新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

新感覚の東京フレンチ!駒形『Nabeno-Ism』の「鮑と胡瓜と西瓜」【ひと皿の歳時記141】

あわびと西瓜と胡瓜。

あわびと西瓜と胡瓜。

長らく、恵比寿の『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』でシェフをつとめていた渡辺雄一郎シェフが、満を持して独立。台東区駒形の墨田川べりにレストランを開きました。

店名の「Nabeno-Ism」とは、渡辺シェフの愛称「ナベさん」と、彼が料理を学んだ辻調理師専門学校がある大阪・阿倍野(あべの)をかけたところに由来します。レストランとしては、とてもユニークな名前ですね。

ディナーのコースはひとコースのみで、東京、それも下町の食材や食品がいろいろとお皿を飾ります。それは、たとえば両国『江戸蕎麦ほそ川』の「そば粉」や、日本堤『バッハ』のコーヒーまで、多岐にわたります。

フランス風そばがきにベルギーキャビアをのせて。

フランス風そばがきにベルギーキャビアをのせて。

今回、季節を感じさせたひと皿に「江戸東京野菜、馬込半白胡瓜と西瓜 酒蒸し鮑と共に肝のサルミソースを添えて」がありました。香り高いあわびに肝をベースにしたこくのあるソースを敷き、横に、胡瓜と西瓜の組み合わせの付け合わせが添えております。その胡瓜と西瓜の相性の良いこと!「胡瓜・西瓜」の言葉遊びに終わらない美味しさでした。

また、子羊に枝豆と水茄子を添えた主菜は、子羊と茄子の古典的相性をアレンジしたもので、水茄子がフランス料理で見事に生かされたひと皿となりました。

子羊と水茄子。

子羊と水茄子。

レストランは駒形橋のすぐ近くの川べり、隅田川の花火を見るのには特等席と言えます。

Nabeno-Ism_シェフと。

Nabeno-Ism_シェフと。

【Nabeno-Ism】
住所/東京都台東区駒形2-1-17
TEL/03-5246-4056(予約制)
営業時間/【ランチ】12:00~13:30(L,O)15:00 Close
【ディナー】18:00~21:00(L,O)23:00 Close
※日曜日はランチ営業のみ
定休日/月曜日と毎月第4火曜日(変動あり)
http://nabeno-ism.tokyo/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真…
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP