新着記事

紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日 美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】

取材・文/池田充枝琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558-1637)と、光悦の100年後に生ま…

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました

約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』

文/印南敦史プラモデルと聞いて、何を思い浮かべるだろう。零戦、大和か。それともスーパーカ…

『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断

ベストセラーとなっている『君たちはどう生きるか』を読まれた方も多いことだろう。リーダ…

誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】

文/川口陽海お尻や股関節の周りにはとてもたくさんの筋肉がありますが、これらの筋肉を強…

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました

約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

小鰺は指で簡単に下処理可能。2度揚げでしっかり火を入れる名物の鰺フライ定食で名高い東京『京ば…

アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係

文/藤原邦康毎年、年末にテレビ特番で戦力外通知を受けた野球選手の去就やトライアウト挑戦が取り上げ…

春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆人気落語家は超多忙。だが、趣味のひとつが料理。楽しみながら腕…

サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング

文/編集部田中一村、藤田嗣治から、プーシキン美術館、ムンク、ルーベンス、そしてフェル…

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、朝日新聞に連載小説『それから』の予告文を書いて送る。【日めくり漱石/6月12日】

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月12日の朝、漱石は、東京朝日新聞社会部の山本笑月(しょうげつ/本名・松之助)へ、次回連載の小説の題名を手紙で連絡した。《小生の小説の名は「それから」と申候(もうしそうろ…

  2. フランス20世紀美術を一望!パリの「ポンピドゥー・センター」所蔵の名作が上野に集結

    パリの中心部に位置する総合文化施設ポンピドゥー・センターに開設されたフランス国立美術文化セン…

  3. 夏目漱石、当時話題の2つの絵画展を見に上野まで出かける。【日めくり漱石/6月11日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月11日、43歳の漱石は、ふと思い…

  4. 和紙の素晴らしさを再確認!知られざる歴史を辿る「和紙―近代和紙の誕生―」展

    「和紙」という用語は、明治時代に西洋から輸入されたパルプを原料とする紙「洋紙」に対して用いら…

  5. 夏目漱石、靖国神社の能楽堂で客の無礼な行動に憤る。【日めくり漱石/6月10日】

    今から104 年前の今日、つまり明治45年(1912)6月10日、漱石は東京・九段の靖国神社…

  6. 視覚トリックにみちた目くるめく不思議世界!「無限迷宮への夢 エッシャーの世界」展

  7. 夏目漱石、熊本の借家で小さな小さな結婚式を挙げる。【日めくり漱石/6月9日】

  8. 我が名はポール・スミス!世界的人気デザイナーの「アタマの中」が覗ける展覧会

  9. 夏目漱石、知人から赤ん坊の名づけを頼まれ大いに悩む。【日めくり漱石/6月8日】

  10. 夏目漱石、老能楽師を相手に聞き上手ぶりを発揮する。【日めくり漱石/6月7日】

  11. 万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

  12. 夏目漱石、悲運の二葉亭四迷と「最期の晩餐」を共にする。【日めくり漱石/6月6日】

  13. サラ・ヴォーン|声を楽器に新しいスタイルを築いた技巧派 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション03】

  14. めでたや御出現!春日大社本殿の獅子・狛犬が800年の時を経て初公開

  15. 「男の子がうまれたぞ!」夏目漱石、待望の長男誕生に有頂天になる。【日めくり漱石/6月5日】

  16. 巨匠たちが名画に隠した謎を解け!「日本画ミステリー」展

  17. 嗚呼イライラ!夏目漱石、東大の図書館でご立腹の理由とは。【日めくり漱石/6月4日】

  18. エラ・フィッツジェラルド|圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション02】

  19. 夏目漱石、貴族にまじって音楽を聴きカステラとチョコをつまむ。【日めくり漱石/6月3日】

  20. ジャズ・ヴォーカルの醍醐味が味わえる!奇跡の競演が実現『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

  21. 49歳の夏目漱石、8歳児の思いがけない素朴な質問に翻弄される。【日めくり漱石/6月2日】

  22. 若き夏目漱石、仲間とともに江ノ島に遠征して上陸の先陣を切る。【日めくり漱石/6月1日】

  23. 世界に誇るセラミックス・ジャパン!近代日本の「陶磁器デザイン」の流れをたどる初の展覧会

  24. 夏目漱石、父になる!長女の命名にこめた切なる願いとは。【日めくり漱石/5月31日】

  25. 夏目漱石、教え子から届いた中国の硯が壊れていて泣く。【日めくり漱石/5月30日】

  26. 50年間長崎を撮り続けた写真家・東松照明の回顧展

  27. 夏目漱石、うっかりミスで詫び状を書く羽目になる。【日めくり漱石/5月29日】

  28. 夏目漱石、文人画家としてのデビューを果たす【日めくり漱石/5月28日】

  29. 見るだけで涼しくなれる!? 「涼を呼ぶ美術」展で夏の暑さをしのぐ

  30. 夏目漱石、家政婦お梅さんの結婚式で「花嫁の父」になる。【日めくり漱石/5月27日】

PAGE TOP