新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

ついに暑い夏がやって来ました。ショップジャパンが、これから夏本番を迎えるにあたり『夏場のエア…

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    病床の夏目漱石、傍らでは鏡子夫人が医師に厳しく詰め寄る。【日めくり漱石/8月20日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月20日、43歳の漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館の一室で横になっていた。東京での胃潰瘍の入院治療のあと、転地療養のためこの地にきて2週間が経過していた。到着草々から胃の…

  2.  

    三千家に代々伝わる名品が日本橋三越本店に集結「茶の湯の継承 千家十職の軌跡」展

         

    茶の湯の大成者である千利休の茶をいまに伝えている表千家、裏千家、武者小路千家の三千家。この三千家の家…

  3.  

    夏目漱石、診察を受けて即入院「絶対安静」を言い渡される。【日めくり漱石/8月19日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月19日、大阪の空は朝から晴れ渡り…

  4.  

    世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    東京都墨田区、白鬚橋の近くに、時計ファン垂涎の博物館「セイコーミュージアム」があります。和時…

  5.  

    修善寺へ急行せよ!夏目漱石、療養先の旅館で倒れる。【日めくり漱石/8月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月18日、43歳の漱石は転地療養先…

  6.  

    まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

         

    今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成し…

  7.  

    夏目漱石、ひとり上野発の夜行列車で那須へ向かう。【日めくり漱石/8月17日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月17日、45歳の漱石は、ひとり上野…

  8.  

    夏目漱石、妻を亡くした友人のため弔問に駆けつける。【日めくり漱石/8月16日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月16日、42歳の漱石は朝一番で小…

  9.  

    ぬか漬け芸人・大湯みほさんも登場!東京・新宿で「焼酎・泡盛試飲会」開催のお知らせ

         

    焼酎・泡盛試飲会事務局が主催する焼酎・泡盛の試飲会が、10月1日(土)に新宿で開催されます。…

  10.  

    【江戸クイズ01】江戸本石町「長崎屋」が担っていた幕府の重要な政策とは?(正解率わずか6%)

         

    学生時代は歴史の科目が苦手でも、大人になって改めて勉強したいと考えている人は少なくないでしょ…

  11.  

    夏目漱石、訪英してきた旧知の詩人をロンドンの停車場に出迎える。【日めくり漱石/8月15日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月15日、ロンドン留学中の34歳の…

  12.  

    夏目漱石、連載中の小説『それから』を書き終える。【日めくり漱石/8月14日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月14日、42歳の漱石は朝日新聞紙…

  13.  

    夏目漱石、友人・津田青楓に長男誕生のお祝いを送る。【日めくり漱石/8月13日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)8月13日、46歳の漱石は使いの者に頼…

  14.  

    集めたくなる「全国都道府県・ご当地フォルムカード」第8弾が郵便局で販売中

         

    郵便局で販売されている記念切手は、昔から収集物として人気が高く、新たな記念切手が発行されるた…

  15.  

    東京駅の間近で「大相撲」を体感!相撲イベント『はっきよいKITTE』が東京・丸の内で開催

         

    去る7月31日、昭和を代表する名横綱・元千代の富士の九重親方が膵臓(すいぞう…

  16.  

    夏目漱石、逗留中の宿にて妻との電話がトンチンカン。【日めくり漱石/8月12日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月12日、伊豆・修善寺の菊屋旅館に…

  17.  

    岩佐又兵衛の「旧金谷屏風」10図が福井で奇跡の再会!「岩佐又兵衛展」展

         

    謎に包まれた天才絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ/1578~1650)の展覧会が、39歳から60歳…

  18.  

    とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山本益博の「私のお気に入り」132】

         

    私はフェイスブックで「東京とんかつ会議」を毎月隔週でアップしています。3人の仲間と東京のとん…

  19.  

    夏目漱石、東海道線に乗って関西講演ツアーに出発する。【日めくり漱石/8月11日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月11日、44歳の漱石は午前8時3…

  20.  

    夏目漱石、妻子を旅行に送り出してから机に向かう。【日めくり漱石/8月10日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)8月10日の早朝、48歳の漱石は玄関で…

  21.  

    ビリー・ホリデイ|強烈な人生体験から生まれた歌のリアリティ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション08】

         

    文/後藤雅洋■鬼気迫る声の存在感本シリーズ創刊号にも登場した伝説的ヴォーカリ…

  22.  

    夏目漱石、新聞連載小説のバトンを徳田秋声に託す。【日めくり漱石/8月9日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)8月9日の昼下がり、48歳の漱石は東京…

  23.  

    キャンプ+麻雀=マージャンピング!意外な組み合わせでキャンプの新たな楽しみ方を発見

         

    奥深いルールで老若男女誰もが楽しめ、4人で囲むことから思わぬ交流も生まれる遊び――麻雀。大切…

  24.  

    夏目漱石、橋口五葉と『吾輩は猫である』の装幀について打ち合わせる。【日めくり漱石/8月8日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月8日の夜、38歳の漱石は、東京・…

  25.  

    国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

         

    去る7月17日、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の構成資産のひと…

  26.  

    若き夏目漱石、船の上で女性にいいとこ見せようとして大失敗。【日めくり漱石/8月7日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)8月7日、漱石は隅田川の河口から汽船…

  27.  

    爽快!夏の信州に大集合した北斎ブルーの富士山たち「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」展

         

    江戸期を代表する絵師・葛飾北斎(1760-1849)の描いた「富士山」ばかりを集めた企画展が…

  28.  

    夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月6日、43歳の漱石は、転地療養の…

  29.  

    又兵衛から抱一まで江戸絵画の全貌を俯瞰!「江戸絵画への視線-岩佐又兵衛から江戸琳派へ-」

         

    東京・山種美術館で、江戸絵画を中心とした展覧会が開かれています。近代・現代の日本画コレクショ…

  30.  

    こりゃニャンダフル!国芳や国貞などの猫の浮世絵が大集合「浮世絵ねこの世界展」

         

    浮世絵に描かれた「猫」をテーマにした企画展が、石川県七尾美術館で始まりました(〜9月25日ま…

PAGE TOP