新着記事

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

九州で味わえる正真正銘の「江戸前すし」!延岡「鮨たけ」の握り【ひと皿の歳時記143】

「鮨たけ」のまぐろ。

「鮨たけ」のまぐろ。

「江戸前」とは東京湾で獲れた活きの良い魚介を握ったすしを言うだけではありません。まぐろは漬けにし、こはだは酢〆めにし、あなごは煮るといった、それぞれに仕事がしてあることが「江戸前」の要件です。

つまり「江戸前」とは、「自前」「お点前」「男前」等の「前」と同じく、流儀やスタイルのことなのです。となれば、九州は宮崎県延岡に「江戸前」があってもおかしくはありません。「鮨たけ」さんは、そんな「江戸前」のお店です。

「江戸前」の仕事のひとつに、握りの姿があります。昔から「扇の地紙の形に握れ」というのが、江戸前のすし職人に伝えられてきた流儀です。

例えば、まぐろ。握るために切りつけた寸法(長さ)は2寸5分です。約7センチ。この大きさの魚介を握れば、3寸の舌の上に一口でのるというわけです。

ですから、まぐろばかりが京都の帯のように長くては、見た目ばかりか酢めしとのバランスも悪く、口に入れた時にまぐろばかりが残って美味しくありません。すし種と酢めしが一緒になくなってこその「握り」なのです。

その点「鮨たけ」の握りは立派な「江戸前」です。まぐろもかつおもえびとても美しい姿をしています。

かつお。

かつお。

えび。

えび。

さらに、軽く茹でた小いかの中に具を和えた酢めしを詰めた「いかの印籠詰め」は、江戸前のすしには欠かせないもので、今や東京でも珍しくなった懐かしい仕事です。

いかの印籠詰め。

いかの印籠詰め。

【鮨たけ】
住所/宮崎県延岡市中央通2-3-4フジモトビル1F
TEL/ 0982-35-3920
営業時間/[火~木・日] 18:00~24:00 [金・土] 18:00~翌2:00
定休日/月曜日

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】
丼モノの快楽これにあり!『利久庵』の親子丼と『伊勢廣』の焼き鳥丼
次郎仕込みの美しき鮨!銀座『青空(はるたか)』の夏の握り
30年間変わらぬスペシャリテ!東京・三田の『コートドール』
うどんの美味しさを突き詰めるとこうなる!根津『釜竹』の細ざる
「ひと皿の歳時記」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』 なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』
  2. 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選…
  3. Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 元祖「撮り鉄」がフィルムに収めてきた昭和の記録|『秘蔵カラー写真…
  5. 都心の隠れ家「ホテル ザ セレスティン東京芝」に夫婦で泊まってみ…
PAGE TOP