新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクであ…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想…

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られ…

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

文/印南敦史『138億年の人生論』(松井孝典著、飛鳥新社)の著者は、「惑星科学」…

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

夏の暑さも過ぎ去り、秋本番となってきました。各地で木々が色づき始め、紅葉の見頃が訪れようとし…

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

写真・文/矢崎海里ねっとりとした食感が特徴の里芋は、今が旬の食材です。里芋は芋類の中…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ひと皿の歳時記

  1.  

    これぞ海老の王様!麻布台「SUGALABO」のオマールブルー料理【ひと皿の歳時記136】

         

    「オマールブルー」とは、ブルターニュ産の黒褐色のオマール海老のことを指します。黒褐色の殻が光の具合で、濃いブルーに見えるところから、ブルターニュの特上のオマールにつけられた「勲章」です。火を通すと、緋色の殻に乳白色の斑点が鮮…

  2.  

    金沢「鮨木場谷」のあなごの握り【ひと皿の歳時記135】

         

    富山で出張料理のすし職人だった木場谷光洋(きばたに・みつひろ)さんが、この4月に念願の店を持…

  3.  

    京都の初夏のご馳走といえば!京都『浜作』の「鱧となすのお椀」【ひと皿の歳時記134】

         

    京都の夏のご馳走と言えば、まず最初に指を折るのが「鱧(はも)」ですね。7月の祇園祭の…

  4.  

    なんと10年ぶりの新ネタ登場!銀座『すきやばし次郎』の「あじす」【ひと皿の歳時記133】

         

    「すきやばし次郎」で、ほぼ10年ぶりに新しいすし種が誕生しました。それが、真鯵を酢〆にした「…

  5.  

    美味すぎて目が醒める!富山・速星『お多福』の極上ホルモン【ひと皿の歳時記132】

         

    今回ご紹介したいのは、富山県の速星というところにある、『お多福』さんの極上ホルモンです。…

  6.  

    野菜なのに食感はアワビ!? 新潟『龍寿し』の「椎茸のコンフィ」

         

    【山本益博の「ひと皿の歳時記」~第131回】日本一の米どころとして知られる新潟県の南…

  7.  

    小籠包で有名な『鼎泰豊』の台北本店で味わう「豚肉入りちまき」

         

    【ひと皿の歳時記~第130回】台北『鼎泰豊』の「豚肉入りちまき」…

  8.  

    鶏や鴨より滋味深し!銀座『ロテスリーレカン』の看板メニュー「ホロホロ鳥のロースト」

         

    【ひと皿の歳時記~第129回】銀座『ロテスリーレカン』のホロホロ鳥のロースト銀座4丁目にあるフランス…

  9.  

    素材の滋味を引き出す技が冴える、名古屋の割烹料理店『吉い』の「まながつおと花山椒」

         

    【ひと皿の歳時記~第128回】名古屋の割烹料理店『吉い』の「まながつおと花山椒」名古屋・…

  10.  

    登録有形文化財の古民家で味わう沖縄『しむじょう』の滋味深いソーキそば

         

    【ひと皿の歳時記~第127回】沖縄・首里『しむじょう』のソーキそば 【しむじょう】住所/…

  11.  

    京都の老舗料亭『下鴨茶寮』が東京に初出店! 『銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』の焼き筍

         

    【ひと皿の歳時記~第126回】『銀座  下鴨茶寮  東のはなれ』の焼き筍3月31日、銀座…

  12.  

    京都・祇園の板前割烹『浜作』の桜鱒の焼き物

         

    【ひと皿の歳時記~第125回】京都・祇園の板前割烹『浜作』の桜鱒の焼き物続いて出てきたの…

  13.  

    ニューヨーク「Per Se」の「Oyster and Perles」

         

    【ひと皿の歳時記~第124回】ニューヨーク『Per Se』の「Oyster and Perles」『…

  14.  

    青森・八戸市『カーサ・デル・チーボ』の期間限定ブイヤベース

         

    【ひと皿の歳時記~第123回】青森・八戸市『カーサ・デル・チーボ』のブイヤベース2月1日から3月31…

  15.  

    浅草『龍圓』の香り高い「トリュフ入り春巻き」

         

    【ひと皿の歳時記~第122回】浅草『龍圓』の「トリュフ入り春巻き」12:00~14:00(L.O.1…

  16.  

    箱根『竹やぶ』のコーヒーミルで挽いた香り豊かな「粗挽きそばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第121回】箱根『竹やぶ』の「粗挽きそばがき」  蕎麦処『竹やぶ』本店は千葉県の柏…

  17.  

    滋賀県・浜市余呉町の『徳山鮓』で味わえる冬期限定の熊鍋

         

    【ひと皿の歳時記~第120回】滋賀・長浜市余呉町『徳山鮓』の熊鍋 日本最古の「すし」は琵琶湖周辺近江…

  18.  

    この冬に味わいたい富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん

         

    【ひと皿の歳時記~第119回】富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん『ふじ居』のご主人、藤井…

  19.  

    東京・三田『コートドール』のトリュフのパイ包み焼き

         

    【ひと皿の歳時記~第118回】東京・三田『コートドール』のトリュフのパイ包み焼き「黒いダ…

  20.  

    六本木『香宮』の「子豚の丸焼き」

         

    【ひと皿の歳時記~第117回】六本木『香宮』の「子豚の丸焼き」日本最大級の料理コンペティションと謳う…

  21.  

    銀座『すきやばし次郎』の「たこのにぎり」

         

    【ひと皿の歳時記~第116回】銀座『すきやばし次郎』の「たこのにぎり」 フランス料理のグランシェフ、…

  22.  

    神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第115回】神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」 「そばがき」は「蕎…

  23.  

    東京・南青山『ローブリュー』の温製ポワローのヴィネグレットソース

         

    【ひと皿の歳時記~第114回】東京・南青山『ローブリュー』の温製ポワローのヴィネグレットソー…

  24.  

    今が旬真っ盛り! 鳥取『かに吉』の松葉蟹づくし料理

         

    【ひと皿の歳時記~第113回】今が旬真っ盛り! 鳥取『かに吉』の松葉蟹づくし料理顔つきは獰猛な深海の…

  25.  

    東京・京橋の洋食店『サカキ』の絶品カキフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第112回】東京・京橋の洋食店『サカキ』のカキフライディナーはフランス料理ですが、…

  26.  

    京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し

         

    【ひと皿の歳時記~第111回】京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し京料理の冬の名物と言えば、一番に指を折るの…

  27.  

    東京・根津「釜竹」の釜揚げうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第110回】東京・根津「釜竹」の釜揚げうどんいまから20年ほど前、大阪の羽曳野市に…

  28.  

    香川県高松『さか枝』のうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第109回】香川県高松『さか枝』のうどん『さか枝』(さかえだ)は、セルフサービスの…

  29.  

    東京・西麻布『香宮』の上海蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第108回】東京・西麻布『香宮』の上海蟹上海蟹の紹興酒漬け(酔っ払い蟹)。上海蟹の…

  30.  

    東京・日本橋『たいめいけん』のラーメン

         

    【ひと皿の歳時記~第107回】東京・日本橋『たいめいけん』のラーメンラーメンの恋しい季節となりました…

PAGE TOP