新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    長沢芦雪展|独創的で型破りな作品を生み出した奇想の画家の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希巨大な虎が襖から飛び出すかのように、こちらに向かって足を踏み出します。鋭い目、ピンと張った髭、力のみなぎる前足、くるりと丸まったしっぽ。どこをとっても生き生きとしています。どことなく漂う「猫っぽさ」も愛らし…

  2.  

    祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

         

    文/堀けいこ今年5月に80歳の誕生日を迎えたロン・カーター。最も有名なジャズ・ベーシ…

  3.  

    81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

         

    「左手のピアニスト」として知られる舘野泉(たての・いずみ)さんの81歳のバースデー・コンサー…

  4.  

    日本の文士たちの愛用品を総覧!写真展『文士の逸品 物から物語へ。』

         

    文/編集部『サライ』本誌でも活躍している写真家・高橋昌嗣さんが撮影してきた、文士たち…

  5.  

    遅咲きには理由があった!? 画聖・雪舟は「不器用な画僧」だった

         

    取材・文/田中昭三個人の画家で一番多く国宝に指定されているのは誰か、ご存じだろうか。それは、…

  6.  

    話題の京博『国宝』展で「これだけは見逃せない」必見の作品とは

         

    取材・文/藤田麻希普段、何気なく使っている「国宝」という言葉。文化財保護法では、「重…

  7.  

    洲崎パラダイス 赤信号|場末の特飲街に暮らす浮草のような男女【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  8.  

    文人画の先駆者・柳沢淇園の主要作が約50年ぶりに集う展覧会

         

    取材・文/池田充枝プロの絵師ではなくアマチュアの知識人が余技的に描いた絵画を「文人画」と称し…

  9.  

    発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

         

    取材・文/渡辺倫明かつて存在が認められていた、雪舟(せっしゅう)の幻の一作がついに見つかり、…

  10.  

    千両役者は盆栽狂?江戸で花開いた園芸文化と三代目尾上菊五郎

         

    取材・文/池田充枝江戸時代は、大名から町人まで幅広い層の人々が植物に関心を寄せ、園芸文化が花…

  11.  

    大盛況!あべのハルカス『北斎』展で北斎の肉筆画に心ふるえる

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)10月6日、大阪・あべのハルカス美術館で開幕した大英博物館…

  12.  

    明治以来の精神を継ぐ「驚異の超絶技巧」工芸品の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希政治や経済だけでなく、美術の世界にも及んだ明治維新の影響。とくに工…

  13.  

    史上最大の「運慶」展で天才仏師の造形の粋を堪能する

         

    取材・文/藤田麻希日本美術史上、最も著名な仏師と言っても過言ではない運慶。修学旅行の定番、奈…

  14.  

    大藩62万石を築いた戦国の英雄・伊達政宗のすべてに迫る展覧会

         

    取材・文/池田充枝独眼竜の名で知られる戦国武将、伊達政宗(だて・まさむね)は、永禄10年(1…

  15.  

    狩野派の画風をつくった絵師・狩野元信の代表作が一堂に集結!

         

    取材・文/藤田麻希室町時代から幕末まで、約400年にわたって画壇の中心に君臨し続けた…

  16.  

    飢餓海峡|洞爺丸沈没を背景に描く社会派ミステリー【サライ名画館】

         

    東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご…

  17.  

    稀代の浮世絵師・葛飾北斎の大規模な展覧会『北斎-富士を超えて-』【ご招待あり】

         

    取材・文/池田充枝世界に知られる浮世絵師、葛飾北斎(かつしか・ほくさい)が生まれたの…

  18.  

    白寿の画家・堀文子さんの展覧会『堀文子展 ~生命を描く~』

         

    取材・文/池田充枝日本画家の堀文子さんは1918年7月2日生まれ。白寿(99歳)を迎…

  19.  

    慈愛の人「良寛」の純真で高貴な書に癒される展覧会

         

    取材・文/池田充枝能書家として名高い江戸期の僧・良寛(りょうかん、1758-1831)は、越…

  20.  

    五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

         

    取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木…

  21.  

    五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

         

    文/編集部古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会…

  22.  

    史上空前!東京国立博物館「運慶展」見に行く際のただ一つの心得とは

         

    取材・文/小坂眞吾(『サライ』編集長)いよいよ本日(9月26日)から、興福寺中金堂再…

  23.  

    絵師・鈴木春信の傑作浮世絵の数々が米ボストンから里帰り中

         

    取材・文/藤田麻希「浮世絵」と聞くとカラフルな木版画をイメージする方が多いかもしれませんが、…

  24.  

    新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

         

    スタート間近の新国立劇場2017/2018シーズン オペラ公演。その幕開けを飾るのは、10月…

  25.  

    ネルソンス指揮ボストン響の来日公演@サントリーホール【ご招待あり】

         

    文/編集部開館30周年を期に実施されていた大規模改修が完了し、新たな幕開けを迎えたば…

  26.  

    東郷青児展|日本女性のイメージ変えた優美でモダンな美人画たち

         

    今年で生誕120年を迎える洋画家・東郷青児(1897-1978)は、幾何学的な構成と抒情性を統合した…

  27.  

    天忠組シンポジウム in 東京|幕末の若き志士たちの熱き想いに触れる

         

    幕末の動乱期に、大和の地において新時代を切り開こうと命をかけた若き志士たちがいたことを、ご存…

  28.  

    落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名

         

    今秋、大名跡「桂三木助」が復活する。三代目桂三木助の孫が五代目を襲名するのだ。三代目の祖父は…

  29.  

    喜多川歌麿の大作「深川の雪」と「吉原の花」が138年ぶり夢の再会

         

    取材・文/藤田麻希喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ)といえば、女性の身分や微妙な表情の変化をも…

  30.  

    特別展「運慶」閉館後の会場にサライ読者100名を特別招待

         

    ■秋の一夜、天才仏師の偉業をゆったり鑑賞史上最も著名な仏師といわれる運慶。その傑作が多数集結する…

PAGE TOP