新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、鹿児島赴任中の門弟が送ってくれたザボンの皮の砂糖漬けを味わう【日めくり漱石/3月2日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 女性の美しさと麗しさを描いた名作・傑作が並ぶ「東京藝術大学コレクション」展

    明治維新後、日本社会の近代化が急速に進められる中で、岡倉天心を中心として明治20年(1887)に東京…

  3. 夏目漱石、松山の俳句仲間と神秘的な趣の俳句を創作する【日めくり漱石/3月1日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4. 夏目漱石、宙に浮いてしまった新聞連載について再依頼の手紙を書く【日めくり漱石/2月29日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 超絶技巧の美しさに思わずため息がでる! 陶芸家・宮川香山の作品展

    京都・眞葛ヶ原(まくずがはら)の陶工の家に生まれた初代・宮川香山(みやがわ・こうざん  1842-1…

  6. 夏目漱石、畏友との永遠の別れに後悔の念が湧きおこる【日めくり漱石/2月28日】

  7. ジャッキー・マクリーン|ビ・バップにもフリーにも溢れ出る個性!生々しい“肉声”アルト・サックス【ジャズの巨人】第23巻より

  8. 長期入院の夏目漱石、退院して久しぶりに謡曲を思う存分うたう【日めくり漱石/2月27日】

  9. 北澤楽天、竹久夢二、武井武雄…子どもたちに夢を託した画家の情感あふれる作品150点を公開! 『子供之友』原画展

  10. 夏目漱石、贅沢だからと電灯を引くのを拒んでいたが……【日めくり漱石/2月26日】

  11. 江戸中期の浮世絵師・勝川春章の精緻で優雅な筆遣いを間近で鑑賞できる「美人画」展

  12. 夏目漱石、高浜虚子や寺田寅彦らと牛鍋を味わう【日めくり漱石/2月25日】

  13. 夏目漱石、突然ある若者から朝日新聞入社の勧誘を受ける【日めくり漱石/2月24日】

  14. 夏目漱石、超満員の教室で『リア王』について講義する【日めくり漱石/2月23日】

  15. 夏目漱石、文部省が送ってきた文学博士の証書を突き返す【日めくり漱石/2月22日】

  16. 夏目漱石、連載開始が目前に迫った長編小説のタイトル決めを弟子に任せる【日めくり漱石/2月21日】

  17. 夏目漱石、寂しさつのる厳寒のロンドンで「娘の日記」にほっこりする【日めくり漱石/2月20日】

  18. 夏目漱石、無名の文学青年・芥川龍之介の短編小説に仰天する【日めくり漱石/2月19日】

  19. 夏目漱石、金沢の友人に門下生の転任先について相談する【日めくり漱石/2月18日】

  20. 夏目漱石、大学からの筋の通らない要請を頑として断る【日めくり漱石/2月17日】

  21. 夏目漱石、リウマチ治療で湯河原からの帰途、鎌倉に病の禅僧を見舞う【日めくり漱石/2月16日】

  22. 夏目漱石、ユーモア混じりの講演で喝采を浴びる。【日めくり漱石/2月15日】

  23. 夏目漱石、随筆『硝子戸の中』を書き上げ突飛なことを思い立つ。【日めくり漱石/2月14日】

  24. 服飾史研究の第一人者・石山彰が蒐集した貴重なファッション雑誌や版画、絵画、イラストなど約280点を公開

  25. 夏目漱石、門下生を集めて鴨鍋をご馳走し「福引」に興じる。【日めくり漱石/2月13日】

  26. 夏目漱石、原稿に追われ横山大観が同席する酒宴をやむなく断る。【日めくり漱石/2月12日】

  27. 夏目漱石、門下生の文鳥に魅了され「飼ってみようか」と切に願う。【日めくり漱石/2月11日】

  28. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第3回】夫婦ふたりの特別な車から“家族の一員”へ。将来は長男に受け継がれるかけがえのない愛車

  29. 大量吐血で入院中の夏目漱石、担当医にこわごわ回復具合を尋ねる。【日めくり漱石/2月10日】

  30. 夏目漱石、絶賛したある小説家の訃報に己の余命を意識する。【日めくり漱石/2月9日】

PAGE TOP