新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない

裏地の背中一面に「メリノン」をふんだんに使った、見るからに暖かそうな半纏である。メリノンとは…

奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)サンタフェは、キリスト教の町だ…

中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】

取材・文/藤田麻希縄文時代から現代まで10000年以上の歴史を誇る、日本の陶磁。そのなかで最…

西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす

文/藤原邦康今回は、顎関節症を引き起こす原因について解説していきましょう。【顎関節症…

男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし

ちょっとした外出には、こんな小型バッグがよく似合う。鞄の産地として知られる、兵庫県豊岡市の老…

幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

取材・文/池田充枝1968(昭和43)年11月、皇居新宮殿が完成され、竣工式が行われました。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 巨匠たちが名画に隠した謎を解け!「日本画ミステリー」展

    庭園の美しさで有名な島根県安来市の足立美術館は、質量ともに優れた日本画のコレクションでも知られています。同館では春・夏・秋・冬の年4回、テーマを設けて特別展を開催していますが、2016年の夏季特別展のテーマは「日本画ミステリ…

  2. 嗚呼イライラ!夏目漱石、東大の図書館でご立腹の理由とは。【日めくり漱石/6月4日】

    漱石の名作『三四郎』は、九州から上京した東京帝国大学の学生・小川三四郎(福岡の出身で熊本五高…

  3. エラ・フィッツジェラルド|圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション02】

    文/後藤雅洋■「ジャズ歌3人娘」の長女 大物や優れた人たちを数え上げるとき、…

  4. 夏目漱石、貴族にまじって音楽を聴きカステラとチョコをつまむ。【日めくり漱石/6月3日】

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月3日、夏目漱石は東京・早稲田南町…

  5. ジャズ・ヴォーカルの醍醐味が味わえる!奇跡の競演が実現『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

    文/後藤雅洋■“声”という個性的な楽器“ジャズ・ヴォーカル”の魅力は格…

  6. 49歳の夏目漱石、8歳児の思いがけない素朴な質問に翻弄される。【日めくり漱石/6月2日】

  7. 若き夏目漱石、仲間とともに江ノ島に遠征して上陸の先陣を切る。【日めくり漱石/6月1日】

  8. 世界に誇るセラミックス・ジャパン!近代日本の「陶磁器デザイン」の流れをたどる初の展覧会

  9. 夏目漱石、父になる!長女の命名にこめた切なる願いとは。【日めくり漱石/5月31日】

  10. 夏目漱石、教え子から届いた中国の硯が壊れていて泣く。【日めくり漱石/5月30日】

  11. 50年間長崎を撮り続けた写真家・東松照明の回顧展

  12. 夏目漱石、うっかりミスで詫び状を書く羽目になる。【日めくり漱石/5月29日】

  13. 夏目漱石、文人画家としてのデビューを果たす【日めくり漱石/5月28日】

  14. 見るだけで涼しくなれる!? 「涼を呼ぶ美術」展で夏の暑さをしのぐ

  15. 夏目漱石、家政婦お梅さんの結婚式で「花嫁の父」になる。【日めくり漱石/5月27日】

  16. 夏目漱石、吉原帰りに傑作「虞美人草」のタイトルをひらめく。【日めくり漱石/5月26日】

  17. 歴史的瞬間!夏目金之助が「夏目漱石」になった日【日めくり漱石/5月25日】

  18. 若き夏目漱石、神田の旅館に「人生の達人」を訪ねる。【日めくり漱石/5月24日】

  19. 奈良・吉野はなぜ桜と祈りの聖地となったのか?「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」シンポジウム開催のお知らせ

  20. すべての猫に幸せを!新たな家族に命を救われた「保護猫」たちの肖像

  21. 夏目漱石、教え子の描いた似顔絵に喜色満面となる。【日めくり漱石/5月23日】

  22. 現実と空想を行き来する驚くべき細密画!立石鐵臣展

  23. 夏目漱石、帝劇で『ハムレット』を観て首をかしげる。【日めくり漱石/5月22日】

  24. 神秘の王国ブータンからの貴重な文物約140点が公開中【ブータン~しあわせに生きるためのヒント~】

  25. 夏目漱石、ロンドンの下宿で「理想の女性」について語る。【日めくり漱石/5月21日】

  26. 夏目漱石が叱った教え子、2日後にとんでもない事件をおこす。【日めくり漱石/5月20日】

  27. 夏目漱石、幼い娘の同級生の言葉に絶句する。【日めくり漱石/5月19日】

  28. あなたが考える言葉の語釈や新語が辞書に載る! ? 「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーン開催

  29. 夏目漱石、翻訳依頼で『坊っちゃん』推しと発覚。【日めくり漱石/5月18日】

  30. 夏目漱石、政府の傍若無人なふるまいに憤る。【日めくり漱石/5月17日】

PAGE TOP