サライ.jp

たなかのかけ。

『たなか』のかけ。

今から20年ほど前、練馬区豊玉の環状七号線沿いに『田中屋』という高級そば屋がありました。お客さんは車で駆け付け、そばを注文すると、わさびとおろし金が出てきて、そのわさびを下ろしながらそばを待ちました。

香り高いそばは申し分なかったのですが、「そば」の値段としては格別でしたので、滅多に出かけられませんでした。

その『田中屋』が閉店して、しばらくして、西東京市ひばりが丘に『たなか』が誕生しました。『田中屋』の主人、田中國安さんが自宅を改造し、お孫さんを仕込みながら開いたそば屋でした。

『たなか』は『田中屋』から一転して、ワンコイン(とちょっと)で美味しいそばが食べられる店となりました。

御膳せいろ。

御膳せいろ。

玉子焼き。

玉子焼き。

そばの季節と言えば、秋冬でしたが、昨今、7月にもなると新そばが出まわるようになりました。私は『たなか』に行くと、冷たいもりをいただいてから、必ず、かけを注文します。

薬味の葱も何にも添えていない、シンプルをモットーとした潔い温かいそばです。

そばは温かいつゆの中では、香りは期待できませんが、そのつゆの味がまろやかで、深みがあって、夏でも心に沁みる一杯となります。おそらく、日本一の「かけそば」ではないでしょうか?

これで540円は申し訳ないです。

『たなか』は酒を置いていません。それでも、つまみには玉子焼きがあって、これがデザート代わりに最適です。

たなか;店内

ご主人の田中國安さん、今年91歳です!(すきやばし次郎の小野二郎さんと同い年)

ご主人の田中國安さん、今年91歳です!(すきやばし次郎の小野二郎さんと同い年!)

【たなか】
住所/東京都西東京市ひばりが丘1-15-9
TEL/042-424-1882
営業時間/11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日/火曜・第三水曜日(ただし、祝日の場合営業)

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア