新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

京都の初夏のご馳走といえば!京都『浜作』の「鱧となすのお椀」【ひと皿の歳時記134】

京都『浜作』の「鱧となすのお椀」

京都『浜作』の「鱧となすのお椀」

京都の夏のご馳走と言えば、まず最初に指を折るのが「鱧(はも)」ですね。

7月の祇園祭のころが旬の盛りと言われていますが、「浜作」では5月の鱧を珍重します。

脂の乗った鱧はもちろん美味しいに決まっていますが、脂の乗る前の走りの鱧には「爽やか」という形容が当てはまるほどのみずみずしさがあります。

鱧の骨切をしてすぐに葛打ちをし、さっと湯がいて椀だねにします。相性の良いなすと一緒に椀に盛ると、初夏のご馳走となります。

じゅんさい。

じゅんさい。

また、初夏に欠かせないのが「じゅんさい」です。じゅんさいは酢のものや椀だねに使われますが、じゅんさいが登場すると「いよいよ、夏がやってきた!」を実感します。

かれいとしまあじ。

かれいとしまあじ。

5月の「浜作」では、「じゅんさい」が酢のもので、「鱧」がお椀で出てきましたが、お造りは「かれいとしまあじ」。かれいは夏の白身の王様、しまあじは夏の極上の魚、この日は初夏の役者が勢揃いした夕食でした。

浜作;板前_s

【浜作】
住所/京都市東山区祇園八坂鳥居前下ル 下河原町498
TEL/075-561-0330、075-561-1693
営業時間/(昼)第1・第2火・木・土曜日を除く12:00~14:00
(夜)18:00~
定休日 /水曜日・毎月最終火曜日
http://kyoto-gion-hamasaku.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】

黄身の旨みがぎゅっと凝縮!塩漬け卵を使った「塩玉子飯」の作り方

秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった

口に含めば思わず「ハミング」したくなるほどうまい日本酒

名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー

池波正太郎も舌鼓!赤穂浪士が討ち入り前に食べた「玉子かけご飯」を再現

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  2. 水田玉雲堂の唐板 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田…
  3. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
  4. うずらがゆ 「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定…
  5. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
PAGE TOP