新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、正岡子規をともなって坪内逍遥の家を訪ねる。【日めくり漱石/9月26日】

         

    今から124 年前の今日、すなわち明治25年(1892)9月26日、25歳の漱石は、友人の正岡子規とともに東京・本郷の帝国大学の門を出ようとしていた。子規の依頼を受け、漱石が道案内に立っているような様子だった。漱石と子規は互…

  2.  

    異色の絵本作家による心温まる動物画!「あべ弘士の動物王国」展

         

    かつて旭山動物園で飼育員を務めた経験を持つ異色の動物画家、あべ弘士(1948-)の画業を辿る…

  3.  

    死の床から生還した夏目漱石、吐血時の状況を知って愕然とする。【日めくり漱石/9月25日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)9月25日の朝、伊豆・修善寺の菊屋旅…

  4.  

    明治期の職人技の凄み!高度な工芸技術に唖然となる「驚きの明治工藝」展

         

    東京・上野公園にある東京藝術大学大学美術館で、驚くべき技術で作られた明治時代の工芸品の展覧会…

  5.  

    夏目漱石、うら若き禅僧のことについて妻・鏡子に相談する。【日めくり漱石/9月24日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)9月24日、49歳の漱石は妻の…

  6.  

    当代人気の噺家4人が集結!第7回「COREDO落語会」が10月21日に日本橋で開催

         

    この『サライ.jp』でも「ひと皿の歳時記」連載でおなじみの山本益博さんプロデュースによる落語…

  7.  

    若き夏目漱石、正岡子規と散歩しながら句作を楽しむ。【日めくり漱石/9月23日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)9月23日、28歳の漱石は、松山の上…

  8.  

    胃痛に悩む夏目漱石、妻への手紙でグチをこぼす。【日めくり漱石/9月22日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)9月22日、ロンドン留学中の34歳の…

  9.  

    胸揺さぶるオペラの名作『ワルキューレ』待望の上演!新国立劇場「ニーベルングの指環」全作上演の第2弾まもなく開幕

         

    東京・初台にある新国立劇場のオペラパレスは、日本で唯一の本格的なオペラ専用劇場。1シーズン(…

  10.  

    負けん気強くて夫思い!夏目漱石の妻・夏目鏡子さんに関する記事まとめ【日めくり漱石 号外編】

         

    サライ.jpで連載中の『日めくり漱石』(文/矢島裕紀彦)では、漱石先生ありし日々の逸話を毎日…

  11.  

    散逸していた伝説のコレクションが一堂に再会!松方コレクション展―松方幸次郎 夢の軌跡―

         

    来る2017年は神戸開港150年にあたります。そのプレイベントとして、世に名高い「松方コレク…

  12.  

    夏目漱石、門弟にせっつかれつつ懸命に筆をあやつる。【日めくり漱石/9月21日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)9月21日、49歳の漱石は東京・早稲田…

  13.  

    フランク・シナトラ|ジャズとポップスを繫ぐトップ・スター【ジャズ・ヴォーカル・コレクション11】

         

    文/後藤雅洋■「ジャズ純血主義」の偏狭一時期、コアなジャズ・ファンの間で…

  14.  

    夏目漱石、岩波書店から『心』の単行本を刊行する。【日めくり漱石/9月20日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)9月20日、47歳の漱石は岩波書店から…

  15.  

    西桐生駅(上毛電気鉄道)|北関東の産業都市に残るモダンな駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第3回】

         

    群馬県の前橋市と桐生市を東西に結ぶ「上毛電気鉄道」の西桐生駅は、終点の駅らしくホームの先にあ…

  16.  

    国宝・重文クラスの優品がずらり!尾張徳川家の至宝を一挙公開「ザ・ベスト@トクガワ」展

         

    江戸時代に徳川御三家筆頭であった大名家、尾張徳川家伝来の名品の数々が、名古屋市にある徳川美術…

  17.  

    ロンドンの夏目漱石、子規の死を知る由もなく自転車の稽古に専念。【日めくり漱石/9月19日】

         

    今から114 年前の明治35年(1902)9月半ば、ロンドンの漱石は来る日も来る日も自転車の…

  18.  

    岡山県立美術館の水墨画コレクションが東北へ!特別展「雪舟と宮本武蔵と水墨画」

         

    雪舟を生んだ地・岡山県立美術館が所蔵する珠玉の水墨画コレクション展が、いま仙台市博物館で開催…

  19.  

    病床の夏目漱石、森鴎外の部下の見舞いを受ける。【日めくり漱石/9月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)9月18日、伊豆・修善寺は秋の青空が…

  20.  

    洗練された優美の極み!江戸琳派の旗手・鈴木其一のすべてに迫る大回顧展

         

    江戸時代後期の絵師、鈴木其一(すずき・きいつ、1796-1858)の大規模な展覧会が、東京ミ…

  21.  

    夏目漱石、単行本の校正を門弟の誰に頼むかで大いに悩む。【日めくり漱石/9月17日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)9月17日、46歳の漱石は小説『行人』…

  22.  

    阿倍仲麻呂の悲劇を描いたオペラ『遣唐使物語』が奈良で上演!作者・上野誠さんが綴る創作の原点

         

    文/上野誠(奈良大学教授)奈良に住んで25年になる私でも、ふと、四季の風に誘われて歩…

  23.  

    夏目漱石、妻の父の訃報に接し悲しみに暮れる。【日めくり漱石/9月16日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)9月16日、39歳の漱石は悲しみに沈…

  24.  

    セピア色の画面に浮かび上がる幻想的な母子像!没後110年「カリエール展」

         

    19世紀フランス象徴主義を代表する画家、ウジェーヌ・カリエール(1849-1906)の展覧会…

  25.  

    夏目漱石、コソ泥の思いがけない置土産に呆れかえる。【日めくり漱石/9月15日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)9月15日の夕刻、38歳の漱石は東京…

  26.  

    白河駅(東北本線)|みちのくの玄関にふさわしい風格漂う洋館駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第2回】

         

    北を目指して走る東北本線の列車が福島県に入ると、最初に現れる町が白河市だ。古くから「…

  27.  

    秘仏の重文「五大明王像」が初めて寺外へお出ましに!特別展「松島瑞巌寺と伊達政宗」

         

    日本三景のひとつ松島にある奥州随一の古刹・瑞巌寺。同寺に伝わる、門外不出の寺宝の数々が、いま…

  28.  

    夏目漱石、妻に付き添われて大阪の病院から帰京する。【日めくり漱石/9月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)9月14日の深夜零時過ぎ、44歳の漱…

  29.  

    五街道雲助師匠がトリで『淀五郎』を口演! 「第68回人形町らくだ亭」が10月26日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。10月の公演では五街道雲助が主任(トリ)を勤め、『淀五…

  30.  

    夏目漱石、愛猫の死を見届け墓標を立てる。【日めくり漱石/9月13日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)9月13日、漱石はひとつの生命の終焉…

PAGE TOP