新着記事

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR] 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金 サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―】 越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ ポルトギーゼ クロノグラフ 一生使える高級腕時計|スイス時計の伝統と技術が息づく「IWC」5選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

見よこの肉体美!天才ミケランジェロの傑作彫刻で《理想の身体》を味わう

取材・文/池田充枝

イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)は、彫刻、絵画、建築のすべての分野で名を成し「神のごとき」と称された万能の人でした。彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》の絵はあまりにも有名です。

しかし、彼自身は自らを語るとき「彫刻家」という肩書にこだわりました。20代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる《ダヴィデ》はじめ、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされて手厚く守られています。

ところが、ミケランジェロが88年の生涯の中で残した大理石彫刻作品は約40点と少なく、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会は日本では実現が極めて困難とされてきました。

そんな、日本ではめったにできないミケランジェロの大理石彫刻の展覧会《ミケランジェロと理想の身体》が、今まさに東京・上野の国立西洋美術館で開かれています(~9月24日まで)

本展は、日本初公開となるミケランジェロ彫刻の傑作《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》の2点を核に、ギリシャ・ローマとルネサンス期の作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》〔1530年頃 高さ147㎝・大理石 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵〕Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

本展の見どころを国立西洋美術館の主任研究員、飯塚隆さんにうかがいました。

「ダヴィデ=アポロの魅力を最大限引き出すような展示空間を構成しました。この作品が最初に目に入るとき、何がどう見えているのか、まずご注目ください。

そして彫刻の全体像が視野に入ったところでいったん立ち止まり、みなさんが抱いていたダヴィデ=アポロのイメージと、実際に目にしている作品を比べて見てください。そして作品に引き寄せられるまま、周りをぐるりと回ってみましょう。

アングルによってダヴィデ=アポロの印象は変化します。ぜひ、自分自身のベストアングルを探してください。そこで何を感じるのか――たくましさだったり、穏やかさだったり、もの悲しさだったり、あるいは色っぽさだったり――によってダヴィデ=アポロのありようは変わります。

ダヴィデであるのか、それともアポロであるのかという問題以前に、こうした肉体の形に秘められた無限の可能性こそがこの作品の根幹なのです。そして人それぞれのダヴィデ=アポロを見出したとき、広々とした展示空間が、この作品にぴったりのサイズであることに気づくでしょう」

ミケランジェロ・ブオナローティ《若き洗礼者ヨハネ》〔1495-1496年 高さ130㎝・大理石 ウベダ、エル・サルバドル聖堂/ハエン(スペイン)、エルサルバドル聖堂法人蔵〕Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain)Fundacion Sacra Capilla del Saslvador ©Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo,Opificio Delle Pietre Dure

 

はるばる日本へやってきたミケランジェロの傑作彫刻を通して、彼が理想とした肉体美が圧倒的な迫力で目の前に迫ります。ぜひ会場でご鑑賞ください。

【開催要項】
ミケランジェロと理想の身体
会期:2018年6月19日(火)~9月24日(月・休)
会場:国立西洋美術館 企画展示室
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
美術館サイト:http://www.nmwa.go.jp/
展覧会サイト:https://artxhibition.jp/michelangelo2018/
開館時間:9時30分から17時30分まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日、9月24日は開館)、7月17日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「春日若宮御祭礼絵巻 上巻」 春日大社蔵 奈良の歳末を彩るおん祭【特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 …
  2. 岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908(明治41)年 福富太郎コレクション資料室蔵 新しい美人像を生み出した画家、岡田三郎助【モダン美人誕生-岡田三…
  3. 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会…
  4. 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩…
  5. 重要文化財 「釈迦如来坐像」 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵 京都市内に残った貴重な鎌倉彫刻がズラリ【京都 大報恩寺 快慶・定…
PAGE TOP