新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

小籠包で有名な『鼎泰豊』の台北本店で味わう「豚肉入りちまき」

【ひと皿の歳時記~第130回】

台北『鼎泰豊』の「豚肉入りちまき」

台北;鼎泰豊1_s

開店前から人が集まる台北の『鼎泰豊』本店。

 

小籠包などの点心料理で有名な『鼎泰豊(ディンタイフォン)』、国内に17店舗展開している同店の本店(信義店)は台北にあります。もともとは食用油を扱う油問屋さんだったそうで、お得意さんに自家製の小籠包を食べてもらっているうちに、その美味しさがいつしか評判になり、小籠包をはじめとする点心料理を供するお店を出すことになったそうです。それが、1970年代半ばのことで、1993年にニューヨークタイムズ紙に紹介されたことで世界中に知られることとなりました。

当然ですが、本店は開店早々から店の前に人だかりができています。順番待ちのためにスタッフに名前を告げると、30~40分待ちはあたりまえで、昼時になると入店するまで1時間以上待たなくてはなりません。

台北;鼎泰豊4小籠包_s

蒸籠に入った熱々の小籠包。薄い皮も美味しい。

    
このお店で誰もが注文する「小籠包」は、豚肉入りのシンプルなものから、蟹みそ、トリュフ入りまで幾種類もあります。小皿には生姜の千切りが用意されており、その生姜を小籠包の上に少々のせて味わうと醤油も酢も必要ないほど完璧な味が出来上がっています。餡や肉汁だけでなく薄い皮も美味しいことが、この店の持ち味です。

いろいろな味の「小籠包」をたくさん食べたいところですが、『鼎泰豊』には小籠包以外にも名品といえるメニューがいくつもあります。

台北;鼎泰豊5_s

蒸し鶏の塩味スープ。

    

台北;鼎泰豊2_s

豆苗の炒めもの。

    

トリミング台北;鼎泰豊の豚肉入りちまき3

とろとろの豚肉ともち米が見事に調和した「ちまき」。

  
鶏のスープは滋味深く、豆苗の炒めは香り高く、点心以外の献立もじつに高品質な料理がそろってます。

今回注文した料理の中で、その旨さに驚かされたのが「豚肉入りちまき」でした。とろけるような豚肉が詰められているだけの見た目にもシンプルな「ちまき」なのですが、噛むほどに豚肉の旨味が口中に広がり、具だくさんのちまきより断然味わい深かったです。何より、もち米がともて美味しかったのが印象的でした。台北の本店に行ったら、ぜひ味わってほしい逸品です。 

■鼎泰豊(信義店)
住所/台北市信義路二段194号
TEL/(02)2321-8928
営業時間/月曜~金曜:10:00~21:00、土曜・日曜・祝日:9:00~21:00
定休日/なし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP