新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1.  

    白隠禅師の書画が故郷静岡に結集!展覧会《駿河の白隠さん》

         

    取材・文/藤田麻希禅宗の始祖、達磨がダイナミックに描かれたこの《達磨図》。一般的な達磨図に比べ、画面を占める頭部の割合が大きく、ギロリと大きな目玉で観る者に迫ってきます。左端に書かれた「直指人心見性成仏(じきしにんし…

  2.  

    京都ゆかりの雛人形たちが華やかに並ぶ展覧会《雛まつりと人形》

         

    取材・文/池田充枝季節の変わり目である節(せち)の祝いをする日「節供(せっく)」は、…

  3.  

    モダンデザインの父、ウィリアム・モリスの軌跡を辿る展覧会

         

    取材・文/池田充枝英国の詩人でモダンデザインの父とも称されるウィリアム・モリス(1834~9…

  4.  

    猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展2018》

         

    取材・文/わたなべあや「鞍馬天狗」など軽妙洒脱な大衆文学や童話、エッセイの作家として知られる…

  5.  

    荘厳なる秘仏!葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が東京国立博物館に出陳

         

    取材・文/田中昭三東京国立博物館で開催中の『仁和寺と御室派のみほとけ―天平と真言密教…

  6.  

    江戸・寛永文化の雅な美を味わう展覧会《寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽》

         

    取材・文/池田充枝17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると泰平の時代が訪れました。時…

  7.  

    名コレクション空前絶後の展覧会《至上の印象派展ビュールレ・コレクション》

         

    取材・文/池田充枝ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレ(1…

  8.  

    奈良・薬師寺の2大名画が揃って公開《薬師寺の名画-板絵神像と長沢芦雪筆旧福寿院障壁画-》

         

    取材・文/池田充枝奈良・薬師寺は法相宗(ほっそうしゅう)の大本山。その創建は、白鳳時代に天武…

  9.  

    驚くほど鮮烈な錦絵!浮世絵師「歌川国貞」展、観賞のポイント

         

    取材・文/藤田麻希浮世絵師・歌川国貞(1786~1864)をご存じでしょうか。江戸時代後期か…

  10.  

    知られざる「御室派」の秘仏が一堂に会す展覧会《仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-》

         

    取材・文/藤田麻希真言宗御室派(おむろは)の総本山である仁和寺(にんなじ)は、遅咲き…

  11.  

    ブリューゲル一族の名作を一挙に観賞《ブリューゲル展 画家一族150年の系譜》

         

    取材・文/池田充枝16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世に始まり、15…

  12.  

    マルチアーティスト小村雪岱の原画を堪能する展覧会 《小村雪岱 「雪岱調」のできるまで》

         

    取材・文/池田充枝小村雪岱(こむら・せったい、1887-1940)は、埼玉県川越市生まれ。1…

  13.  

    狩野派のいったい何が“革新的”だったのか?企画展《墨と金-狩野派の絵画-》

         

    取材・文/藤田麻希日本絵画の流派の一つである狩野派(かのうは)は、足利義政、織田信長、豊臣秀…

  14.  

    最後の浮世絵師・月岡芳年の展覧会《芳年―躍動の瞬間と永遠の美》

         

    取材・文/池田充枝浮世絵師・月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと変遷する時代に…

  15.  

    モネ、ピカソ、ムンク、ロートレック…世界の巨匠たちの青春時代の作品展

         

    取材・文/池田充枝どんな巨匠にも子ども時代があり、多感な青春時代がありました。モネ、ピカソ、…

  16.  

    名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

         

    取材・文/池田充枝近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あ…

  17.  

    希代の猫アート収集家のコレクションを展示《招き猫亭コレクション 猫まみれ展》

         

    取材・文/鈴木拓也謎多き猫アートのコレクター、招き猫亭をご存知だろうか。著書の『猫まみれ』(…

  18.  

    江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

         

    取材・文/池田充枝色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾…

  19.  

    アラブの栄華を物語る文化財が集結!《アラビアの道ーサウジアラビア王国の至宝》展|

         

    アラビア半島は古代より交易で栄え、エジプトやギリシア、ローマなどの諸文明が交差する要所でもあった。…

  20.  

    これが西郷隆盛!? 幕末・明治の浮世絵の展覧会《明治維新150年 幕末・明治―激動する浮世絵》

         

    取材・文/池田充枝今から約150年前、長らく続いた江戸幕府が崩壊し、新たに明治政府が樹立する…

  21.  

    没後40年の陶芸家・濱田庄司の歩みを総覧する展覧会《濱田庄司展-山本為三郎コレクションより》

         

    取材・文/池田充枝大正から昭和にかけて、生活に根ざし重厚で力強さに満ちた作品を多数生み出した…

  22.  

    日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

         

    取材・文/池田充枝杉山寧、髙山辰雄、東山魁夷。同じ山の字のつく三人の画家は、戦後の日本画壇に…

  23.  

    日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希自然をこよなく愛し、日本の山河とそのなかで生活を営む人々を描き続けた日本画…

  24.  

    「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

         

    取材・文/田中昭三「庭園画」とは、読んで字のごとく、日本庭園を描いた絵画のことをいう。江戸時…

  25.  

    江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万都市の江戸は世界に冠たる庭園都市だった。なぜなら…

  26.  

    失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

         

    取材・文/田中昭三江戸時代、100万人都市の江戸には1000邸近い大名屋敷があり、そのほとん…

  27.  

    仁清と乾山、京のやきものを牽引した2人の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希京都でつくられた陶器である京焼は、桃山時代の後半に開かれました。当時は茶の…

  28.  

    技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希鐔(つば)、縁(ふち)、頭(かしら)など、刀の外装部分に使われてい…

  29.  

    アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

         

    取材・文/池田充枝アンセル・アダムス(1902-1984)は、1920年代後半から約60年に…

  30.  

    日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

         

    取材・文/角山祥道自然と「いのち」を描き続ける日本画家・堀文子さんは今夏、99歳となった。世…

PAGE TOP