新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

真夏に出会った冬の黒トリュフ!山口・宇部『Cannista』の自家製タリオリーニ【ひと皿の歳時記145】

冬トリュフを添えた自家製タリオリーニ。

冬の黒トリュフを添えた自家製タリオリーニ。

「鄙(ひな)にも稀(まれ)な」と形容するのは失礼かもしれませんが、そう呼びたくなるほどに個性的で魅力的なイタリア料理店が、山口県宇部市内にあります。

店の名は『Cannista』。看板にはカタカナ表記がありません。トリノで料理修業をしてきたシェフに伺うと、「カンニスタ」と呼び、時間を見つけては海に出かける「釣り人」の意味があるそうです。店名の付け方からして、とてもユニークですね。

(ネーミングが粋すぎて、イタリア料理店であることすらわからない人がいるのではないかしらん、と余計な心配をしてしまいます)

メニューを見て、びっくり! 冬が旬の「黒トリュフ」を使った自家製のパスタ料理が載っていたからです。

数年前から、日本の真夏の時季に南半球のオーストラリアから冬の黒トリュフが輸入されるようになりました。サマートリュフと呼ばれる香りの乏しいトリュフより、断然香り高い一品です。でも、それを知っている食いしん坊は東京でも多くはありません。

訊けば、やはり「オーストラリア産」とのこと。早速、それを注文しました。

収穫されてからやや時間が経っていたため、強烈な香りこそありませんでしたが、味わいは十分でした。この挑戦する姿勢が素敵です。

『Cannista』のような店が宇部で評価されるためにも、まずは食いしん坊が通って、評判を高めていく必要があります。東京にいる私がぜひとも応援したくなる、新進のイタリア料理店です。

シェフは写真右の方です。

『Cannista』眞田秀男シェフ(右)と筆者(中央)

【Cannista】
住所/山口県宇部市南小串1-16
TEL/ 0836-32-9920
営業時間/ランチ11:30~13:30 (火~金曜は完全予約制) ディナー 18:00~24:00
定休日/月曜日
http://cannista.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP