新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

写真・文/矢崎海里今年ももうすぐ梅雨の季節がやってきますね。梅雨の時期は、気温差…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

文/川口陽海なかなか治らない腰痛や坐骨神経痛、本当につらいですよね。整形外科…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月29日、東京・内幸町の長与胃腸病院に入院中の43歳の漱石は、例によって午前5時に目覚め、日課のようになっている日比谷公園への散歩に出かけた。入院から40日余り、いっ…

  2.  

    60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は?

         

    いよいよ夏本番、今年も海が恋しい季節になってきました。とくに、からっと晴れた夏らしい日には、…

  3.  

    夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

         

    今から125 年前の今日、すなわち明治24年(1891)7月28日、24歳の漱石は悲しみに沈…

  4.  

    夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月27日、39歳の漱石は、東京・千…

  5.  

    ボサ・ノヴァ・ヴォーカル|ブラジル・リオで生まれ世界を癒した音楽の新しい波【ジャズ・ヴォーカル・コレクション07】

         

    文/後藤雅洋■ジャズと映画で広く伝播ボサ・ノヴァは1950年代の末、ブラジル…

  6.  

    ルーヴルが認めた9番目の芸術ジャンルは「漫画」!ルーヴル美術館特別展「LOUVRE No.9~漫画、9番目の芸術~」

         

    パリのルーヴル美術館による「漫画」をテーマにした画期的な展示が、東京・六本木の森アーツセンタ…

  7.  

    夏目漱石、深夜に凄まじい暴風雨の音で目をさます。【日めくり漱石/7月26日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)7月26日、44歳の漱石は日付が変わ…

  8.  

    若き夏目漱石、青春の病をかかえ伊香保温泉へひとり旅。【日めくり漱石/7月25日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)7月25日、27歳の漱石は、上野停車…

  9.  

    【夏の妖怪展その2】土偶、国芳から妖怪ウォッチまで!空前絶後の「大妖怪展」

         

    両国の江戸東京博物館では、妖怪に関する大規模な展覧会が開かれています。江戸時代に盛んに描かれた妖…

  10.  

    もっと大胆に生きていいんだ!夏目漱石、悩める教え子を激励する。【日めくり漱石/7月24日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月24日、39歳の漱石は教え子に宛…

  11.  

    【夏の妖怪展その1】ゲゲゲッ!個性豊かな妖怪の世界を体感「水木しげるの大妖界」展

         

    日本漫画界の巨匠にして妖怪研究家の故・水木しげるさんが生み出した、独自の妖怪ワールドを紹介す…

  12.  

    夏目漱石、喀血した兄と転地療養へ出かけるも思わぬ事態に遭遇する。【日めくり漱石/7月23日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)7月23日、一高在学中の22歳の漱石…

  13.  

    アール・ヌーヴォーは陶磁器が面白い!知られざる「アール・ヌーヴォーの陶磁器」の展覧会

         

    アール・ヌーヴォーと聞いて何を思い浮かべますか? エミール・ガレやドーム兄弟による妖しくも美しいガラ…

  14.  

    夏目漱石、ホタルの籠を軒端にかけて夏の夜に涼を求める。【日めくり漱石/7月22日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)7月22日、42歳の漱石は東京・早稲…

  15.  

    お江戸に関する四択クイズ!あなたは答えられますか?第11回「江戸文化歴史検定」があなたの挑戦を待っています

         

    いきなりですが、クイズです。【1】天和2年(1682)12月の火事で避難先の寺小姓と恋仲にな…

  16.  

    油絵にハマった夏目漱石、絵道具一式を買いに神田へ出かける。【日めくり漱石/7月21日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)7月21日、46歳の漱石は門弟の寺田寅…

  17.  

    ロンドンの夏目漱石、引っ越しで本を運んで汗まみれになる。【日めくり漱石/7月20日】

         

    「汗牛充棟」という言葉がある。牛が汗をかくほどの重量、棟につかえるほどの分量。それだけ沢山の…

  18.  

    夏目漱石、遠来の客にとっておきの「書籍購入法」を披瀝する。【日めくり漱石/7月19日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち大正4年(1915)7月19日、48歳の漱石は日暮れ時から…

  19.  

    心洗われる清冽な風景画!戦後日本画の巨匠・東山魁夷の展覧会「東山魁夷 自然と人、そして町」

         

    戦後の日本画を代表する作家のひとり、東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908-1999)の展覧…

  20.  

    夏目漱石、住み慣れた熊本を引き払って帰京の途につく。【日めくり漱石/7月18日】

         

    この年の熊本は、7月上旬から雨模様が続いていた。16日には大雨がもとでとうとう大洪水…

  21.  

    夏目漱石、ついに2年がかりの連載『吾輩は猫である』を書き終える。【日めくり漱石/7月17日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月17日、39歳の漱石は書き進めて…

  22.  

    添い寝を楽しみにしておれよ!「人たらし」豊臣秀吉が愛する女性に送った手紙

         

    豊臣秀吉の才能のひとつに「人たらし」と呼ばれる対人交渉術がある。相手の心情を理解してその懐に…

  23.  

    夏目漱石、新聞連載小説の斬新すぎる企画を思いつく。【日めくり漱石/7月16日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)7月16日、47歳の漱石は朝日新聞の次…

  24.  

    帰欧後のシーボルトが「日本」を伝えた展示を再現!「シーボルトの日本博物館」展

         

    江戸後期の日本に二度にわたり来日し、日本に近代医学を伝える一方で、日本の自然や生活文化に関わ…

  25.  

    夏目漱石、ケーベル先生の送別会に出席するがまさかの事態に!【日めくり漱石/7月15日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)7月15日、47歳の漱石は晩餐の招待を…

  26.  

    高さ4mを超える巨大な祭壇画は圧巻!「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展

         

    15世紀から17世紀初頭にいたるルネサンス期のヴェネツィア絵画の流れを編年的に紹介する展覧会…

  27.  

    夏目漱石、とっさの機転で寺田寅彦の盗作疑惑を未然に防ぐ。【日めくり漱石/7月14日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)7月14日、40歳の漱石のもとに門下…

  28.  

    住友財閥の総帥が集めた極品の数々!明治の大富豪「バロン住友の美的生活」展

         

    明治時代以降、茶道を趣味とする財界人・政界人が、名物道具をこぞって収集するようになりました。そんな数…

  29.  

    中学教師の夏目漱石、松山で生徒たちの乱闘騒ぎに巻き込まれる。【日めくり漱石/7月13日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)7月13日、愛媛県尋常中学校(松山中…

  30.  

    絵筆で描かれた美しき動物たちの饗宴!五島美術館「夏の優品展―動物襲来―」展

         

    東京・世田谷区の閑静な住宅街にある五島美術館で、動物をモチーフとした所蔵品を集めた展覧会が開催されて…

PAGE TOP