新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

美味すぎて目が醒める!富山・速星『お多福』の極上ホルモン【ひと皿の歳時記132】

タン。

今回ご紹介したいのは、富山県の速星というところにある、『お多福』さんの極上ホルモンです。

こちらは夕方4時から店を開けているホルモン料理の専門店。お客さんの誰もが、豚か牛のもつ鍋から始め、ハツやタンの刺身を食べ、そしてカルビやミノを鍋で焼いて楽しんでいます。

私は「エンジン01文化戦略会議」というボランティアグループに参加していて、年1回、全国のどこかでシンポジウムや講座の「オープンカレッジ」を開催しています。昨年の春には、北陸新幹線の開通に合わせて富山で3日間開催したのですが、その際に現地の食いしん坊たちから教わったのがこの店。ただ、その後なかなか出かける機会に恵まれませんでした。

今回、東京から関西へ出かけるのに、あえて北陸経由にして、この『お多福』さんに立ち寄ることにしました。

店はJR高山本線の「速星」駅の目の前にあります。店内に入った瞬間、客はまだ一組というのに、すでにいい匂いが立ち込めていました。むしろ「立ち込める」というよりも「沁みついている」と言ったほうが適切な感じがするお店です。

ハツ。

案内してくれた常連が注文してくれた料理を次々にいただきましたが、どれも目の醒めるような美味しさです。

ホルモンは鮮度が命ですが、そればかりか肉質が極めて良く、しかも仕込みが徹底していて、香りが高くとも、驚くほどに臭みがありません。

なかでも傑作だったのは、ハツとタンの刺身と、カルビとミノをたまねぎと一緒に鍋で炒めて食べる料理。ミノなど、網焼きをしないため、焦げ目がつかず、噛み心地と甘い肉汁が感動的な美味しさでした。

カルビ、ミノ。

今回私はこの店に出かけるために、わざわざ遠回りをしましたが、かの“ミシュランガイド”では「その店に出掛けるために旅をする値打ちがある」というのが、3つ星レストランの定義となっています。それに倣えば、この『お多福』は間違いなく、私にとって3つ星の価値あるお店です。

来たる6月には、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」が刊行される予定となっていますが、さてさて、この店は掲載されるでしょうか?

■お多福
住所/富山県富山市婦中町速星4-543
TEL/(076)466-2265
営業時間/16:00~22:00
定休日/日曜日

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP