新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1.  

    多才がゆえに埋もれてしまった!?奇想絵師「横山華山」の筆技に喫驚

         

    曾我蕭白の強烈な描写や円山応挙の写実性を身につけ、独自の道を歩んだ絵師・横山華山(よこやま・かざん)。歴史に埋もれた画業が再び、日の目を見る。あの曾我蕭白に私淑し絵を学ぶこれほど素晴らしい作品を残した絵師が、忘れられていたのか。9月…

  2.  

    万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

         

    取材・文/田中昭三万葉集といえば大和(奈良県)を連想する人が多いに違いないが、北陸の富山県に…

  3.  

    日本美術を愛した謎多き画家、ボナール【オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展】

         

    取材・文/池田充枝1880年代末から90年代にかけて、ゴーギャンの崇拝者であるポール…

  4.  

    「太陽の塔」48年ぶりの内部公開!圧倒的な展示内容を紹介

         

    取材・文/池田充枝大阪吹田の千里丘陵に独り立つ「太陽の塔」。1970年(昭和45年)…

  5.  

    見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

         

    取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

  6.  

    ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

         

    取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

  7.  

    悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注目した展示が開催

         

    取材・文/池田充枝「老後の達人」として悠々自適の晩年を送った仙厓…

  8.  

    歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満足の展覧会

         

    取材・文/池田充枝喜多川歌麿が牽引した江戸後期の浮世絵の系譜を一望できる展覧会が開かれていま…

  9.  

    国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】

         

    取材・文/池田充枝東山魁夷は明治41年(1908)横浜生まれ。神戸で育ち、大正15年(192…

  10.  

    “おみやげ”は日本特有の文化!深い世界に迫る「ニッポンおみやげ博物誌」展

         

    取材・文/藤田麻希夏休みやお盆休みで旅行に行かれた方は、職場の同僚や親戚などにおみやげを買う…

  11.  

    とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

         

    取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

  12.  

    大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

         

    取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

  13.  

    「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展

         

    取材・文/池田充枝東京が誕生してから今日に至るまでの変遷を辿る展覧会が開かれています…

  14.  

    「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側を聞く

         

    取材・文/藤田麻希絵本画家・いわさきちひろ。絵本やカレンダーなどで、一度はその作品を…

  15.  

    幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る

         

    取材・文/池田充枝悲劇の女性、細川ガラシャが生きた時代とその生涯…

  16.  

    吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説

         

    取材・文/池田充枝現代木版画の巨匠として国内外で評価の高い、吉田博の代表作を展観する…

  17.  

    陶芸家・河井寬次郎の「暮らし」の作品を愛でる没後50年の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希「ひとりの仕事でありながら、ひとりの仕事でない仕事」これは…

  18.  

    岸田劉生が追い求めた「写実」以上のもの

         

    取材・文/池田充枝日本の近代美術史に大きな足跡を残した岸田劉生(1891-1929)…

  19.  

    国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

         

    取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

  20.  

    国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

         

    取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

  21.  

    奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

         

    取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

  22.  

    ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを

         

    取材・文/池田充枝「人は死んだらどうなるのか?」、こうした疑問は誰もが心の片隅に持っているこ…

  23.  

    ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の能面と能装束》

         

    取材・文/池田充枝能の舞台に用いられる仮面が能面(のうめん)ですが、能の世界では特に…

  24.  

    まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の至宝》展

         

    取材・文/池田充枝ご存知のとおり、筆や硯(すずり)の起源は中国にあります。今回は、時…

  25.  

    くねらせた腰、真っ赤な唇…妖しすぎる大正時代の美人画を愛でる《岡本神草の時代展》

         

    取材・文/藤田麻希大正時代、京都や大阪など関西の若手画家を中心に、耽美的で妖艶な美人画が流行…

  26.  

    MOA美術館が誇る琳派コレクションの秀作を堪能《琳派−光悦と光琳》展

         

    取材・文/藤田麻希狩野派、土佐派、円山派など、日本美術には多くの流派がありますが、そのどれと…

  27.  

    見よこの肉体美!天才ミケランジェロの傑作彫刻で《理想の身体》を味わう

         

    取材・文/池田充枝イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-15…

  28.  

    住友財閥総帥が集めた至高の漆芸品を拝見《うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界》

         

    取材・文/藤田麻希日本の私立美術館には、根津美術館(東京)や藤田美術館(大阪)、香雪美術館(…

  29.  

    歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

         

    取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

  30.  

    これが西郷隆盛の真の顔!? 維新の英雄・西郷どんの全てがわかる特別展《NHK大河ドラマ特別展 西郷どん》

         

    取材・文/池田充枝今年2018年のNHK大河ドラマの主人公となっている西郷隆盛(さいごう・た…

PAGE TOP