新着記事

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

文/印南敦史メディア文化評論家である『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』(碓井広義 編、新…

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康宇多川久美子のお薬講座

  1. 花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】  

    花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

         

    抗ヒスタミン薬を飲みつづけても花粉症は治らない前回、抗ヒスタミン薬の効能についてご説明しましたが、たとえジェネリックで費用を抑えられたとしても、決して飲みつづけていい薬ではありません。なぜなら、いくら抗ヒスタミン薬を飲んでも花粉症は治ら…

  2. ドラッグストアで買える「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】  

    ドラッグストアで買える“花粉症の薬”「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

         

    花粉症の薬の第1世代、第2世代とは?今年も花粉に悩まされている人が多いようです。毎年、抗ヒスタミ…

  3. 「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】  

    「お薬手帳」を有効に使っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第17回】

         

    「お薬手帳」を自分のお薬メモにみなさんも持っていると思います「お薬手帳」。薬局の薬剤師から「お薬…

  4. 高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】  

    高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

         

    高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

  5. 薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】  

    薬と耐性菌のいたちごっこが生み出す「スーパーバグ」|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第15回】

         

    悪夢の耐性菌“スーパーバグ”の誕生「スーパーバグ」をご存知ですか? コンピューターウイルスや…

  6. インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】  

    インフルエンザに「抗生物質をください」のなぞ|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第14回】

         

    かぜやインフルエンザの病原体は「細菌」ではない厚生労働省の報告書によると、「かぜやインフルエ…

  7. インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】  

    インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

         

    新薬「ゾフルーザ」発売後1シーズンで耐性化毎年このシーズンになるとインフルエンザが話題になり…

  8. 睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】  

    睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

         

    「先生、睡眠薬をいつまで飲んだら治りますか?」先日、よく眠れないという50代の女性からこんな質問…

  9. 新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の安全性は|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】  

    新タイプの睡眠薬「オレキシン受容体拮抗薬」の効き目と安全性|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第11回】

         

    向精神薬とは別のメカニズムで現在、よく処方されている睡眠導入剤の「ハルシオン」や短時間作用型の「…

  10. 不眠症の4タイプ。自分のタイプに合った薬を処方してもらっていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第10回】  

    不眠症の4タイプ。自分のタイプに合った薬を処方してもらっていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第10回】

         

    自分のタイプを知る-------「不眠症」とはどういう症状か?眠れない。寝てもすぐ目が覚める…

  11. 睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第9回】  

    睡眠薬、知っておきたい市販薬と処方薬の違い|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第9回】

         

    処方薬「睡眠薬・睡眠導入剤」は中枢神経に作用する眠れない人が増えています。とりあえず市販薬で…

  12. 「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活  

    「とりあえず、眠れる薬出しておきましょうか」から始まる眠剤生活|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第8回】

         

    きっかけはかかりつけ医の処方薬最近、寝つきが悪い。寝ても熟睡できない、途中で何度も目が覚める…

  13. 肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】  

    肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

         

    効果は飲み薬と大きな差はない?前回、テープ剤の有効成分は、頭痛・生理痛薬、かぜ薬などに使われ…

  14. 肩こり、腰痛に貼るのは湿布? テープ? あなたはNSAIDsについて知っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第6回】  

    肩こり、腰痛に貼るのは湿布? テープ? あなたはNSAIDsについて知っていますか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第6回】

         

    有効成分は解熱鎮痛剤と同じ肩こり、首こり、腰痛に悩まされる人が激増しています。それと並行して…

  15. 人体にとって異物である薬を消化するために身体が払うコストについて|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第5回】  

    人体にとって異物である薬を消化するために身体が払うコストについて|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第5回】

         

    薬効は、必要なところだけに効いているのではない薬が体内に入ったあと、どのような道をたどるので…

  16. 脂質異常症薬(コレステロール値を下げる薬)ナンバー1「スタチン」の人気と問題点|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第4回】  

    脂質異常症薬(コレステロール値を下げる薬)ナンバー1「スタチン」の人気と問題点|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第4回】

         

    メタボの一角、脂質異常症。ひとたび薬を処方されると「一生のおつきあい」になりかねません。前回、脂質異…

  17. 血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】  

    血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

         

    コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

  18. 下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】  

    下がらない血圧……医者から「もうひとつ、お薬出しておきましょうか」と言われたら|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第2回】

         

    一生飲んでもその病気は「治らない」「血圧、高めですね。お薬を出しておきましょう」と言われ、処…

  19. 薬と「一生のおつきあい」をしてはならない|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第1回】  

    薬と「一生のおつきあい」をしてはならない|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第1回】

         

    私は子どもの頃から頭痛、肩こりがひどく、薬が手放せませんでした。薬は善きもの、痛みは悪しきものでした…

PAGE TOP