新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    華麗なる世紀末パリを版画で実感!「美しき時代 ベル・エポック展」

         

    取材・文/池田充枝ベル・エポックとは、フランス語で「美しき時代」の意です。ヨーロッパで19世紀末から20世紀初頭、第一次世界大戦が始まるまでの、資本主義の発達のもとで大衆文化が花開き繁栄した時代のことを、大戦後に「古き良き時代」と言…

  2.  

    大坂の美人を描き続けた画家・北野恒富 の大回顧展「なにわの美人図鑑」展

         

    取材・文/池田充枝金沢に生まれた北野恒富(きたの・つねとみ、1880-1947)が画家を志し…

  3.  

    写真よりリアル!江戸時代の動植物図譜が集結「江戸の生きもの図鑑 -みつめる科学の眼-」展

         

    取材・文/池田充枝植物や動物などの自然物を観察し、その種類や性質・産地などを分類して…

  4.  

    ワインの健康診断!ペンフォールズの「リコルキング・クリニック」が東京で開催

         

    ワインを長期保存していると、コルク栓の影響によって品質の劣化や目減りといった現象が発生するこ…

  5.  

    漆工芸の極致!中世の「手箱」の名品が集結「神の宝の玉手箱」展

         

    取材・文/池田充枝今も昔も、きらびやかで美しい箱は、人々を惹きつけてやみません。内容…

  6.  

    誕生まもない江戸の伊万里焼を堪能する!「17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展」

         

    取材・文/池田充枝17世紀から作られるようになった「伊万里焼」は、佐賀県有田地方で産…

  7.  

    日本の美意識の粋「料紙」で見る名筆の数々「はじめての古美術鑑賞 -紙の装飾-」展

         

    取材・文/池田充枝料紙(りょうし)とは、一般に書に用いる紙をさします。日本では原料に…

  8.  

    「はらぺこあおむし」絵本作家の意外なルーツ!『エリック・カール展』の見どころ

         

    取材・文/藤田麻希絵本作家エリック・カールの『はらぺこあおむし』といえば、世界中の子…

  9.  

    明治の洋画家・浅井忠が京都に遺したものとは?「浅井忠の京都遺産」展

         

    取材・文/池田充枝日本洋画壇の先覚者として知られる明治期の代表的洋画家、浅井忠(あさ…

  10.  

    江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

         

    取材・文/池田充枝戦前の三大コレクションとして著名な「松方コレクション」「斎藤コレクション」…

  11.  

    【プレゼント】健康長寿で注目!ハトムギ生まれの「はとむぎ化粧品」4種

         

    中国南部からインドシナ半島にかけてを原産地とし、中国~東南アジアでは古くから栽培されてきたハ…

  12.  

    【イベント】話題の健康飲料「獺祭ライスミルク」の腸活セミナー@日本橋三越本店

         

    最近話題の「ライスミルク」を、ご存じでしょうか?ライスミルクとは、牛乳、豆乳に次ぐ、…

  13.  

    気迫あふれるムナカタワールドを満喫!「棟方志功展―肉筆画と板画の世界―」

         

    明治36(1903)年9月5日、青森市で鍛冶職人の家に生まれた棟方志功(むなかた・しこう)は…

  14.  

    【浮世絵】知られざる「北斎の東海道五十三次」が集結!展覧会「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」

         

    取材・文/藤田麻希徳川家康が五街道の一つとして最初に整備した東海道は、江戸と天皇の住…

  15.  

    今年も「あなたの言葉を辞書に載せよう by 大辞泉」の募集開始

         

    日本語の言葉の意味や使い方は時代とともに日々進化し、変化していきます。その点に着目し、年代、…

  16.  

    蒔絵工芸の繊細な技を単眼鏡でじっくり観賞できる!「MAKI-E 蒔絵・美の万華鏡」展

         

    取材・文/池田充枝蒔絵(まきえ)は、漆工芸の装飾法の一種で、器物の表面に漆で文様を描…

  17.  

    江戸時代の茶の湯の美意識を堪能!「茶の湯のうつわ-和漢の世界」展

         

    取材・文/池田充枝桃山時代、千利休により侘び茶が確立すると、中国から渡ってきた「唐物…

  18.  

    静謐なギター&ヴォーカルで映画音楽を堪能!ビル・フリゼール来日公演@ブルーノート東京

         

    ギタリストのビル・フリゼールは、1970年代にジャズシーンに登場し、1983年のアルバム・デ…

  19.  

    桃山を生きた画の巨人!絵師「海北友松」の史上最大規模の回顧展

         

    取材・文/藤田麻希桃山時代に活躍した絵師、海北友松(かいほう・ゆうしょう)。でも、そ…

  20.  

    水洗いできる天然素材の清涼スーツ「モンスーン」の着心地を体験できるイベントが東京駅で開催

         

    夏日、真夏日、猛暑日――。今年の夏は、こうした言葉を何度、耳にすることになるのだろう。ちなみ…

  21.  

    日本とフランス超絶技巧の美しき競演!「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展

         

    取材・文/池田充枝日本には古来、超絶技巧の工芸作品が数多くあります。金襴を惜しげもなく使った…

  22.  

    水しぶきまで躍動!奇想の画僧・雪村のダイナミックな画境を味わう展覧会『雪村―奇想の誕生―』

         

    取材・文/藤田麻希雪村(せっそん)という画僧をご存知でしょうか。戦国時代に関東地方を…

  23.  

    衝撃の世界デビューは83歳!ニューヨークの素顔を撮った求道の写真家ソール・ライター展

         

    取材・文/池田充枝2006年、ドイツのシュタイデル社から『Early Color』という一冊…

  24.  

    名にし負う茶碗・茶道具がずらり!「特別展 茶の湯」これだけは見たい名碗3選

         

    取材・文/藤田麻希ご飯をよそう器を「茶碗」と呼び、旅館では懐石料理を食べるなど、私たちは知ら…

  25.  

    熱烈な絵巻愛好家=絵巻マニアの系譜で見るユニークな絵巻展「絵巻マニア列伝」

         

    取材・文/藤田麻希長く継いだ紙や絹に描かれた絵画を、鑑賞者が自由に広げ、巻きとりなが…

  26.  

    ワーグナーの超大作に挑むプロジェクト第3弾!新国立劇場で『ジークフリート』が公演

         

    「大作」という語には、規模の大きな作品であるという意味と同時に、すぐれて立派な作品、傑作、の…

  27.  

    藤田嗣治のコレクションは欧州随一!フランス絵画の歴史みはるかす「ランス美術館」展

         

    パリの東北東約150kmに位置するランス市は、シャンパーニュ地方の中心都市です。シャンパンの唯一の醸…

  28.  

    現代人の共感を呼ぶ「面白すぎる浮世絵師」歌川国芳の一味違う展覧会『歌川国芳 21世紀の絵画力』

         

    取材・文/藤田麻希近年、つとに注目を集め、毎年どこかで展覧会が開催されているといっても過言で…

  29.  

    執拗なまでの細密な描写に唖然!ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」とボイマンス美術館所蔵の名品展

         

    旧約聖書の「創世記」に登場する「バベルの塔」の物語は、「世界中が同じ言葉を使って話をしていた…

  30.  

    時代を映し出す鏡!1400年におよぶ「瓦」の歴史を一望する「瓦万華鏡」展

         

    今では一般に広く普及している建築素材である瓦(かわら)ですが、一般家庭や店舗などに使われるよ…

PAGE TOP