新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  健康についての記事一覧

  1. 75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在  

    75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

         

    必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在 高齢者の意識は「粗食が大切」、一方、 管理栄養士は「逆に不健康」と回答9月16日は敬老の日。ネスレ日本株式会社 ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー( 以下「ネスレ ヘルスサイエンス」)は…

  2.  

    ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

         

    文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛などで、朝起きる時に腰が痛くなること…

  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

         

    写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

  4. 健康オイル、何を選ぶ?  

    健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

         

    文/中村康宏油は悪いものだと信じられていた時代もありましたが、良質な油や脂肪の摂取が…

  5. 朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。  

    【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“早寝・早起き・朝ごはん運動”を推奨する食育の第一人者。多忙…

  6. 世界を震わすマラリアの恐怖!?  

    年間2億人以上が感染、42万人以上が死亡!世界を震わすマラリアの恐怖

         

    文/倉田大輔人間にとって怖い動物は何かと聞かれた時、熊やトラ、ライオン、サメなどを思…

  7. 【秋の花粉に要注意!?】春以外でも、夏と秋にも花粉症に悩む方が一定数いることが判明  

    秋の花粉症に要注意|鼻水やせきが出るのはブタクサが原因かも!?

         

    2008年に行なわれた鼻アレルギーの全国疫学調査によると、日本人の約4人に1人は花粉症に悩ま…

  8.  

    アサヒグループ食品の機能性表示食品 「シュワーべギンコ イチョウ葉エキス」presentsスペシャルトーク 小宮悦子×中野信子「いい記憶をつくる考え方」[PR]

         

    今や「人生100年時代」と言われ、「健康寿命」を伸ばすことが注目されています。脳トレなどに励む人も増…

  9. 季節の変わり目は要注意! 大敵は現代人の半数が悩む“胃弱”  

    専門医も手こずる“胃の不調”の原因「機能性ディスペプシア」の正体

         

    医師が胃の不調を感じたとき食べる食材、第1位は“ヨーグルト”まだまだ暑い日が続いていますが、…

  10. 頭がキーン、だけじゃない。冷たいものを食べたときに起きるもうひとつの頭痛  

    「頭がキーン」だけじゃない。冷たいものを食べたときに起きるもうひとつの頭痛

         

    文/藤原邦康食いしばり癖がある人は咀嚼筋にストレスがかかっている前回解説したアイスク…

  11. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願おう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願う

         

    写真・文/矢崎海里9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。重陽の節句は、桃の…

  12. 最近、話が聞き取りにくい。それはAPDかも?|『聞こえているのに聞き取れない APD【聴覚情報処理障害】がラクになる本』  

    聴覚検査は異常なし、聞こえているのに聞き取れない| APD(聴覚情報処理障害)5つの特徴

         

    文/印南敦史「聴覚情報処理障害」(APD)という病気をご存知だろうか?『聞こえている…

  13. 認知症や高血圧の予防にも万能?! スーパーフード「ビーツ」に注目  

    認知症や高血圧の予防にも万能!?| スーパーフード「ビーツ」に注目

         

    文/中村康宏「ビーツ」という野菜をご存知でしょうか? 「食べたことがない」という方も…

  14. 飲んでいる薬を減らすのに効果的な「ベジタサイズ」とは?|『薬は減らせる!』  

    75歳以上の約4割が1日に5種類以上の薬を服用|「ベジタサイズ」で薬は減らせる!

         

    文/鈴木拓也1日に何種類もの薬を服用する、高齢者の多剤服用が社会問題化している。…

  15. 災害時にシニアに脅威となる災害関連死を防ぐには|『シニアのための防災手帖』  

    犠牲者の大半が60歳以上!災害関連死を防ぐには|シニアのための防災手帖

         

    文/鈴木拓也大規模な自然災害で一番犠牲が多いのはシニア層で、例えば東日本大震災や西日…

  16. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏バテを引きずらない!豚肉で効率よく栄養補給をしよう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏バテを引きずらない!「豚肉」で効率よく栄養補給

         

    写真・文/矢崎海里長かった梅雨から一点、猛暑に見舞われた8月も終わり、9月になりまし…

  17. 三浦雄一郎さんも実践する、シニアにおすすめの「ヘビーウォーキング」|『歩き続ける力』  

    三浦雄一郎さんの「攻める健康法」|「ヘビーウォーキング」のやり方

         

    文/鈴木拓也70歳、75歳、80歳で通算3度のエベレスト登頂に成功し、86歳になって…

  18. 中高年に発症し、失明のリスクがある「緑内障」の怖さと対策|『40代から高まる失明のリスク』  

    完治することができない「緑内障」の怖さと対策|40代から高まる失明のリスク

         

    文/鈴木拓也中高年に入って「眼鏡や眼科の世話になったことがないのが自慢。でも、最近視…

  19. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』  

    手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本

         

    文/鈴木拓也国立がん研究センターの統計では、がんと診断される人の数は年間約100万人…

  20. アイスクリーム頭痛  

    頭がキーンとなる「アイスクリーム頭痛」どうして起きる? どう治す?

         

    文/藤原邦康猛暑が続いていますね。アイスクリームやかき氷など冷たいスイーツが美味しい季節です…

  21. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

         

    写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

  22. 前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。  

    【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

  23. ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】  

    ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

         

    文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

  24. 免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!  

    免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

         

    健康に長生きするための第一条件は、バランスの良い食生活を心掛けることでしょう。一方で…

  25. 緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断  

    中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

         

    緑内障は高齢になるとともに発症率が高くなり、中途失明の原因の1位です※。 また、かなり進行す…

  26. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

         

    写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

  27. 立ち直り反射  

    体幹の重心バランスをチェックする2つの方法

         

    文/藤原邦康前回、たった1分で誰でも簡単にかみ合わせや蝶形骨のバランスを整えられるセルフケア…

  28. ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 脚の外側の痛みやしびれを改善する筋膜リリース&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第24回】  

    ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 脚の外側の痛みやしびれを改善する筋膜リリース&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第24回】

         

    文/川口陽海椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、お尻から脚の外側にかけて…

  29. シニアが注意すべき誤嚥性肺炎以外のアブナイ肺炎|『肺炎に殺されない! 36の習慣』  

    夏風邪と間違えやすい夏型過敏性肺炎|誤嚥性肺炎だけじゃない、罹ると怖い肺炎

         

    文/鈴木拓也日本人の死亡原因で上位にある「肺炎」。肺炎で死ぬ人のほとんどは65歳以上…

  30. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』  

    がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音

         

    文/印南敦史『がん外科医の本音』(中山祐次郎著、SB新書)の著者は、医者になって…

PAGE TOP