新着記事

《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【老後を自宅で過ごしたいなら】「ケアマネジャー」知っておきたい基本のき 【老後を自宅で過ごしたいなら】「ケアマネジャー」知っておきたい基本のき 健康寿命を伸ばす「ニート生活」はじめてみませんか? 健康寿命を伸ばす「ニート(NEAT)生活」始めてみませんか?|医師がすすめる日常生活でできるエネルギー消費のススメ メープルシロップ カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オタワ近くのメープル農家を訪問してみた お墓の費用 約5割が150万円以下で購入、購入前に知っておきたいのはお墓の管理法|「お墓購入」に関する実態調査 お墓購入にかかった費用150万円以下が約5割|知っておきたい「お墓参り」と「お彼岸」の基礎知識 防水・防塵のタフな万能小型カメラ『LUMIX FT7』の実力をサライ編集長がタヒチで検証![PR] 『すべての病気は血管で防げる!』 人は血管から老化する|老化を招く4大悪は「喫煙」「高血圧」「脂質代謝異常」「高血糖」 美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆さんに活力を吸収していただくのが私の役目です」【サライ・インタビュー】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》

取材・文/池田充枝

大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡した江戸時代初期の絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ、1578-1650)。その代表作のひとつとして知られるのが「浄瑠璃物語絵巻」です。

源氏の御曹司・牛若丸を主人公にした古浄瑠璃の内容を絵画化した12巻の絵巻で、奥州に下る牛若と三河国矢矧宿の長者の娘である浄瑠璃の恋愛譚を中心にした内容です。

重要文化財 伝岩佐又兵衛勝以「浄瑠璃物語絵巻」〔MOA美術館蔵〕

浄瑠璃物語は、中世末期には浄瑠璃節として、盲目の法師によって盛んに語られ、都では周知の物語であったようです。長者の館から流れ出る浄瑠璃姫が弾く琴の音に誘われた牛若が、琴に合わせて笛を吹くことからはじまる二人の恋物語は、慶長年間(1596-1615)には操人形と結びついて熱狂的な人気を博しました。浄瑠璃姫の物語を語る浄瑠璃節は、後に義太夫節などに引き継がれていき、また人形浄瑠璃という新しい芸能にも発展しました。

この岩佐又兵衛の「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開される展覧会《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》が、静岡・熱海の「MOA美術館」にて開かれています(~2018年6月5日まで)。

本展では、重要文化財「浄瑠璃物語絵巻」を2014年以来4年ぶりに全12巻展観するとともに、あわせて又兵衛絵巻群のなかで又兵衛の関与が一番深いとされる重要文化財「山中常盤物語絵巻」(第1巻)、重要文化財「柿本人麿・紀貫之図」などの名作が一堂に展示されています。

重要文化財 伝岩佐又兵衛勝以「山中常盤物語絵巻」(第1巻)〔MOA美術館蔵〕

伝岩佐又兵衛勝以「堀江物語絵巻」〔MOA美術館蔵〕

本展の見どころを、MOA美術館学芸部の矢代勝也さんにうかがいました。

「「浄瑠璃物語絵巻」の見どころの一つに、金箔・金銀泥・緑青・群青などの高価な顔料をふんだんに用いた艶麗な色調による繊細な表現があげられます。

例えば、牛若丸の衣装模様は詞書に従って、右袖には鳳凰、孔雀、浜千鳥、左袖には鴛鴦、燕、肩から背には日本と中国の猿などが細かく描き込まれています。局の襖の画題、浄瑠璃の寝室などの描写も細密で、第4巻の浄瑠璃の部屋に開かれた小さな巻物の中にもぎっしりと文字が書き込まれ、よく見ると『伊勢物語』の「風吹けば」の段と判断できます。

リニューアルしたMOA美術館では、展示室中央の黒漆喰の壁と低反射高透過ガラスを用いることによって映り込みがなくなり、作品があたかも目の前にあるように見え、ディティールをしっかり鑑賞することができますので、お楽しみいただきたいと思います。

「浄瑠璃物語絵巻」をはじめ本展で展示している「山中常盤物語絵巻」「堀江物語絵巻」などの長大な絵巻物は、岩佐又兵衛一人で描けるものではなく、又兵衛が主宰する工房によって制作されたと考えられています。そのため、頬がふくれ頤(おとがい)が長い顔の形や、人物の反り返った手足の表現などは共通していますが、同じ牛若でも場面によって顔貌の描写が異なり、複数の描き手によるものと見てとれるのも面白いと思います。

「浄瑠璃物語絵巻」は「山中常盤物語絵巻」と同様、越前藩主松平忠直の子、光直の養子宣富が転封先となった津山藩主松平家に伝わりました。大名やその妻女らが楽しんだ絵巻物をじっくりご鑑賞ください」

全長70メートルを超える圧巻の絵巻物。会場で雅な恋物語をご堪能ください。

【開催要項】
岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻
会期:2018年4月27日(金)~6月5日(火)
開場:MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557・84・2511
http://www.moaart.or.jp
開館時間:9時30分から16時30分まで(入館は16時まで)
休館日:木曜日(ただし5月3日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプ…
  2. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵 横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり…
  3. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  4. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  5. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
PAGE TOP