新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

美味

店主が納得できる肉が入らない日は休業となる荻窪『たつみ亭』のとんかつ

【私のお気に入り~第109回】

東京・荻窪のとんかつ店『たつみ亭』

 

たつみ亭;玄関

東京・荻窪にあるとんかつの名店『たつみ亭』の外観。

西荻窪に住んで25年にもなりますが、この店を地元の人に教えられて行きつけになったのが10年前ほど。子供のころから「とんかつ少年」だった私としては、誠にうかつなことで、「灯台下暗し」とはまさにこのことですね。

以来、通い詰めて一番食べているのが、ランチの「とんかつ定食」1000円です。同店の通常の「とんかつ」と肉質はほとんど変わらず、揚げ切りが良くてサクサクと音を立てます。衣がきめ細かく、食パンを店で寝かせてからパン粉にするそうです。店の入り口にガラス張りの冷蔵庫があり、そこに食パンがいくつも並んでいて、初めは「カツサンド」用かと思ったのですが、パン粉用の食パンでした。

回転2b44dd6c3284fe0f15aa03cb8f6cb623-605x454

揚げ切りが良く、衣がきめ細かな『たつみ亭』の「とんかつ」。

「とんかつ」は御飯と味噌汁がとても大切です。新潟出身のご主人なので、御飯にもとても気を遣っています。味噌汁も、作りっぱなしにするのではなく、そのつど味噌を溶いて仕上げるので、いつも味噌に加え、葱と大葉の香り高い味噌汁がいただけます。

たつみ亭;ごはん

味噌汁は注文を受けてから味噌を溶いて仕上げる。

たつみ亭;串カツ

切った断面が美しい「串カツ」。

他にもいろいろメニューがあり、ほとんどいただいているのですが、串カツはぜひ味わっていただきたいメニューのひとつです。そう、ポテトサラダも出色です。

そして、一番のお薦めが「上とんかつ」2950円です。20分以上かけて揚げる約300gの特大のとんかつで、肉のうまみが存分に感じられ、「とんかつ」の醍醐味が味わえます。一人で召し上がっている方も見かけますが、二人で食べるに充分なボリュームがあります。

定休日は、「いい肉が入らなかった日」なので、不定休です。

【たつみ亭】
住所/杉並区上荻1-10-4
電話/03-3391-7812
営業時間/11:30~14:30 17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
定休日/不定休

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界一のチョコレートケーキ!京橋『イデミスギノ』(HIDEMI …
  2. まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山…
  3. とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山…
  4. 並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【…
  5. 名店の味を継承!日本橋人形町『そよいち』のビーフかつれつ【山本益…
PAGE TOP