新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

新感覚の東京フレンチ!駒形『Nabeno-Ism』の「鮑と胡瓜と西瓜」【ひと皿の歳時記141】

あわびと西瓜と胡瓜。

あわびと西瓜と胡瓜。

長らく、恵比寿の『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』でシェフをつとめていた渡辺雄一郎シェフが、満を持して独立。台東区駒形の墨田川べりにレストランを開きました。

店名の「Nabeno-Ism」とは、渡辺シェフの愛称「ナベさん」と、彼が料理を学んだ辻調理師専門学校がある大阪・阿倍野(あべの)をかけたところに由来します。レストランとしては、とてもユニークな名前ですね。

ディナーのコースはひとコースのみで、東京、それも下町の食材や食品がいろいろとお皿を飾ります。それは、たとえば両国『江戸蕎麦ほそ川』の「そば粉」や、日本堤『バッハ』のコーヒーまで、多岐にわたります。

フランス風そばがきにベルギーキャビアをのせて。

フランス風そばがきにベルギーキャビアをのせて。

今回、季節を感じさせたひと皿に「江戸東京野菜、馬込半白胡瓜と西瓜 酒蒸し鮑と共に肝のサルミソースを添えて」がありました。香り高いあわびに肝をベースにしたこくのあるソースを敷き、横に、胡瓜と西瓜の組み合わせの付け合わせが添えております。その胡瓜と西瓜の相性の良いこと!「胡瓜・西瓜」の言葉遊びに終わらない美味しさでした。

また、子羊に枝豆と水茄子を添えた主菜は、子羊と茄子の古典的相性をアレンジしたもので、水茄子がフランス料理で見事に生かされたひと皿となりました。

子羊と水茄子。

子羊と水茄子。

レストランは駒形橋のすぐ近くの川べり、隅田川の花火を見るのには特等席と言えます。

Nabeno-Ism_シェフと。

Nabeno-Ism_シェフと。

【Nabeno-Ism】
住所/東京都台東区駒形2-1-17
TEL/03-5246-4056(予約制)
営業時間/【ランチ】12:00~13:30(L,O)15:00 Close
【ディナー】18:00~21:00(L,O)23:00 Close
※日曜日はランチ営業のみ
定休日/月曜日と毎月第4火曜日(変動あり)
http://nabeno-ism.tokyo/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真…
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP