新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

見よこの肉体美!天才ミケランジェロの傑作彫刻で《理想の身体》を味わう

取材・文/池田充枝

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)は、彫刻、絵画、建築のすべての分野で名を成し「神のごとき」と称された万能の人でした。彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》の絵はあまりにも有名です。

しかし、彼自身は自らを語るとき「彫刻家」という肩書にこだわりました。20代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる《ダヴィデ》はじめ、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされて手厚く守られています。

ところが、ミケランジェロが88年の生涯の中で残した大理石彫刻作品は約40点と少なく、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会は日本では実現が極めて困難とされてきました。

そんな、日本ではめったにできないミケランジェロの大理石彫刻の展覧会《ミケランジェロと理想の身体》が、今まさに東京・上野の国立西洋美術館で開かれています(~9月24日まで)

本展は、日本初公開となるミケランジェロ彫刻の傑作《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》の2点を核に、ギリシャ・ローマとルネサンス期の作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》〔1530年頃 高さ147㎝・大理石 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵〕Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

本展の見どころを国立西洋美術館の主任研究員、飯塚隆さんにうかがいました。

「ダヴィデ=アポロの魅力を最大限引き出すような展示空間を構成しました。この作品が最初に目に入るとき、何がどう見えているのか、まずご注目ください。

そして彫刻の全体像が視野に入ったところでいったん立ち止まり、みなさんが抱いていたダヴィデ=アポロのイメージと、実際に目にしている作品を比べて見てください。そして作品に引き寄せられるまま、周りをぐるりと回ってみましょう。

アングルによってダヴィデ=アポロの印象は変化します。ぜひ、自分自身のベストアングルを探してください。そこで何を感じるのか――たくましさだったり、穏やかさだったり、もの悲しさだったり、あるいは色っぽさだったり――によってダヴィデ=アポロのありようは変わります。

ダヴィデであるのか、それともアポロであるのかという問題以前に、こうした肉体の形に秘められた無限の可能性こそがこの作品の根幹なのです。そして人それぞれのダヴィデ=アポロを見出したとき、広々とした展示空間が、この作品にぴったりのサイズであることに気づくでしょう」

ミケランジェロ・ブオナローティ《若き洗礼者ヨハネ》〔1495-1496年 高さ130㎝・大理石 ウベダ、エル・サルバドル聖堂/ハエン(スペイン)、エルサルバドル聖堂法人蔵〕Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain)Fundacion Sacra Capilla del Saslvador ©Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo,Opificio Delle Pietre Dure

 

はるばる日本へやってきたミケランジェロの傑作彫刻を通して、彼が理想とした肉体美が圧倒的な迫力で目の前に迫ります。ぜひ会場でご鑑賞ください。

【開催要項】
ミケランジェロと理想の身体
会期:2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)
会場:国立西洋美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
美術館サイト:http://www.nmwa.go.jp/
展覧会サイト:https://artxhibition.jp/michelangelo2018/
開館時間:9時30分から17時30分まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日、9月24日は開館)、7月17日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP