新着記事

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第8回】

「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活

きっかけはかかりつけ医の処方薬

最近、寝つきが悪い。寝ても熟睡できない、途中で何度も目が覚める。睡眠に悩む人が増えています。「睡眠負債」なんていう言葉もできました。ストレスのせい、年のせい、それとも更年期のせい? 眠れないのは本当に辛い。そこで頼りたくなるのが「眠れるお薬」です。

「最近ちょっと眠れないんですよね……」
たとえば、かぜを引いて、かかりつけのクリニックに行って、診察中そんなふうに訴えると、医師から「じゃ、かぜ薬といっしょに眠れるお薬、出しておきましょうか」

または更年期を迎えた女性。婦人科で不安やイライラ、不眠などの更年期症状を診察してもらうと「では、ホルモン剤といっしょに眠れるお薬も出しておきましょうか」

あるいは整形外科通いをしている高齢の方が「夜中に何度も目が覚めてしまうんです」。すると、「じゃ、痛み止めといっしょに眠れるお薬も出しておきましょうか」

こんなふうに“眠れるお薬”を、かかりつけ医から処方されて飲み始める人も多いことと思います。睡眠薬は何科の医師でも処方することができます。内科や婦人科、整形外科だけでなく、皮膚科でも眼科でも処方することができます。

眠れない日が続くのは心身ともにたいへん辛いことです。かかりつけ医に話すのは自然な流れでしょう。医者のほうも“軽めの睡眠薬”を処方して「しばらく様子をみましょう」と、薬を出すことで患者さんが落ち着けばという気持ちもあると思います。

「薬のおかげで眠れています」では薬はやめられない

薬を飲んで眠れるようになり、薬がいらなくなるなら「よかったですね!」で終わりです。問題は、眠れるようになっても本人が「薬のおかげで眠れている」と思ってしまうこと。これではいつまで経っても薬を手放すことができません。かかりつけ医から「とりあえず」処方された睡眠薬が、いつまでも必要になってしまうのです。はじめ2週間分処方された薬が、次は「1か月分ください」となる。睡眠薬は向精神薬に分類され、30日分までしか処方できない薬が多いのですが、それでも患者さんが望めば、翌月分を処方する医師が多いです。

それでも気分が落ち着いて、服用をフェイドアウトできればいいのですが……。「薬のおかげで」と飲みつづけることの問題が、もうひとつあります。

かかりつけ医が不眠症の専門医ではない場合、その不眠症状の状態や原因を的確に把握して、適切な薬の処方ができていない可能性もあります。もしかしたら、その患者さんには、かかりつけ医では診断できない病が潜んでいるのかもしれない。別の薬が必要なのかもしれない。そうしたことが見過ごされるおそれがあるのです。

睡眠障害にまつわる診断はとても微妙で難しいものです。よく眠れない日が続くなら、やはりそれは睡眠障害の専門医を受診したほうがいいでしょう。

しかし患者さんの立場からすると、それもなかなかハードルが高いと察せられます。日本にはまだ睡眠外来はとても少なく、予約を入れると1か月も2か月も先しか取れなかったりします。睡眠外来以外となると、次は心療内科になります。

できれば心療内科のお世話になりたくない、という心理。かなり一般的になってきたとはいえ、心療内科に壁を感じる人は少なくないようです。かかりつけの内科や整形外科などで、“ついでに”睡眠薬を処方してもらいたい。その気持ちもわかります。

また、処方された薬が「よく効かない」場合は、別の薬と重ねて処方されることがあります。日本では2剤、3剤と複数出されることは珍しくありません。錠数を増やされることもあります。そうしてだんだん薬の量が増えていく。

睡眠薬に限った話ではありませんが、同じ薬を1か月飲みつづけて症状が改善しないのは普通ではありません。睡眠薬を1か月以上、飲みつづけている方は、医師にあらためて、率直に相談してみることをおすすめします。

宇多川久美子(うだがわ・くみこ)

薬剤師、栄養学博士。一般社団法人国際感食協会理事長。健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。薬漬けだった自らも健康を取り戻した。現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。近著に『薬は減らせる!』(青春出版社)。

構成・文/佐藤恵菜

  1. 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

    市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

  2. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

    テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第25回】

  3. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

    ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】

  4. 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】

    処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】

  5. 市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】

    市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】

  6. 今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】

    今こそ知っておくべき。処方薬と市販薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第21回】

  7. 新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

    新型コロナウイルスのワクチンができるのはいつ?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第20回】

  8. 花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

    花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

  9. ドラッグストアで買える「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

    ドラッグストアで買える“花粉症の薬”「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

  10. 「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

    「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

  11. 高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

    高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

  12. 薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

    薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

  13. インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

    インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

  14. インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

    インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

  15. 睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

    睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

  16. 新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の安全性は|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】

    新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の効き目と安全性|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】 市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない…
  2. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】 テレワークで便秘に悩む人が増加中。どんな薬が効くのか?|薬を使わ…
  3. ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第24回】 ちょっと待って! 「薬をやめてサプリメントに」の勘違い|薬を使わ…
  4. 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第23回】 処方薬より市販薬のほうが“効果的”な場合もあります|薬を使わない…
  5. 市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第22回】 市販薬「ガスター10」を飲んでいいとき、悪いとき|薬を使わない薬…
PAGE TOP