新着記事

「桶狭間の戦い」異聞。たったひとりで出陣した信長を追った5人の側近たちの悲しきその後。【麒麟がくる 満喫リポート】

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

大手製薬企業や大学病院が研究開発にチャレンジしては挫折している認知症の薬。しかし、認知症と生活習慣の関係が解明されつつあり、極めて軽症、もの忘れ程度に留めることができる可能性もあることが分かってきたそうです。近畿大学病院 脳卒中センター 大槻俊輔教授に話を聞きました。

認知症はなくならない

――認知症予防、あるいは治療薬が待望されていますが、現状はどうなのでしょうか。

大槻 軽症から重症まで、程度の違いこそあれ、誰もが年齢を重ねると認知症になる可能性があります。しかし、新規の認知症の薬が開発されるには、まだ20年以上かかると考えられています。日本でよく使われているドネペジルという薬も、海外の一部の国では既に保険適応外になっていて、顕著な完治効果は期待できません。

一方、感染症や事故による死亡が減少し、がん死亡も抗がん剤等の治療のめざましい進歩で減少している中、人は長生きできるようになりました。そのため、認知症患者が増えているのも事実です。

本人や家族だけで解決できるものではなく、社会全体として地域で安心して暮らせる環境を整えていく必要があります。

「もの忘れ」程度に留める方法

――認知症になりやすい人、なりにくい人はいるのでしょうか。

大槻 認知症になるのは避けられないとしても、できるだけ症状を抑えて、「もの忘れ」程度に留められる可能性はあります。認知症は、生活習慣病のひとつとして考えられていて、なりやすい人には傾向があるのです。

まず、メタボの人は、認知症になりやすい傾向にあります。認知症は生活習慣病のひとつとして捉えられているのです。肥満、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症の組み合わせです。経済力の有無も影響します。

たとえば、米国には、貧困層にフードチケットという食券を配布している地域がありますが、フードチケットでもらえる食品は、保存可能な冷凍のハンバーグやピザやチキンです。ガスも電気も使うことができず、そもそも料理ができない環境で生活している人が利用できます。すると、野菜やたんぱく質が少ない食事になってしまい、脂質や糖質に偏った生活になってしまいます。やがて、貧困だが肥満になり、やることといえばテレビをぼーっと見るしかなく、身体が不自由になってしまいます。似たような状況が日本でもありうるのです。

その他、物事を考えない、働かない人も認知症になりやすい傾向にあります。

つまり、認知症を予防するには、メタボにならない、日頃から本を読んで物事を考える必要があるのです。

社会のシステムを変えていく

――既に認知症になってしまった人を抱えている人はどうしたらいいのでしょうか。

大槻 救急の現場で見ていると、ご家族はぎりぎりのところで持ちこたえています。精神的に追い詰められているのです。破綻して救急搬送となります。

患者さんを悪化させないためには、優しく、プライドを傷つけないように接する、探し物をしていることを否定しない、「さっき言ったばかりなのに、もう忘れたのか」など責め立てるようなことを言わないようにするのが望ましいのですが、家族には、その余裕がない人も多いでしょう。

患者さんやご家族だけで問題解決するのは不可能なので、社会のシステムが変わっていかねばなりません。徘徊している人を見守ったり、運転できなくなった人には、それをカバーする交通手段を提供したりするということが考えられます。サポカーなども普及していくことが望まれます。社会、技術とソフト面、行政と民間、みんなで力を合わせて解決していきたいと思います。

談/大槻俊輔 先生
近畿大学病院 脳卒中センター 教授。神戸大学医学部卒業初期研修後、大阪大学医学部、米国国立衛生研究所、国立循環器病センター、広島大学病院をへて現職。脳卒中やてんかんなどの神経救急を専門.救急の仕事の厳しさと登山と美術鑑賞、近代史からの学びとの間を逡巡しながら、日々の人生と仕事を精一杯全力かつ謙虚誠実に打ち込んでいる。

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。小学館サライ.jp、文春オンライン、朝日新聞社telling、Sippo、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。

  1. 認知症になるのは不幸なことではない!? いたずらに恐れず認知症と向き合うコツ

    「ボケたくないという病」にならずに認知症と向き合うコツ

  2. 人間丸ごとの問題である認知症を検証|『ボケないヒント 認知症予防、わかってきたことこれからわかること』

    【ボケないヒント】認知症予防、わかってきたことこれからわかること

  3. 認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』

    認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋

  4. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…

    認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

  5. 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったときにとるべき対策とは?|『親の認知症に気づいたら読む本』

    「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったら、まず最初にすべきこと

  6. 認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

    認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

  7. 最適な歩幅は65センチ!認知症予防に「ソーシャル・ウォーキング」のススメ

  8. 認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

  9. 認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方

  10. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ

  11. アルツハイマー病だけじゃない!治せる認知症・治らない認知症【名医に聞く健康の秘訣】

  12. 認知症予防のカギは「生活習慣」が握っていた【予防医療の最前線】

  13. 家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは【予防医療の最前線】

  14. 70代の半数が悩む「老人性難聴」にはどう対策すべきか【名医に聞く健康の秘訣】

  15. どうも話が聞きづらい…と思ったら「老人性難聴」に注意【名医に聞く健康の秘訣】

  16. 認知症への処方箋は「心を優しく包む」こと【名医に聞く健康の秘訣】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 認知症になるのは不幸なことではない!? いたずらに恐れず認知症と向き合うコツ 「ボケたくないという病」にならずに認知症と向き合うコツ
  2. 人間丸ごとの問題である認知症を検証|『ボケないヒント 認知症予防、わかってきたことこれからわかること』 【ボケないヒント】認知症予防、わかってきたことこれからわかること…
  3. 認知症の親との日々のコミュニケーションで疲れ果てないためのコツ|『認知症の親へのイラッとする気持ちがスーッと消える本』 認知症の親へのイラッとする気持ちが消える3つの処方箋
  4. 認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは… 認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処…
  5. 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったときにとるべき対策とは?|『親の認知症に気づいたら読む本』 「もしかしてウチの親は認知症?」と思ったら、まず最初にすべきこと…
PAGE TOP