サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第108回】

東京・西麻布『香宮』の上海蟹

香宮1
上海蟹の紹興酒漬け(酔っ払い蟹)。

上海蟹のシーズン真っ盛りです。そのフルコースを楽しみに東京・西麻布にある『香宮』(シャングウ)へ出かけました。

香宮2
上海蟹味噌入りフカヒレの姿煮込み。

前菜は豚、鴨、ほろほろ鶏の焼き物、続いて「上海蟹の紹興酒漬け(酔っ払い蟹)」「上海蟹と白子入り柚子釜焼き」「上海蟹コンソメ入り小籠包」「上海蟹味噌入りフカヒレの姿煮込み」。さらに「上海蟹の姿蒸し」「ツブ貝と赤ハタの炒め」「上海蟹味噌を使った麺」、そして季節のデザートと小菓子という、上海蟹のオンパレード。

香宮3
上海蟹の姿蒸し。

香宮4
上海蟹入りの麺。

上質の上海蟹を選び、どれもほどよく的確に調理してあります。とりわけ印象に残っているのは「紹興酒漬け」と「柚子釜」と「フカヒレ姿煮込み」。

シェフの篠原さんはまだ30代半ば。上海蟹のシーズン以外でも出かけたくなるような料理の数々でした。

 

店舗情報

店名 海鮮名菜 香宮(シャングウ)
住所 東京都港区西麻布1-4-44  シグマ西麻布II 1F(星条旗通り沿い)
TEL 03-3478-6811
営業時間 ランチ 11:30~14:00(ラストオーダー)
ディナー 17:30~22:00(ラストオーダー)
定休日 日曜
URL http://www.shangu.jp/

 

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア