新着記事

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

心にしみる最高のかけそば!ひばりが丘『たなか』の「かけ」【ひと皿の歳時記142】

たなかのかけ。

『たなか』のかけ。

今から20年ほど前、練馬区豊玉の環状七号線沿いに『田中屋』という高級そば屋がありました。お客さんは車で駆け付け、そばを注文すると、わさびとおろし金が出てきて、そのわさびを下ろしながらそばを待ちました。

香り高いそばは申し分なかったのですが、「そば」の値段としては格別でしたので、滅多に出かけられませんでした。

その『田中屋』が閉店して、しばらくして、西東京市ひばりが丘に『たなか』が誕生しました。『田中屋』の主人、田中國安さんが自宅を改造し、お孫さんを仕込みながら開いたそば屋でした。

『たなか』は『田中屋』から一転して、ワンコイン(とちょっと)で美味しいそばが食べられる店となりました。

御膳せいろ。

御膳せいろ。

玉子焼き。

玉子焼き。

そばの季節と言えば、秋冬でしたが、昨今、7月にもなると新そばが出まわるようになりました。私は『たなか』に行くと、冷たいもりをいただいてから、必ず、かけを注文します。

薬味の葱も何にも添えていない、シンプルをモットーとした潔い温かいそばです。

そばは温かいつゆの中では、香りは期待できませんが、そのつゆの味がまろやかで、深みがあって、夏でも心に沁みる一杯となります。おそらく、日本一の「かけそば」ではないでしょうか?

これで540円は申し訳ないです。

『たなか』は酒を置いていません。それでも、つまみには玉子焼きがあって、これがデザート代わりに最適です。

たなか;店内

ご主人の田中國安さん、今年91歳です!(すきやばし次郎の小野二郎さんと同い年)

ご主人の田中國安さん、今年91歳です!(すきやばし次郎の小野二郎さんと同い年!)

【たなか】
住所/東京都西東京市ひばりが丘1-15-9
TEL/042-424-1882
営業時間/11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日/火曜・第三水曜日(ただし、祝日の場合営業)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真…
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP