新着記事

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発など、社会のあり方や世相…

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

仕事の成果を得るにはチームのメンバーが鍵を握っている。優秀なメンバーが集まれば、それだけで成…

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

文/藤原邦康艶やかで若い声を保つためには喉のコンディションを整えることが大切です。私…

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

130万人以上の動員を記録した第46回東京モーターショー2019も終了し、クルマロス!? になってい…

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

みなさんの周りにも仕事ができる、かっこいい上司や同僚がいると思います。そういった“できる男”…

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

肩こり、腰痛にテープ剤と飲み薬。どちらが効果的なのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第7回】

効果は飲み薬と大きな差はない?前回、テープ剤の有効成分は、頭痛・生理痛薬、かぜ薬などに使われ…

鴨鍋

一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦と鴨鍋を銀座で味わい尽くす[PR]

創業110余年日本橋で人気の蕎麦の名店が銀座で旨さを極める師走になると無性に蕎麦が恋しくなる。熱…

ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

文/池上信次クリスマス・ソングは、本来の意味を考えれば「季節限定」楽曲なのですが、優れたジャ…

「人間のできることの容量」は決まっている。【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

「人間のできることの容量」は決まっている。そう思っていれば人間関係はうまくいきます【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

日本の児童精神科医学のパイオニア・佐々木正美先生。半世紀以上にわたり、子どもの育ちを見続けながら子育…

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

私のお気に入り

  1.  

    料理家・宮川順子さんのレシピエッセイ『料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由』

         

     【私のお気に入り~第104回】料理家・宮川順子さんのレシピエッセイ『料理嫌いだった私が「365日×15年」毎日台所に立ち続けた理由』 この本は料理本ではありますが、正確にいえば料理の哲学書です。「人間のからだはすべて食べたものだけでできて…

  2.  

    神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第115回】神楽坂『東白庵かりべ』のムースのような「そばがき」 「そばがき」は「蕎…

  3.  

    東京・南青山『ローブリュー』の温製ポワローのヴィネグレットソース

         

    【ひと皿の歳時記~第114回】東京・南青山『ローブリュー』の温製ポワローのヴィネグレットソー…

  4.  

    今が旬真っ盛り! 鳥取『かに吉』の松葉蟹づくし料理

         

    【ひと皿の歳時記~第113回】今が旬真っ盛り! 鳥取『かに吉』の松葉蟹づくし料理顔つきは獰猛な深海の…

  5.  

    東京・京橋の洋食店『サカキ』の絶品カキフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第112回】東京・京橋の洋食店『サカキ』のカキフライディナーはフランス料理ですが、…

  6.  

    京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し

         

    【ひと皿の歳時記~第111回】京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し京料理の冬の名物と言えば、一番に指を折るの…

  7.  

    東京・根津「釜竹」の釜揚げうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第110回】東京・根津「釜竹」の釜揚げうどんいまから20年ほど前、大阪の羽曳野市に…

  8.  

    香川県高松『さか枝』のうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第109回】香川県高松『さか枝』のうどん『さか枝』(さかえだ)は、セルフサービスの…

  9.  

    東京・西麻布『香宮』の上海蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第108回】東京・西麻布『香宮』の上海蟹上海蟹の紹興酒漬け(酔っ払い蟹)。上海蟹の…

  10.  

    東京・日本橋『たいめいけん』のラーメン

         

    【ひと皿の歳時記~第107回】東京・日本橋『たいめいけん』のラーメンラーメンの恋しい季節となりました…

  11.  

    横浜『はま田』の「こはだ 」の握り

         

    【ひと皿の歳時記~第106回】横浜『はま田』の「こはだ」の握り 横浜で真っ当な「江戸前」の握りずしが…

  12.  

    東京・西麻布『マルゴット・エ・バッチャーレ』の白トリュフディナー

         

    【ひと皿の歳時記~第105回】東京・西麻布『マルゴット・エ・バッチャーレ』の白トリュフディナースライ…

  13.  

