新着記事

欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒

指圧、叩き、腰のマッサージといった3通りの使い方ができる、国産材で作った指圧棒である。…

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何?

文・写真/田川敬子(海外書き人クラブ/スペイン在住ライター)3月になりバレンシアは色めき立っ…

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい2月23日(土)・24日(日…

【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方

月に行く、と宣言して話題になったファッション通販サイトの社長がいるが、その方よりももっと以前…

膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み

取材・文/渡辺陽原因不明のひざの痛みや腰痛に何年も悩まされていませんか。病院で詳しく…

メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット

一度叩けば余韻が長く、高く澄んだ音色が耳に心地よい。「佐波理」という銅と錫の合金で作られた、…

黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

文・絵/牧野良幸今回は黒澤明の『用心棒』ある。名作ばかりの黒澤映画の中でも、おそらく『七…

日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

日本でも大ヒットしたアメリカのTVシリーズ「24」が、来年日本でリメイクされるという。ドラマ内で…

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

■預金通帳やキャッシュカードを焼失した場合の取扱い災害に遭い、急いで避難しなければならない場合、…

出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、窮乏にあえぐ門下生のために金を用立てる。【日めくり漱石/6月21日】

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)6月21日、40歳の漱石は東京・早稲田南町の漱石山房(漱石の自宅)の書斎にこもって文机に向かっていた。その山房の前に、漱石門下の森田草平(もりた・そうへい)がやってきて…

  2. 若き夏目漱石、東京で「明治期最大の地震」の直撃を受ける。【日めくり漱石/6月20日】

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)6月20日、午後3時過ぎ、大学院生と…

  3. 関東の一大勢力だった北条氏が一瞬にして滅びた理由

    “敗れ去った者”に対する世間の評価は冷たく、ありもしないことまで言われてしまうのは、昔も今も変わらな…

  4. 夏目漱石、連載小説『それから』の最初の原稿を新聞社に送る。【日めくり漱石/6月19日】

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月19日、漱石は、まもなく新聞連載…

  5. 東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

    明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この…

  6. 夏目漱石、胃潰瘍の治療で「人生初の入院生活」を体験する。【日めくり漱石/6月18日】

  7. 汽車旅に出た夏目漱石!当時の「駅弁」には何が入ってた?【日めくり漱石/6月17日】

  8. 夏目漱石、熊本で「三陸大津波」の大惨事を知り驚愕する。【日めくり漱石/6月16日】

  9. 日韓の国宝仏が初のご対面!「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」展

  10. 夏目漱石が試験監督!東京帝国大学の英文学のテスト内容とは【日めくり漱石/6月15日】

  11. フランク・シナトラ|歌をリアルに伝える圧倒的な表現力と技術【ジャズ・ヴォーカル・コレクション04】

  12. 夏目漱石、子供のピアノ教師から難癖をつけられ困惑する。【日めくり漱石/6月14日】

  13. 柳家小満ん師匠がトリで『応挙の幽霊』を口演! 「第67回人形町らくだ亭」が8月25日に開催

  14. 夏目漱石、新たな連載『虞美人草』執筆のため自らカンヅメになる。【日めくり漱石/6月13日】

  15. 夏目漱石、朝日新聞に連載小説『それから』の予告文を書いて送る。【日めくり漱石/6月12日】

  16. フランス20世紀美術を一望!パリの「ポンピドゥー・センター」所蔵の名作が上野に集結

  17. 夏目漱石、当時話題の2つの絵画展を見に上野まで出かける。【日めくり漱石/6月11日】

  18. 和紙の素晴らしさを再確認!知られざる歴史を辿る「和紙―近代和紙の誕生―」展

  19. 夏目漱石、靖国神社の能楽堂で客の無礼な行動に憤る。【日めくり漱石/6月10日】

  20. 視覚トリックにみちた目くるめく不思議世界!「無限迷宮への夢 エッシャーの世界」展

  21. 夏目漱石、熊本の借家で小さな小さな結婚式を挙げる。【日めくり漱石/6月9日】

  22. 我が名はポール・スミス!世界的人気デザイナーの「アタマの中」が覗ける展覧会

  23. 夏目漱石、知人から赤ん坊の名づけを頼まれ大いに悩む。【日めくり漱石/6月8日】

  24. 夏目漱石、老能楽師を相手に聞き上手ぶりを発揮する。【日めくり漱石/6月7日】

  25. 万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

  26. 夏目漱石、悲運の二葉亭四迷と「最期の晩餐」を共にする。【日めくり漱石/6月6日】

  27. サラ・ヴォーン|声を楽器に新しいスタイルを築いた技巧派 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション03】

  28. めでたや御出現!春日大社本殿の獅子・狛犬が800年の時を経て初公開

  29. 「男の子がうまれたぞ!」夏目漱石、待望の長男誕生に有頂天になる。【日めくり漱石/6月5日】

  30. 巨匠たちが名画に隠した謎を解け!「日本画ミステリー」展

PAGE TOP