新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

京都の初夏のご馳走といえば!京都『浜作』の「鱧となすのお椀」【ひと皿の歳時記134】

京都『浜作』の「鱧となすのお椀」

京都『浜作』の「鱧となすのお椀」

京都の夏のご馳走と言えば、まず最初に指を折るのが「鱧(はも)」ですね。

7月の祇園祭のころが旬の盛りと言われていますが、「浜作」では5月の鱧を珍重します。

脂の乗った鱧はもちろん美味しいに決まっていますが、脂の乗る前の走りの鱧には「爽やか」という形容が当てはまるほどのみずみずしさがあります。

鱧の骨切をしてすぐに葛打ちをし、さっと湯がいて椀だねにします。相性の良いなすと一緒に椀に盛ると、初夏のご馳走となります。

じゅんさい。

じゅんさい。

また、初夏に欠かせないのが「じゅんさい」です。じゅんさいは酢のものや椀だねに使われますが、じゅんさいが登場すると「いよいよ、夏がやってきた!」を実感します。

かれいとしまあじ。

かれいとしまあじ。

5月の「浜作」では、「じゅんさい」が酢のもので、「鱧」がお椀で出てきましたが、お造りは「かれいとしまあじ」。かれいは夏の白身の王様、しまあじは夏の極上の魚、この日は初夏の役者が勢揃いした夕食でした。

浜作;板前_s

【浜作】
住所/京都市東山区祇園八坂鳥居前下ル 下河原町498
TEL/075-561-0330、075-561-1693
営業時間/(昼)第1・第2火・木・土曜日を除く12:00~14:00
(夜)18:00~
定休日 /水曜日・毎月最終火曜日
http://kyoto-gion-hamasaku.com/

文/山本益博
料理評論家・落語評論家。1948年、東京生まれ。大学の卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。

【関連記事】

黄身の旨みがぎゅっと凝縮!塩漬け卵を使った「塩玉子飯」の作り方

秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった

口に含めば思わず「ハミング」したくなるほどうまい日本酒

名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー

池波正太郎も舌鼓!赤穂浪士が討ち入り前に食べた「玉子かけご飯」を再現

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東寺 暮らすように楽しむ、京都の朝と夜[PR]
  2. 寝室のベッドマットレスはシーリー社の特別注文品だ。朝食用に老舗『八代目儀兵衛』の米、『柳桜園茶舗』のほうじ茶が備わる。 いま泊まるべき京の宿9軒
  3. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  4. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  5. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
PAGE TOP