新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる【ひと皿の歳時記138】

細ざる大盛り。

釜竹の「細ざる」大盛り。

私を「うどん好き」にした店があります。かつて大阪・羽曳野市にあった『釜竹』です。初めてこちらのうどんを口にしたとき、小麦粉の味がしっかり伝わってきたのを覚えています。

この『釜竹』の品書きには、「釜揚げ」と「ざる」しかありません。うどんの美味しさを突き詰めると、こういうことになるのでしょうが、誰にでもできることではありません。よほどうどんそのものに自信がないと、できないことです。

細ざるのアップ。

釜竹の「細ざる」のアップ。

ただし、うどんは2種類、太打ちと細打ちがあります。温かい「釜揚げ」には太打ち以外考えられませんが、冷たくしていただく「ざる」は細打ちが適しています。冷たい細打ちのうどんののど越しが何とも堪らないのですね。

この「釜竹」が東京・根津へ進出してきて、羽曳野まで足を運ばなくていいようになったのが10年ほど前、今では行列の絶えないうどん屋になりました。

釜竹;平岡良浩_s

『根津 釜竹』店主の平岡良浩さん。

店主は羽曳野『釜竹』の二代目、平岡良浩さん。父親譲りのうどん職人で、妥協は一切なし。毎日、丁寧な仕込みをすまし、注文をうけてから、うどんを切ります。この手間暇を惜しまない仕事が、美味しいうどんを生み出す秘訣なんですね。

夏場になると、店の前に並んででもたべたくなる「細ざる」です。はじめは、そのまま。次は刻んだ葱を添え、さらにはてんかす(揚げ玉)、最後はおろした生姜をつゆに少々、落としてうどんを楽しみます。

【根津 釜竹】
住所/東京都文京区根津2−14−18
TEL/03−5815−4675
※予約は平日の夜のみ
営業時間/【火~土】11:30~14:30(L.O.14:00)/17:00~21:00(L.O.20:30)
【日】11:30~14:30(L.O.14:00)/夜は休み
【祝日】11:30~14:30(L.O.14:00)/17:30~L.O.20:00
※祝日が日・月の場合には、各曜日の営業内容。
(手打ちのため、うどんが無くなり次第閉店)
定休日/日曜日の夜、月曜日
http://kamachiku.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】

「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真…
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP