新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    桃山を生きた画の巨人!絵師「海北友松」の史上最大規模の回顧展

         

    取材・文/藤田麻希桃山時代に活躍した絵師、海北友松(かいほう・ゆうしょう)。でも、その名を聞いて頭に具体的な作品のイメージを思い浮かべられる人は、少ないかもしれません。日本美術史の教科書では、必ずといっていいほど言及…

  2.  

    水洗いできる天然素材の清涼スーツ「モンスーン」の着心地を体験できるイベントが東京駅で開催

         

    夏日、真夏日、猛暑日――。今年の夏は、こうした言葉を何度、耳にすることになるのだろう。ちなみ…

  3.  

    日本とフランス超絶技巧の美しき競演!「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展

         

    取材・文/池田充枝日本には古来、超絶技巧の工芸作品が数多くあります。金襴を惜しげもなく使った…

  4.  

    水しぶきまで躍動!奇想の画僧・雪村のダイナミックな画境を味わう展覧会『雪村―奇想の誕生―』

         

    取材・文/藤田麻希雪村(せっそん)という画僧をご存知でしょうか。戦国時代に関東地方を…

  5.  

    衝撃の世界デビューは83歳!ニューヨークの素顔を撮った求道の写真家ソール・ライター展

         

    取材・文/池田充枝2006年、ドイツのシュタイデル社から『Early Color』という一冊…

  6.  

    名にし負う茶碗・茶道具がずらり!「特別展 茶の湯」これだけは見たい名碗3選

         

    取材・文/藤田麻希ご飯をよそう器を「茶碗」と呼び、旅館では懐石料理を食べるなど、私たちは知ら…

  7.  

    熱烈な絵巻愛好家=絵巻マニアの系譜で見るユニークな絵巻展「絵巻マニア列伝」

         

    取材・文/藤田麻希長く継いだ紙や絹に描かれた絵画を、鑑賞者が自由に広げ、巻きとりなが…

  8.  

    ワーグナーの超大作に挑むプロジェクト第3弾!新国立劇場で『ジークフリート』が公演

         

    「大作」という語には、規模の大きな作品であるという意味と同時に、すぐれて立派な作品、傑作、の…

  9.  

    藤田嗣治のコレクションは欧州随一!フランス絵画の歴史みはるかす「ランス美術館」展

         

    パリの東北東約150kmに位置するランス市は、シャンパーニュ地方の中心都市です。シャンパンの唯一の醸…

  10.  

    現代人の共感を呼ぶ「面白すぎる浮世絵師」歌川国芳の一味違う展覧会『歌川国芳 21世紀の絵画力』

         

    取材・文/藤田麻希近年、つとに注目を集め、毎年どこかで展覧会が開催されているといっても過言で…

  11.  

    執拗なまでの細密な描写に唖然!ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」とボイマンス美術館所蔵の名品展

         

    旧約聖書の「創世記」に登場する「バベルの塔」の物語は、「世界中が同じ言葉を使って話をしていた…

  12.  

    時代を映し出す鏡!1400年におよぶ「瓦」の歴史を一望する「瓦万華鏡」展

         

    今では一般に広く普及している建築素材である瓦(かわら)ですが、一般家庭や店舗などに使われるよ…

  13.  

    響き合う文字と絵の世界!日本古来のビジュアルブック「挿絵本の楽しみ」展

         

    私たちは昔からさまざまな方法で、情報の伝達をしてきました。最も有効だった方法は「書物」による…

  14.  

    モーツァルトによる不朽の名作!オペラ『フィガロの結婚』が新国立劇場で上演

         

    「フィガロの結婚」は、偉大なる作曲家モーツァルトのオペラの代表作。不朽の名作と讃えられるよう…

  15.  

    愉しきジャズ・ライブの集いに90名様ご招待!アウスレーゼ×サライ「一期一会~生ジャズの夕べ」@東京&大阪

         

    文/編集部『サライ』では、本誌5月号の特集「57歳からの友だちづくり」と連動したイベ…

  16.  

    謎に包まれた偉大な鎌倉仏師の全貌に迫る!「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」展

         

    鎌倉彫刻様式の完成に重要な役割を果たした人物として、運慶と並び称されてきた仏師・快慶。運慶が出自や工…

  17.  

    ついにラストステージへ!名歌手ヘレン・メリルの「さよならコンサート」@ブルーノート東京

         

    不朽の名盤として音楽ファンに愛され続けるアルバムがある。1954年にニューヨークのスタジオで…

  18.  

    仏師の気迫がこもる鑿跡の美しさ!日本の木彫仏1000年の歴史を辿る「木×仏像-飛鳥仏から円空へ」展

         

    日本人は古来、樹木に対して畏敬の念をもって見上げてきました。先ごろ造替のなった出雲大社の心御柱(しん…

  19.  

    伊万里の「秘窯の里」で実現した食と芸術の見事な融合!「EAT & ART in 伊万里」@大川内山

         

    佐賀県伊万里市、大川内山(おおかわちやま)。江戸時代、日本で唯一の磁器生産地を持った鍋島藩は…

  20.  

    圧倒的なエネルギーを秘めた色彩の奔流!最大級の個展「草間彌生 わが永遠の魂」展

         

    取材・文/藤田麻希前衛芸術家、草間彌生(くさま・やよい)。昨年の文化勲章受章のニュー…

  21.  

    超大作《スラヴ叙事詩》全20点の巨大な世界に圧倒される!「ミュシャ展」

         

    取材・文/藤田麻希アルフォンス・ミュシャの作品といえば、女性を装飾的な模様と共に描い…

  22.  

    稀少な「高麗仏画」の優品をまとめて拝見できる!「高麗仏画 香りたつ装飾美」展

         

    取材・文/藤田麻希朝鮮半島で470年間続いた高麗王朝時代は、仏教が国教と定められ、仏教文化が…

  23.  

    美しくも妖しきベルギーの「奇想の画家」の傑作が勢揃い!「ベルギー 奇想の系譜」展

         

    取材・文/池田充枝18世紀にかけて、自然科学の発達とともに啓蒙思想がヨーロッパを席巻…

  24.  

    圧倒的迫力でヨーロッパ絵画の歴史を一望!ロシアの至宝「大エルミタージュ美術館」展

         

    取材・文/池田充枝1712年から1914年のロシア革命まで、帝政ロシアの都として栄えたサンク…

  25.  

    春の季節にふさわしい華やかな万能ワイン!シャトー・メルシャンの「ロゼワイン」4種飲み比べてみた

         

    取材・文/編集部いま海外のワイナリーやワイン愛好家が注目しているワインのカテゴリーと…

  26.  

    世界が認めたおそるべき画力!世界屈指の「河鍋暁斎コレクション」が英国から東京・渋谷に里帰り中

         

    幕末から明治時代にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべきょうさい/1831~89)は、日本…

  27.  

    初摺(しょずり)ならではの濃密な色彩に感動!至高の浮世絵を堪能できる「広重ビビッド」展 

         

    浮世絵は、絵師が描いた下絵をもとに、彫師が版木に図柄を彫り、摺師が版木をもとに色付けして完成する分業…

  28.  

    これが幕末男たちの面構え!日本写真史の夜明けを貴重な写真でひもとく展覧会

         

    1839年、フランス人のダゲールが銀板を用いた初の写真法を発表。そのわずか4年後には、オラン…

  29.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  30.  

    兵庫県を代表する二大名窯の名品が集結!「丹波焼と三田焼の粋を集めて」展

         

    平安末期(12世紀後半)に丹波国(現・篠山市今田)で創製された丹波焼。当初は壺・甕(かめ)・…

PAGE TOP