新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

ついに暑い夏がやって来ました。ショップジャパンが、これから夏本番を迎えるにあたり『夏場のエア…

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    男だって胸ときめく!竹久夢二、岸田劉生に藤島武二まで勢揃いの「乙女デザイン」展

         

    今や海外からも注目される日本の “かわいい文化”の源流を辿ることができる展覧会が、茨城県近代美術館で開かれています。大正時代、木版や石版だけではなく、三色版(カラー印刷)などの印刷技術が発達し、雑誌の表紙や挿絵、装幀や広告な…

  2.  

    夏目漱石、英国留学のための船の切符を買いに行く。【日めくり漱石/9月1日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)9月1日、33歳の漱石は東京・牛込区矢来…

  3.  

    漫画家・長谷川町子の全貌に迫る!サザエさん生誕70年「よりぬき長谷川町子」展

         

    漫画「サザエさん」で国民的漫画家となった長谷川町子(1920-92)の回顧展が、東京・板橋区…

  4.  

    娘を入院させた夏目漱石、父としてつらい思いを噛みしめる。【日めくり漱石/8月31日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)8月31日の早朝、39歳の漱石と妻の鏡子…

  5.  

    【江戸クイズ04】幕末に多くの偉人を輩出した「津和野藩の藩校」とは?(正解率10%)

         

    時代劇は、歴史の知識を増やせば増やすほど見るのが楽しくなるもの。そこで今回は、以前ご…

  6.  

    ロンドンの夏目漱石、帰国する学友・池田菊苗をテムズ河畔に見送る。【日めくり漱石/8月30日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月30日、ロンドン留学中の34歳の漱石…

  7.  

    六大絵師の粒ぞろいの浮世絵が一堂に!山種コレクション名品選「六大絵師の競演―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―」

         

    東京・広尾にある山種美術館では、開館50周年を記念して、同館コレクションのなかから秘蔵の浮世…

  8.  

    【江戸クイズ03】江戸・天下祭りの山車が今も巡行している都市は?(正解率8%)

         

    夏、お祭りを見かけると気分が上がりますよね。とくに、子ども達の元気なかけ声が聞こえてくると、…

  9.  

    転勤決まった夏目漱石、同僚と阿蘇へ送別旅行に出かける。【日めくり漱石/8月29日】

         

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)8月29日、熊本第五高等学校の英語教師で…

  10.  

    アラスカを愛した写真家・星野道夫の魂の軌跡をたどる!没後20年「星野道夫の旅」展

         

    アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、壮大な自然の世界を描写した、たぐいまれな写真家、星野…

  11.  

    夏目漱石、挿画家として教え子から弟を推薦される(後の橋口五葉である)【日めくり漱石/8月28日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)8月28日、漱石は、熊本の第五高等学校時…

  12.  

    両陛下のお庭を彩る四季の草花をスケッチ!安野光雅「御所の花」展

         

    細やかで淡い色合いの絵で人々を魅了する画家・安野光雅さん(1926-)が、皇后陛下の御所の庭…

  13.  

    夏目漱石、門弟たちに押し切られ寄席に出かけたものの…。【日めくり漱石/8月27日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月27日、38歳の漱石は東京・千駄木の…

  14.  

    能を楽しむワークショップ「能の来た道、日本のゆく道」巻三【ご招待あり】

         

    廃墟の涸れた池に水が甦り、月光にあそぶ貴公子の幽鬼が舞う……。かの世阿弥作の謡曲『融』(とお…

  15.  

    ナット・キング・コール|楽曲表現と個性発揮の見事な両立【ジャズ・ヴォーカル・コレクション09】

         

    文/後藤雅洋■誰をも魅了する歌声いちばん好きな黒人男性ジャズ・ヴォーカリスト…

  16.  

    晩成の人・与謝蕪村の俳画の極致!「奥の細道図巻」が京博で特集陳列中

         

    生誕300年を記念して、画俳両道に才を発揮した与謝蕪村(1716-83)の絵画の変遷を辿る展…

  17.  

    これが今生の別れか…渡英する夏目漱石、正岡子規を庵に訪ねる。【日めくり漱石/8月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)8月26日、33歳の漱石は門弟の寺田寅彦…

  18.  

    夏らしい写真を撮る秘訣は「影」にあり!ニコンカレッジ講師が教える撮影のコツ

         

    心に残る風景を写真に収めておきたい。自慢のカメラやレンズを所有しているのなら尚更のこと。しかし「思っ…

  19.  

    【江戸クイズ02】江戸参府の際のオランダ商館長一行の定宿はどこ?(正解率わずか7%)

         

    いま、脳トレが大ブーム中。専門書がいくつも本屋に並んでいますが、昔ながらのクイズも脳を活性化…

  20.  

    危篤状態の夏目漱石、病床に横たわり生死の境をさまよう。【日めくり漱石/8月25日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月25日、漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館…

  21.  

    そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

         

    セイコーの技術者たちは、正確に時を刻む時計の追求に余念がありませんでした。昭和40年…

  22.  

    心の太鼓よ鳴りわたれ!情熱の洋画家「中川一政」の多彩な表現を集めた展覧会

         

    洋画家・中川一政(1893-1991)の展覧会が、神戸市東灘区の香雪美術館で開催されています…

  23.  

    修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

         

    今から106 年前の明治43年(1910)8月24日、43歳の漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館にいた…

  24.  

    ほとばしる強烈な個性!幕末明治を生きた鬼才絵師「河鍋暁斎」の展覧会

         

    幕末から明治という大きな時代の動きの中に生きた絵師、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい、1831…

  25.  

    夏目漱石、小説『心』の出版について岩波茂雄と相談する。【日めくり漱石/8月23日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月23日、47歳の漱石は門下の岩波茂雄を…

  26.  

    1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

         

    17日間にわたって熱戦が繰り広げられた、「リオデジャネイロオリンピック」が幕を閉じました。4…

  27.  

    夏目漱石、業者を呼んで自宅の「井戸換え」をしてもらう。【日めくり漱石/8月22日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月22日、漱石は東京・千駄木の自宅で井…

  28.  

    カーク船長がMr.スポックがエンタープライズ号が!「スタートレック」銀貨が転送装置つきで登場

         

    アメリカNBCテレビで放送されたテレビドラマ『スタートレック』といえば、サライ世代にはすっか…

  29.  

    『明暗』執筆中の夏目漱石、芥川龍之介に手紙を書く。【日めくり漱石/8月21日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)8月21日、漱石は午前中、東京…

  30.  

    鑑賞眼が一気にアップ!日本美術の技法が実物から学べる「はじめての古美術鑑賞」展

         

    昨今は「日本美術ブーム」と言っても過言ではない状況ですが、その世界に深く足を踏み入れたいと思ったとき…

PAGE TOP