新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    土佐派中興の祖・土佐光起の画業と「近世やまと絵」の魅力

         

    四季の自然や、そこに生きる人や生き物を優美に描いた日本の伝統的な絵画様式を「やまと絵」といいます。大和絵とも書き、古くは倭絵と記されて、中国伝来の絵画および日本で中国の事物を描いた「唐絵(からえ)」に対する言葉として用いられました。…

  2.  

    宮部みゆき『三鬼』の挿画作家・北村さゆりさんが明かす舞台裏

         

    毎日発行される新聞に掲載される新聞小説。夏目漱石が朝日新聞で数々の作品を発表したように、その…

  3.  

    上村松園の「美人画の精華」を堪能しつくせる展覧会

         

    取材・文/池田充枝女流画家・上村松園(うえむらしょうえん 1875-1949)は、自らと同じ…

  4.  

    徳川将軍家ゆかりの品々が一堂に!「徳川将軍家へようこそ」展 

         

    取材・文/池田充枝関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が、征夷大将軍の宣下を受け、江戸幕府を開いた…

  5.  

    平安時代の高僧「源信」が開けた《死後の世界》を目撃する展覧会

         

    取材・文/藤田麻希今から1000年前に、日本人の死生観に大きな影響を与えた僧が亡くなりました…

  6.  

    春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  7.  

    漱石の心も動かした風景画家・吉田博の回顧展

         

    取材・文/藤田麻希美術に造詣が深く、小説のなかでも美術に関して多く言及している夏目漱石。『三…

  8.  

    懐かしい日本の民家を描きつづけた画家・向井潤吉の回顧展

         

    取材・文/池田充枝向井潤吉(1901-1995)は、10代半ばより京都の関西美術院で洋画を学…

  9.  

    日本における“地獄”のイメージを総覧!『地獄絵ワンダーランド』展

         

    取材・文/藤田麻希いつの世も、人は死に対する不安を抱えています。だからこそ「あの世に…

  10.  

    2020年の東京五輪をいち早く体感!面白スポットが有明にオープン

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)いよいよ3年後に迫った東京2020オリンピック。だが東京…

  11.  

    やきもの勉強会 |古来の名品から「お皿の歴史」を学べる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希普段、食事の際に何気なく使っている、やきものの皿。季節の食材で料理を作り、…

  12.  

    創建1250年の奈良の名刹・西大寺の名宝が一堂に会する展覧会

         

    取材・文/池田充枝奈良・西大寺の創建は天平神護元年(765)。光明皇太后の信任を得て…

  13.  

    新国立劇場オペラ上演全作品を一挙紹介(2017/2018シーズン)

         

    オペラ、バレエ、ダンス、演劇などの現代舞台芸術を発信してきた新国立劇場は、この秋、誕生20周…

  14.  

    古き佳きジャズを洒脱に奏でる『ザ・ホット・サーディンズ』来日公演@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ「現代のニューヨークで、最高のジャズバンドのひとつ」(『フォーブス』)と…

  15.  

    幻の画家『不染鉄』展|不思議な懐かしさを湛えた独創的な日本画の世界

         

    取材・文/藤田麻希大正時代から昭和にかけて活動した、不染鉄(ふせん・てつ)という日本…

  16.  

    大相撲と刀剣に意外な歴史的接点あり!「大相撲と日本刀」展

         

    取材・文/池田充枝国技と言われ、日本の伝統文化の代表格ともいえる相撲。古事記や日本書…

  17.  

    奇想の画家アルチンボルドの摩訶不思議な肖像画を堪能!『アルチンボルド展』

         

    取材・文/藤田麻希16世紀後半に活躍したイタリア出身の画家、ジュゼッペ・アルチンボルド。その…

  18.  

    井伊直虎から直政へ!大河ドラマで話題の「井伊家」の足跡を辿る特別展

         

    取材・文/池田充枝放映中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で注目されている、遠江…

  19.  

    稀代の美術収集家の超一流コレクション!「細川護立と近代の画家たち」展

         

    取材・文/藤田麻希東京都文京区目白台、木々が生い茂る細川家屋敷跡の一角に、『永青文庫…

  20.  

    鍋島焼の歴史を体現する「今右衛門」の名品が勢揃い!『今右衛門の色鍋島』展

         

    取材・文/池田充枝日本の色絵磁器は、江戸時代(17世紀)初頭、佐賀県有田町一帯で創業され、や…

  21.  

    高野山に伝わる至宝の数々を拝観!「空海と高野山の至宝」展

         

    取材・文/池田充枝高野山は、日本における真言密教の祖・弘法大師空海によって、約120…

  22.  

    浮世絵で“水の都”江戸の涼を実感!『大江戸クルージング』展

         

    取材・文/池田充枝徳川家康が未墾の地、江戸に移封されて以降、徳川幕府はさまざまな治水…

  23.  

    超ド級の日本画!異端の画家・川端龍子がめざした健剛なる芸術

         

    取材・文/池田充枝大正から昭和の日本画壇において、既存の概念を打ち破ろうと強靭な意思…

  24.  

    ルネサンス2大巨頭の《素描》が華麗に競演!「レオナルド×ミケランジェロ」展

         

    取材・文/池田充枝14世紀から16世紀にかけて、古代ギリシャ・ローマの古典文芸復興を…

  25.  

    細長すぎる人間像「ジャコメッティ」彫刻作品の魅力ポイント3つ

         

    取材・文/藤田麻希スイスで生まれパリを拠点に活躍した、20世紀を代表する彫刻家アルベルト・ジ…

  26.  

    柳家さん喬がトリで『村正騒動』を口演!「第73回人形町らくだ亭」は8月4日開催

         

    古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」…

  27.  

    水墨画を読み解くキーワードは“風”!「水墨の風 長谷川等伯と雪舟」展

         

    取材・文/池田充枝水墨画は、墨一色の濃淡によって対象を描写する東洋独自の絵画です。中国・唐代…

  28.  

    華麗なる19世紀マイセン磁器の傑作を堪能!「マイセンの美-いとしのフィギュリン、華麗なるセルヴィス-」展

         

    取材・文/池田充枝ヨーロッパで初めて磁器の焼成に成功した「マイセン磁器製作所」は、1710年…

  29.  

    華麗なる世紀末パリを版画で実感!「美しき時代 ベル・エポック展」

         

    取材・文/池田充枝ベル・エポックとは、フランス語で「美しき時代」の意です。ヨーロッパで19世…

  30.  

    大坂の美人を描き続けた画家・北野恒富 の大回顧展「なにわの美人図鑑」展

         

    取材・文/池田充枝金沢に生まれた北野恒富(きたの・つねとみ、1880-1947)が画家を志し…

PAGE TOP