新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》

取材・文/池田充枝

大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡した江戸時代初期の絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ、1578-1650)。その代表作のひとつとして知られるのが「浄瑠璃物語絵巻」です。

源氏の御曹司・牛若丸を主人公にした古浄瑠璃の内容を絵画化した12巻の絵巻で、奥州に下る牛若と三河国矢矧宿の長者の娘である浄瑠璃の恋愛譚を中心にした内容です。

重要文化財 伝岩佐又兵衛勝以「浄瑠璃物語絵巻」〔MOA美術館蔵〕

浄瑠璃物語は、中世末期には浄瑠璃節として、盲目の法師によって盛んに語られ、都では周知の物語であったようです。長者の館から流れ出る浄瑠璃姫が弾く琴の音に誘われた牛若が、琴に合わせて笛を吹くことからはじまる二人の恋物語は、慶長年間(1596-1615)には操人形と結びついて熱狂的な人気を博しました。浄瑠璃姫の物語を語る浄瑠璃節は、後に義太夫節などに引き継がれていき、また人形浄瑠璃という新しい芸能にも発展しました。

この岩佐又兵衛の「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開される展覧会《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》が、静岡・熱海の「MOA美術館」にて開かれています(~2018年6月5日まで)。

本展では、重要文化財「浄瑠璃物語絵巻」を2014年以来4年ぶりに全12巻展観するとともに、あわせて又兵衛絵巻群のなかで又兵衛の関与が一番深いとされる重要文化財「山中常盤物語絵巻」(第1巻)、重要文化財「柿本人麿・紀貫之図」などの名作が一堂に展示されています。

重要文化財 伝岩佐又兵衛勝以「山中常盤物語絵巻」(第1巻)〔MOA美術館蔵〕

伝岩佐又兵衛勝以「堀江物語絵巻」〔MOA美術館蔵〕

本展の見どころを、MOA美術館学芸部の矢代勝也さんにうかがいました。

「「浄瑠璃物語絵巻」の見どころの一つに、金箔・金銀泥・緑青・群青などの高価な顔料をふんだんに用いた艶麗な色調による繊細な表現があげられます。

例えば、牛若丸の衣装模様は詞書に従って、右袖には鳳凰、孔雀、浜千鳥、左袖には鴛鴦、燕、肩から背には日本と中国の猿などが細かく描き込まれています。局の襖の画題、浄瑠璃の寝室などの描写も細密で、第4巻の浄瑠璃の部屋に開かれた小さな巻物の中にもぎっしりと文字が書き込まれ、よく見ると『伊勢物語』の「風吹けば」の段と判断できます。

リニューアルしたMOA美術館では、展示室中央の黒漆喰の壁と低反射高透過ガラスを用いることによって映り込みがなくなり、作品があたかも目の前にあるように見え、ディティールをしっかり鑑賞することができますので、お楽しみいただきたいと思います。

「浄瑠璃物語絵巻」をはじめ本展で展示している「山中常盤物語絵巻」「堀江物語絵巻」などの長大な絵巻物は、岩佐又兵衛一人で描けるものではなく、又兵衛が主宰する工房によって制作されたと考えられています。そのため、頬がふくれ頤(おとがい)が長い顔の形や、人物の反り返った手足の表現などは共通していますが、同じ牛若でも場面によって顔貌の描写が異なり、複数の描き手によるものと見てとれるのも面白いと思います。

「浄瑠璃物語絵巻」は「山中常盤物語絵巻」と同様、越前藩主松平忠直の子、光直の養子宣富が転封先となった津山藩主松平家に伝わりました。大名やその妻女らが楽しんだ絵巻物をじっくりご鑑賞ください」

全長70メートルを超える圧巻の絵巻物。会場で雅な恋物語をご堪能ください。

【開催要項】
岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻
会期:2018年4月27日(金)~6月5日(火)
開場:MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557・84・2511
http://www.moaart.or.jp
開館時間:9時30分から16時30分まで(入館は16時まで)
休館日:木曜日(ただし5月3日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP