新着記事

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満足の展覧会

取材・文/池田充枝

喜多川歌麿が牽引した江戸後期の浮世絵の系譜を一望できる展覧会が開かれています。

百万人を超える大都市に成長した江戸時代後期の江戸では、活発な経済活動を背景に庶民の芸術であった浮世絵がめざましく発展しました。

天明期(1781-1789)には鳥居清長が八頭身美人を描き、続く寛政期(1789-1801)には「美人画」を代表する絵師、喜多川歌麿が現れます。

歌麿は背景に雲母(きら)摺りを施した贅沢な錦絵や、上半身にフォーカスし、細やかなしぐさや表情、さらにはその人物の内面にまで迫る「美人大首絵」で人気を博します。

喜多川歌麿《桟橋二美人図》絹本着色 江戸時代 寛政10年(1798)頃 MOA美術館蔵

また、鳥文斎栄之は気品ある女性を描き歌麿に追随します。さらに、東洲斎写楽は瞬間的表情や個性を誇張して大胆に表現した役者似顔絵と相撲絵を残しています。

文化・文政期(1804~1830)に入ると浮世絵の最盛期となり、艶と粋をそなえた美人画を描く渓斎栄泉、歌川豊国の画風を受けて役者絵を発展させた歌川国貞など、美人画と役者絵の人気は幕末まで続きました。

写真「丸窓九美人図」

本展では、歌麿を中心に天明・寛政期から文化・文政期に活躍した清長、栄之、写楽、勝川派、歌川派など、個性豊かな絵師たちによる版画と肉筆美人画を展示し、黄金期の浮世絵の魅力に迫ります。

本展の見どころを、MOA美術館の学芸員、尾西勇さんにうかがいました。

歌麿美人大首絵の代表作

「浮世絵版画の黄金時代の寛政年間(1789~1801)、歌麿は、女性の上半身や顔を画面一杯に構図する新様式の「美人大首絵」を発表しました。この試みは,従来の美人画を一変させるほどの人気を博し、歌麿の声価もたかまりました。この度、「美人大首絵」創始期の作品で、背景を雲母摺とした早い作例の「婦女人相十品 文読美人」等を展示します」

喜多川歌麿《婦女人相十品 文読美人》大判錦絵 江戸時代 寛政3-4年(1791-92)頃 MOA美術館蔵

世界に二点しかない写楽作品を公開

「東洲斎写楽は、寛政6年(1794)5月から翌年1月までの10ヵ月間に約140種の役者絵・相撲絵を版行したのち、忽然と姿を消した謎の絵師です。このたび展示する写楽の相撲絵「大童山土俵入」三枚続きは世界で当館蔵と、他に一点しか所在が確認されていない貴重な作品。大童山は、数え年8歳で、身長1メートル20センチ、体重80キログラムあまりあったという怪童で、寛政6年11月江戸両国の回向院での勧進相撲に7歳で登場し、土俵入りだけを演じた江戸っ子の人気ものでした。本図には、控え力士中に谷風、雷電など有名な力士も描かれています」

東洲斎写楽《大童山土俵入》大判錦絵 江戸時代 18世紀 MOA美術館蔵

重要文化財の肉筆浮世絵「雪月花図」、「婦女風俗十二ヶ月図」を一堂に展観

「肉筆浮世絵の重要文化財は10点にも満たないものですが、そのうちの2点が当館蔵の勝川春章の作品です。勝川春章(1726~92)は江戸中期の浮世絵師で、勝川派の祖。肉筆画の技量は浮世絵師中、第一級と賞されています」

勝川春草《雪月花図》重要文化財 絹本着色 江戸時代 18世紀 MOA美術館蔵

世界に2点しかない写楽、重要文化財の春草、浮世絵ファンなら見逃せません。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き
会期:2018年8月31日(金)~10月2日(火)
会場:MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557・84・2511
http://www.moaart.or.jp
開館時間:9時30分から16時30分まで(入館は16時まで)
休館日:会期中無休

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP