(水)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP