新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

東京・根津「釜竹」の釜揚げうどん

【ひと皿の歳時記~第110回】

東京・根津「釜竹」の釜揚げうどん

釜竹2_s

いまから20年ほど前、大阪の羽曳野市にある「釜竹」(かまちく)でうどんを食べ、その美味しさに仰天しました。細ざるの冷たいうどんは艶やかで、食べると小麦の味がしたのです。また、「麺前」(うどんの前にいただくおつまみ)で、うるめ鰯と山形の銘酒『十四代』を合わせると、見事な相性を見せ、つまみと清酒のマリアージュを初めて経験したのでした。

釜竹5_s

その「釜竹」が東京・根津に進出したのが10年ほど前、息子さんがひとりでうどんを打つ店を出しました。そして、わざわざ羽曳野まで出かけなくともよくなりました。

寒い季節には釜揚げうどんが欠かせません。冷たい細ざるをいただいた後、熱々のうどんを食べるとお腹がいっぱいになりますが、何とも幸せな気分になります。もちろん「麺前」もいただきますよ。

釜竹1_s

釜竹3_s

釜竹4_s

つまみも酒も勢揃いしていますから。この日は、「王禄」ではじめ、「磯自慢」を飲み「十四代」で締めました。

 

店舗情報

店名 根津釜竹
住所 東京都文京区根津2-14-18
TEL 03-5815-4675
営業時間 【火〜土】11時半〜14時半(ラストオーダー14時)/17時半〜21時(ラストオーダー20時半【日】11時半〜14時半(ラストオーダー14時) ★夜は休み
【祝】(日・月の場合には、各曜日の営業内容となります)11時半〜14時半(ラストオーダー14時)/17時半〜ラストオーダー20時
(ただし、うどんが無くなり次第閉店)
定休日 日曜日の夜、月曜日定休
URL http://kamachiku.com/

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと…
  2. 大人のグランメゾン『アピシウス』で小鴨料理に舌鼓 【新ひと皿の歳…
  3. 東京・初台『Anis』の肉料理が堪らない【新ひと皿の歳時記18】…
  4. 東京・神宮前『傳』の自由自在な新しい日本料理【新ひと皿の歳時記1…
  5. 街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新…
PAGE TOP