新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

野菜なのに食感はアワビ!? 新潟『龍寿し』の「椎茸のコンフィ」

【山本益博の「ひと皿の歳時記」~第131回】

まぐろ。

まぐろの漬けの握り。

日本一の米どころとして知られる新潟県の南魚沼、それも八海山のふもと、新幹線の駅でいえば浦佐にほど近いところに『龍寿し』はあります。

先日、この店で鄙にも稀な握り寿しをいただいてきました。寿しは、じつは酢めし、つまり「飯」を食べる料理です。とはいえ、新米を炊いて握っても、ご飯は粘るだけ。米粒が口の中でほどけず、寿し種と渾然一体になりません。古米を枯らしてから炊き上げると、ほどよい酢めしができあがります。

こはだ。

こはだの握り。

あなご。

あなごの握り。

『龍寿し』の酢めしは、もう少し酢が効いていてもいいかなとは思いましたが、地方の寿し屋さんの酢めしにしては、かなり上等なできばえです。

この酢めしに、まぐろの漬け(赤身を醤油につけたもの)、こはだ、穴子の「江戸前トリオ」が、じつにいい相性を見せてくれました。とりわけ驚いたのが「こはだ」です。こはだは扱いが非常に難しく、締め方が足りないために水っぽくなったり、中には生臭さを感じるものも少なくありません。

その点、『龍寿し』では、しっかり酢締めされたこはだが姿良く握られ、本物の「江戸前」を彷彿とさせます。握りの姿というのは、昔から「扇の地紙」の形に握るようにと、寿し職人の間で伝えられてきました。握りを横から見ると、理想的な流線型に握られていて、しかも、寿し種と酢めしのバランスがとてもいいのです。

さらに、地元ならではの握りとして「椎茸のコンフィ」が出てきました。

肉厚の椎茸を油煮にしたもので、滋味に富んでいて、口に含んだときの食感がなんと、アワビそっくりです。同店の寿し職人・佐藤さんは40代。親である先代の跡をついだ2代目ですが、寿しの握り方などは、ほとんど独学だそうです。季節を変えて、また訪れたい寿し屋さんです。

椎茸のコンフィ。

食感がアワビそっくりな椎茸のコンフィ。

d9b363134df8f4c8545cc4d7e12ec74f-225x300

主人の佐藤さん(向かって右)と。

■龍寿し
住所/新潟県南魚沼市大崎1838-1
TEL/025-779-2169
営業時間/平日18:00~22:30(L.O.22:00)
日曜・祝日18:00~21:30(L.O.21:00)
昼12:00~13:30(要確認、酢めしがなくなり次第終了)
定休日/水曜日(予約の状況で変更の場合あり )
http://www.ryu-zushi.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP