新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

見よこの肉体美!天才ミケランジェロの傑作彫刻で《理想の身体》を味わう

取材・文/池田充枝

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)は、彫刻、絵画、建築のすべての分野で名を成し「神のごとき」と称された万能の人でした。彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》の絵はあまりにも有名です。

しかし、彼自身は自らを語るとき「彫刻家」という肩書にこだわりました。20代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる《ダヴィデ》はじめ、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされて手厚く守られています。

ところが、ミケランジェロが88年の生涯の中で残した大理石彫刻作品は約40点と少なく、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会は日本では実現が極めて困難とされてきました。

そんな、日本ではめったにできないミケランジェロの大理石彫刻の展覧会《ミケランジェロと理想の身体》が、今まさに東京・上野の国立西洋美術館で開かれています(~9月24日まで)

本展は、日本初公開となるミケランジェロ彫刻の傑作《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》の2点を核に、ギリシャ・ローマとルネサンス期の作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》〔1530年頃 高さ147㎝・大理石 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵〕Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

本展の見どころを国立西洋美術館の主任研究員、飯塚隆さんにうかがいました。

「ダヴィデ=アポロの魅力を最大限引き出すような展示空間を構成しました。この作品が最初に目に入るとき、何がどう見えているのか、まずご注目ください。

そして彫刻の全体像が視野に入ったところでいったん立ち止まり、みなさんが抱いていたダヴィデ=アポロのイメージと、実際に目にしている作品を比べて見てください。そして作品に引き寄せられるまま、周りをぐるりと回ってみましょう。

アングルによってダヴィデ=アポロの印象は変化します。ぜひ、自分自身のベストアングルを探してください。そこで何を感じるのか――たくましさだったり、穏やかさだったり、もの悲しさだったり、あるいは色っぽさだったり――によってダヴィデ=アポロのありようは変わります。

ダヴィデであるのか、それともアポロであるのかという問題以前に、こうした肉体の形に秘められた無限の可能性こそがこの作品の根幹なのです。そして人それぞれのダヴィデ=アポロを見出したとき、広々とした展示空間が、この作品にぴったりのサイズであることに気づくでしょう」

ミケランジェロ・ブオナローティ《若き洗礼者ヨハネ》〔1495-1496年 高さ130㎝・大理石 ウベダ、エル・サルバドル聖堂/ハエン(スペイン)、エルサルバドル聖堂法人蔵〕Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain)Fundacion Sacra Capilla del Saslvador ©Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo,Opificio Delle Pietre Dure

 

はるばる日本へやってきたミケランジェロの傑作彫刻を通して、彼が理想とした肉体美が圧倒的な迫力で目の前に迫ります。ぜひ会場でご鑑賞ください。

【開催要項】
ミケランジェロと理想の身体
会期:2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)
会場:国立西洋美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
美術館サイト:http://www.nmwa.go.jp/
展覧会サイト:https://artxhibition.jp/michelangelo2018/
開館時間:9時30分から17時30分まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日、9月24日は開館)、7月17日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP