新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクであ…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想…

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られ…

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

文/印南敦史『138億年の人生論』(松井孝典著、飛鳥新社)の著者は、「惑星科学」…

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

夏の暑さも過ぎ去り、秋本番となってきました。各地で木々が色づき始め、紅葉の見頃が訪れようとし…

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

写真・文/矢崎海里ねっとりとした食感が特徴の里芋は、今が旬の食材です。里芋は芋類の中…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    白河駅(東北本線)|みちのくの玄関にふさわしい風格漂う洋館駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第2回】

         

    北を目指して走る東北本線の列車が福島県に入ると、最初に現れる町が白河市だ。古くから「白河の関」を超えるとみちのく・東北地方に入るということから、例えば「甲子園の優勝旗は白河の関を越えず」という言い方で、東北の高校がいまだ優勝…

  2.  

    秘仏の重文「五大明王像」が初めて寺外へお出ましに!特別展「松島瑞巌寺と伊達政宗」

         

    日本三景のひとつ松島にある奥州随一の古刹・瑞巌寺。同寺に伝わる、門外不出の寺宝の数々が、いま…

  3.  

    夏目漱石、妻に付き添われて大阪の病院から帰京する。【日めくり漱石/9月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)9月14日の深夜零時過ぎ、44歳の漱…

  4.  

    五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。10月の公演では五街道雲助が主任(トリ)を勤め、『淀五…

  5.  

    夏目漱石、愛猫の死を見届け墓標を立てる。【日めくり漱石/9月13日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)9月13日、漱石はひとつの生命の終焉…

  6.  

    ポートレイトの名手が撮した「あの人」の意外な素顔!肖像写真展「時代の風貌」

         

    小説家、美術家、映画監督など、日本の近現代を彩った文化人たちの肖像写真(ポートレイト)の展覧…

  7.  

    夏目漱石、親友・正岡子規の落第を防ごうと奔走する。【日めくり漱石/9月12日】

         

    今から125 年前の今日、すなわち明治24年(1891)9月12日、帝国大学(現・東京大学)…

  8.  

    撮影者の腕が問われる!難しい被写体「秋の空」を上手に撮影するコツ

         

    山々が紅く萌える秋は、写真愛好家の腕が鳴る季節。紅葉を撮ってはその色合いに思わず溜息を漏らし、落ち葉…

  9.  

    夏目漱石、日露戦争の激戦地二〇三高地へ赴く。【日めくり漱石/9月11日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)9月11日、中国大陸を旅行中の42歳…

  10.  

    夏目漱石、心中未遂事件をおこした門弟の草稿にアドバイスする。【日めくり漱石/9月10日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)9月10日は木曜日で、門弟や来客が東京・…

  11.  

    渡欧中の夏目漱石、餞別の万年筆をうっかり折ってしまったその理由とは。【日めくり漱石/9月9日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)9月9日、33歳の漱石は洋上にいた。文部…

  12.  

    33歳の夏目漱石、横浜から客船に乗って英国留学へと出発する。【日めくり漱石/9月8日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)9月8日、33歳の漱石は早朝の新橋停車場…

  13.  

    ボギーの復刻トレンチコート発売記念!期間限定バー《東京ジョー》日本橋三越に出現

         

    トレンチコートの代名詞とも言える、英国の老舗ファッション・ブランド「アクアスキュータム」は、今年20…

  14.  

    2つの国立美術館蔵の名作・優品が一堂に会す!「国立美術館巡回展 煌く名作たち」

         

    わが国の2つの国立近代美術館が所蔵している近現代の絵画・工芸の優品を集めた巡回展「国立美術館…

  15.  

    夏目漱石、値上がりする家賃と自分の体重を比較して憤慨する。【日めくり漱石/9月7日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)9月7日、40歳の漱石は、書斎の机の上に…

  16.  

    エラ・フィッツジェラルド|エラの歴史はジャズ・ヴォーカル・ヒストリー【ジャズ・ヴォーカル・コレクション10】

         

    文/後藤雅洋■黒人の声=ジャズの声ジャズ・ヴォーカリストの代名詞的存在である…

  17.  

    出たッ!夏目漱石、修善寺で大吐血して以来初めてのアレが出る。【日めくり漱石/9月6日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)9月6日、伊豆・修善寺で病気療養中の43…

  18.  

    夏目漱石、愛用していた英国製フロックコートを教え子に贈る。【日めくり漱石/9月5日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)9月5日、39歳の漱石のもとに、門下生の…

  19.  

    鳥居本駅(近江鉄道本線)|旧宿場町に佇む赤い腰折れ屋根の駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第1回】

         

    その昔、彦根あたりで“近鉄”(おうてつ)と呼ばれていた近江鉄道。開業は近鉄(近畿日本鉄道)よ…

  20.  

    世界の現実をえぐり出す圧倒的迫力の写真たち!世界報道写真展2016

         

    大規模改修工事を終えてリニューアルオープンした東京都写真美術館(東京・恵比寿)で、「世界報道…

  21.  

    夏目漱石、内田百閒の家を訪問するも床の間を見て愕然とする。【日めくり漱石/9月4日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)9月4日、48歳の漱石は門弟の内田百閒の家…

  22.  

    夏目漱石、大連へと向かう船旅の途中で思わぬ事故に遭遇する。【日めくり漱石/9月3日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)9月3日の朝7時頃、43歳の漱石は大阪・…

  23.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、フランス語を学んでおくべきだったと激しく後悔。【日めくり漱石/9月2日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)9月2日、ロンドン留学中の34歳の漱石は…

  24.  

    茶の湯の精神を伝える空前絶後の展覧会『茶の湯の継承 千家十職の軌跡展』が日本橋三越本店で開催中

         

    茶の湯の精神を体現する茶道具を、千利休を祖とする千家とともに400年に渡り作り続けてきた十の職家を「…

  25.  

    男だって胸ときめく!竹久夢二、岸田劉生に藤島武二まで勢揃いの「乙女デザイン」展

         

    今や海外からも注目される日本の “かわいい文化”の源流を辿ることができる展覧会が、茨城県近代…

  26.  

    夏目漱石、英国留学のための船の切符を買いに行く。【日めくり漱石/9月1日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)9月1日、33歳の漱石は東京・牛込区矢来…

  27.  

    漫画家・長谷川町子の全貌に迫る!サザエさん生誕70年「よりぬき長谷川町子」展

         

    漫画「サザエさん」で国民的漫画家となった長谷川町子(1920-92)の回顧展が、東京・板橋区…

  28.  

    娘を入院させた夏目漱石、父としてつらい思いを噛みしめる。【日めくり漱石/8月31日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)8月31日の早朝、39歳の漱石と妻の鏡子…

  29.  

    【江戸クイズ04】幕末に多くの偉人を輩出した「津和野藩の藩校」とは?(正解率10%)

         

    時代劇は、歴史の知識を増やせば増やすほど見るのが楽しくなるもの。そこで今回は、以前ご…

  30.  

    ロンドンの夏目漱石、帰国する学友・池田菊苗をテムズ河畔に見送る。【日めくり漱石/8月30日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月30日、ロンドン留学中の34歳の漱石…

PAGE TOP