サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第111回】

京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し

下鴨茶寮;かぶら蒸し_s

京料理の冬の名物と言えば、一番に指を折るのが「かぶら蒸し」です。

かぶら(蕪)を摺りおろし、白身のぐじ(甘鯛)を包んで蒸し揚げ、それにお出汁を添えた極めてシンプルなご馳走です。

京都の老舗『下鴨茶寮』の冬の献立に欠かせない一品で、底冷えのする冬の京都で、この「かぶら蒸し」をいただくと、たちまち身体が温まってきます。

私がのれんをくぐった日、「かぶら蒸し」の後に出てきたのが、「鯛のお造り」でした。

下鴨茶寮;鯛造り_s

刺身にされた鯛をよく見ると包丁の「冴え」がうかがわれ、その身の切り口が艶っぽく輝やいています。何もつけずに口に運ぶと、鯛の香りと優しい甘みが感じられ、箸先に醤油をちょいとつけてから口に含むと、鯛の旨味がぐっと増した感じがしました。一度、命を落とした鯛が、今一度その命を吹き返した瞬間でもありました。

 

店舗情報

店名 下鴨茶寮
住所 京都市左京区下鴨宮河町62
TEL 075-701-5185
営業時間 昼 11:00~15:00(14:00 L.O.)
夜 17:00~21:00(20:00 L.O.)
定休日 毎週木曜日
URL http://www.shimogamosaryo.co.jp/

 

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア