新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満足の展覧会

取材・文/池田充枝

喜多川歌麿が牽引した江戸後期の浮世絵の系譜を一望できる展覧会が開かれています。

百万人を超える大都市に成長した江戸時代後期の江戸では、活発な経済活動を背景に庶民の芸術であった浮世絵がめざましく発展しました。

天明期(1781-1789)には鳥居清長が八頭身美人を描き、続く寛政期(1789-1801)には「美人画」を代表する絵師、喜多川歌麿が現れます。

歌麿は背景に雲母(きら)摺りを施した贅沢な錦絵や、上半身にフォーカスし、細やかなしぐさや表情、さらにはその人物の内面にまで迫る「美人大首絵」で人気を博します。

喜多川歌麿《桟橋二美人図》絹本着色 江戸時代 寛政10年(1798)頃 MOA美術館蔵

また、鳥文斎栄之は気品ある女性を描き歌麿に追随します。さらに、東洲斎写楽は瞬間的表情や個性を誇張して大胆に表現した役者似顔絵と相撲絵を残しています。

文化・文政期(1804~1830)に入ると浮世絵の最盛期となり、艶と粋をそなえた美人画を描く渓斎栄泉、歌川豊国の画風を受けて役者絵を発展させた歌川国貞など、美人画と役者絵の人気は幕末まで続きました。

写真「丸窓九美人図」

本展では、歌麿を中心に天明・寛政期から文化・文政期に活躍した清長、栄之、写楽、勝川派、歌川派など、個性豊かな絵師たちによる版画と肉筆美人画を展示し、黄金期の浮世絵の魅力に迫ります。

本展の見どころを、MOA美術館の学芸員、尾西勇さんにうかがいました。

歌麿美人大首絵の代表作

「浮世絵版画の黄金時代の寛政年間(1789~1801)、歌麿は、女性の上半身や顔を画面一杯に構図する新様式の「美人大首絵」を発表しました。この試みは,従来の美人画を一変させるほどの人気を博し、歌麿の声価もたかまりました。この度、「美人大首絵」創始期の作品で、背景を雲母摺とした早い作例の「婦女人相十品 文読美人」等を展示します」

喜多川歌麿《婦女人相十品 文読美人》大判錦絵 江戸時代 寛政3-4年(1791-92)頃 MOA美術館蔵

世界に二点しかない写楽作品を公開

「東洲斎写楽は、寛政6年(1794)5月から翌年1月までの10ヵ月間に約140種の役者絵・相撲絵を版行したのち、忽然と姿を消した謎の絵師です。このたび展示する写楽の相撲絵「大童山土俵入」三枚続きは世界で当館蔵と、他に一点しか所在が確認されていない貴重な作品。大童山は、数え年8歳で、身長1メートル20センチ、体重80キログラムあまりあったという怪童で、寛政6年11月江戸両国の回向院での勧進相撲に7歳で登場し、土俵入りだけを演じた江戸っ子の人気ものでした。本図には、控え力士中に谷風、雷電など有名な力士も描かれています」

東洲斎写楽《大童山土俵入》大判錦絵 江戸時代 18世紀 MOA美術館蔵

重要文化財の肉筆浮世絵「雪月花図」、「婦女風俗十二ヶ月図」を一堂に展観

「肉筆浮世絵の重要文化財は10点にも満たないものですが、そのうちの2点が当館蔵の勝川春章の作品です。勝川春章(1726~92)は江戸中期の浮世絵師で、勝川派の祖。肉筆画の技量は浮世絵師中、第一級と賞されています」

勝川春草《雪月花図》重要文化財 絹本着色 江戸時代 18世紀 MOA美術館蔵

世界に2点しかない写楽、重要文化財の春草、浮世絵ファンなら見逃せません。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
歌麿とその時代 浮世絵黄金期の輝き
会期:2018年8月31日(金)~10月2日(火)
会場:MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557・84・2511
http://www.moaart.or.jp
開館時間:9時30分から16時30分まで(入館は16時まで)
休館日:会期中無休

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義 大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四…
  2. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  3. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  4. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  5. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
PAGE TOP