新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の能面と能装束》

取材・文/池田充枝

日光作「翁」〔室町時代 金剛家蔵〕

能の舞台に用いられる仮面が能面(のうめん)ですが、能の世界では特に「面(おもて)」と呼んでいます。その種類は200種を超えるともいわれますが、大きくは「翁面(おきなめん)」「尉面(じょうめん)」「女面」「男面」「鬼神面」に分けられます。

「翁面」は、天下泰平・五穀豊穣・子孫繁栄を祈祷(きとう)し言祝(ことほ)ぐ宗教儀式的な性格を有します。それに対し「尉面」をはじめ「女面」「男面」「鬼神面」は、それぞれが能で演じる役柄を表現します。

「尉面」は神の化身役、あるいは老人役の面。悪尉面は鬼神面の一種で、すこぶる強いというような意味で、強い老体の鬼神といえます。「女面」は女性を表した面ですが、貴族の女性が基本となっていて、小面、孫次郎、増女(ぞうおんな)、十寸神(ますかみ)、曲見(しゃくみ)、姥というように年齢と役柄に応じた種類があります。

「男面」も年齢に沿った様々な面があります。女面と同じく貴族が基本となっていますが、武将の猛々しさが加わります。そして「鬼神面」は、鬼や荒ぶる神などの面です。

赤鶴作「般若」〔室町時代 金剛家蔵〕

一方、能の舞台で役者が纏う「能装束」の種類としては、唐風な織物の「唐織(からおり)」、堅い厚地の織物の「厚板(あついた)」、女性に用いる小袖の一種「縫箔(ぬいはく)」、公家の略服とされる「狩衣(かりぎぬ)」、武装の簡単な甲冑姿を表す「側次(そばつぎ)」、女性が羽織って着る「長絹(ちょうけん)」などがあります。

日光作「翁」〔室町時代 金剛家蔵〕

そんな能面や能装束の優品を一挙に拝見できる展覧会《特別展 金剛宗家の能面と能装束》が、東京・日本橋の三井記念美術館で開かれています(~9月2日まで)。

本展では、能楽シテ方五流派のひとつ、京都の金剛流宗家に代々伝わる伝来品に、近年蒐集された能面・能装束も加えて出品されます。なかでも豊臣秀吉が愛蔵したという「雪の小面」と、当館所蔵の「花の小面」(重要文化財)が一緒に展示され、雪と花の「小面」が時空を超えて再会するのが見ものです。

龍右衛門作「雪の小面」〔室町時代 金剛家蔵〕

本展の見どころを、三井記念美術館の学芸部長、清水実さんにうかがいました。

「金剛流は、中世に遡る大和猿楽四座の一つ「坂戸(さかど)金剛」に源を発する長い歴史がありますが、坂戸金剛家23世の金剛右京(氏慧・うじやす)が、跡継ぎがなく、伝家の能面54面を三井家の三井八郎右衛門(高公)に譲り、昭和11年に金剛宗家の絶家を遺言して没したといいます。しかし、能楽界の要請と推薦により、翌昭和12年に、京都で活躍していた「野村金剛家」から金剛巖(初世)を家元にたてることで金剛流が継承されました。現在は、金剛永謹氏が金剛流26世を名乗られています。

三井家に譲られた旧金剛家伝来の能面は、昭和59年に三井文庫に寄贈され、現在当館の所管となっています。このような金剛流とのかかわりから、今回、京都の金剛宗家に伝来する能面と能装束の展覧会を開催することとなりました。

龍右衛門作「小面(花の小面)」〔重要文化財 室町時代 三井記念美術館蔵〕

出品作品は能面58面、能装束27領、ほかに腰帯や扇など小道具が若干出品されます。金剛家の能面は、古くから野村家に伝わるもののほか、喜多家伝来のもの、金春家伝来のもの、大阪平瀬家伝来のものに大きく分かれるようです。今回出品の能面の3分の1ほどが、永謹氏の蒐集によるものということで、同氏の能面への思い入れの深さと、演能当事者の目から見た能面観がうかがえるまたとない展覧会といえます」

中世以来の幽玄の美の世界が広がります。ぜひ会場でご堪能ください。

【開催要項】
特別展 金剛宗家の能面と能装束
会期:2018年6月30日(土)~9月2日(日)会期中一部展示替えあり
会場:三井記念美術館
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.mitsui-museum.jp
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
  5. くねらせた腰、真っ赤な唇…妖しすぎる大正時代の美人画を愛でる《岡…
PAGE TOP