    福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜

         

    【ひと皿の歳時記~第104回】福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜オーナーシェ…

  14.  

    イタリア・モデナ『オステリア・フランチャスカーナ』の「ニューヨークの秋」

         

    【ひと皿の歳時記~第103回】イタリア・モデナ『オステリア・フランチャスカーナ』の「ニューヨークの秋…

  15.  

    ベルギー・ブルージュの名店『ヘルトン・ヤン』の「collection tomates 2015」

         

    【ひと皿の歳時記~第102回】ベルギー・ブルージュの名店『ヘルトン・ヤン』の「collection …

  16.  

    富山『レヴォ』の世界最先端料理

         

    【ひと皿の歳時記~第101回】富山『レヴォ』の世界最先端料理関西出身の若きシェフの谷口さん。今回紹介…

  17.  

    富山『海老亭別館』の新米の御飯

         

    【ひと皿の歳時記~第100回】富山『海老亭別館』の新米の御飯新米のコシヒカリを羽釜で炊いた、つやつや…

  18.  

    東京・福住『みかわ是山居』の才巻海老の天丼

         

    【ひと皿の歳時記~第99回】東京・福住『みかわ是山居』の才巻海老の天丼才巻海老(さいまきえび)は、車…

  19.  

    京都『浜作』の鯛丼

         

    【ひと皿の歳時記~第98回】京都『浜作』の鯛丼ようやく秋めいて、鯛の季節となりました。京都の板前割烹…

  20.  

    銀座『すきやばし次郎』の「しんいか」の握り

         

    【ひと皿の歳時記~第97回】銀座『すきやばし次郎』の「しんいか」の握り肉質が柔らかな、すみいかの子供…

  21.  

    御徒町『ぽん多本家』の穴子のフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第96回】御徒町『ぽん多本家』の穴子のフライ『ぽん多本家』の「穴子のフライ」「カツ…

  22.  

    元麻布『かんだ』の「鱧と松茸」

         

    【ひと皿の歳時記~第95回】元麻布『かんだ』の「鱧と松茸」日本料理は食材の旬を見極めて調理することに…

  23.  

    上海『青木』のあじの握り

         

    【ひと皿の歳時記~第94回】上海『青木』のあじの握り日本料理ブームに乗って、中国での日本料理のレベル…

  24.  

    銀座『イル・リストランテ ルカ・ファンティン』の 「カルナローリ米のリゾット 鰻 万願寺とうがらし」

         

    【ひと皿の歳時記~第93回】銀座『イル・リストランテ ルカ・ファンティン』の「カルナローリ米のリゾッ…

  25.  

    六本木『龍吟』の「冷製とうもろこしの茶碗蒸し」

         

    【ひと皿の歳時記~第92回】六本木『龍吟』の「冷製とうもろこしの茶碗蒸し」日本料理の夏は、鮎に始まり…

  26.  

    浅草「駒形どぜう」の「まるなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第91回】浅草「駒形どぜう」の「まるなべ」鍋物は冬ならではの料理と思われがちですが…

  27.  

    三田「コートドール」の「梅干しと青じそのスープ」

         

    【ひと皿の歳時記~第90回】三田「コートドール」の「梅干しと青じそのスープ」日本生まれでありながら、…

  28.  

    延岡「ビストロ ル セルドール」の鮎のリングイネ

         

    【ひと皿の歳時記~第89回】延岡「ビストロ ル セルドール」の鮎のリングイネ今年また、東京・銀座「F…

  29.  

    八丁堀「シック プッテートル」のアオリイカのティエド

         

    【ひと皿の歳時記~第88回】八丁堀「シック プッテートル」のアオリイカのティエドティエドとは、熱くも…

  30.  

    御殿山「カンテサンス」の稚鮎とアーティチョーク

         

    【ひと皿の歳時記~第87回】御殿山「カンテサンス」の稚鮎とアーティチョーク季節柄、あちこちの店で「鮎…

PAGE TOP