新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

なんと10年ぶりの新ネタ登場!銀座『すきやばし次郎』の「あじす」【ひと皿の歳時記133】

次郎90-2_s

今もつけ台に立ち、すしを握る小野二郎さん(90歳)。

「すきやばし次郎」で、ほぼ10年ぶりに新しいすし種が誕生しました。それが、真鯵を酢〆にした「あじす」です。

「次郎」では新しいすし種には目もくれず、従来のすし種のヴァージョンアップのみに心を砕いてきました。たとえば、夏の「むしあわび」。いまから10年以上前でしたら、最上のあわびを調理して、握る寸前に包丁を入れると、カウンター席にいい香りが漂い始めました。

ところが、シーズンオフの乱獲などで、質の高いあわびが激減すると、以前ほどの香り高さがなくなりました。そこで考えられたのが、調理済みのあわびを握る前に今一度温めること。これで、香りが復活しました。

この香りこそが、あわびの命で、ワインでいう「ポテンシャル」(潜在能力)なのですね。これをあわびから引き出せているのは「次郎」のほかは、ほとんど知りません。

むしあわび。

銀座『すきやばし次郎』の「むしあわび」の握り。

さて、「すきやばし次郎」では、この10年の新しいすし種といえば、冬の「ぶり」だけでした。そこへ登場したのが「あじす」。鯵は夏の魚ですが、台風がやってくると、築地に鮮度の高い鯵が届きません。その時の応急処置として考えたのが「あじす」なんだそうです。

あじす。

銀座『すきやばし次郎』の「あじす」の握り。

いまから50年ほど前の「江戸前」のすし屋ではどこでも見られたすし種ですが、生の魚介を握るようになって、次第に忘れられたすし種になっていったとのこと。つまり「あじす」の登場は、往年のすし種の復活と言えるのです。この夏には大活躍しそうなすし種です。

【すきやばし次郎】
住所/東京都中央区銀座4-2-15 塚本総業ビルB1階
TEL/03-3535-3600
営業時間/(昼)11時30分~14時 (夜)17時30分~20時30分
定休日 /日曜、祝日、土曜夜、8月中旬、年末年始
http://www.sushi-jiro.jp/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  4. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  5. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
PAGE TOP