新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

徳利の語源って?日本古来の「酒器」の名品を観賞《酒器の美に酔う》展

取材・文/藤田麻希

日常生活から慶事にいたるまで、我々の生活とは切り離すことのできないお酒。その歴史は古く、メソポタミアでは紀元前4000年から3000年頃にはワインやビールが作られていました。

日本でも奈良時代には、米と麹を用いた酒づくりが確立。収穫した米をつかって酒をつくり、それを神に供え、豊穣や無病息災を祈りました。平安時代頃までは、祭礼に用いられたり、特権階級の人が正月や祝いの席に飲む特別なものでしたが、やがて鎌倉時代ぐらいから徐々に普及し、江戸時代には、日常的に武士や町民の口にも入るようになりました。

それにともなって発展したのが、酒を飲むときに用いる「酒器」(しゅき)です。

「豆彩八仙文杯」(8口のうち) 景徳鎮窯 清時代(17~18世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

徳利、お猪口(ちょこ)、杯(さかずき)など我々に馴染みのあるものもありますが、杯洗(はいせん)や提重(さげじゅう)など、現代ではほとんど使われてないもあります。漆器や磁器、陶器、金属器など素材もさまざまです。

そんな“酒器”をテーマにした展覧会《酒器の美に酔う》が、東京・世田谷の静嘉堂文庫美術館で開催されています(~2018年6月17日まで)。その展示作品をいくつかご紹介しましょう。

*  *  *

酒を注ぐための器として、中世では片口に長い柄のついた銚子(雛人形の三人官女の一人が持っているものと言ったらわかりやすいでしょうか)や、瓶子(へいし、現代でも神棚にお酒をお供えするときに用います)が用いられていました。

徳利(とっくり)が登場したのは、室町時代の後半頃といわれています。ちなみに徳利の語源は、朝鮮語で酒壺を意味する「トックール」という語や、酒を注ぐ時の「とっくとっく」という音からきているなど、諸説あります。

展示されている《色絵桐鳳凰文徳利》(重要文化財)は、江戸時代の柿右衛門様式の徳利です。高さ約32cm、2升近く入りそうにも見える大きなものです。

重要文化財「色絵桐鳳凰文徳利」有田焼(柿右衛門様式) 江戸時代(17~18世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

静嘉堂文庫美術館の山田正樹学芸員は次のように説明します。

「この徳利から直接、杯に注ぐのではなく、おそらく酒樽からこれに注いで、酒席に持っていき、さらに銚子などにうつしかえて使っていたと想像しています。柿右衛門といえば、ヨーロッパに輸出され、彼の地の王侯貴族のもとで愛された高級磁器ですが、この作品は輸出のタイプではありません。輸出用のものとは、形や、わずかに青みを帯びた素地の色、鳳凰の描き方なども違います。国内の富裕層が特注で作らせたものでしょう」

「水注」と聞くと、煎茶道で用いる水つぎを想像しますが、酒を注ぐ用途でも用いられていました。佐賀藩主の鍋島家が藩窯で焼かせた磁器「鍋島焼」の水注《色絵牡丹文水注》は、鍋島焼が最盛期を迎えた17世紀末から18世紀初めに焼かれたものと考えられています。

「色絵牡丹文水注」鍋島藩窯 江戸時代(17~18世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

「佐賀藩の記録に、享保11年(1726)、徳川吉宗から盃や銚子とともに仙盞瓶(せんさんびん、細長い注口が胴の下部からつく水注)2つの注文があり、納めたところ、非常に喜ばれたとあります。最盛期の鍋島焼の仙盞瓶は他に現存する例がなく、また、金彩が施された特別な仕様であることから、この作品が吉宗の注文したものの一つに該当するのではないかと言われています。倹約家の吉宗がこのような立派な作品を特注していたと考えるとびっくりです」(山田さん)

また、提げ手のついた重箱のことを「提重」と言います。花見や紅葉狩りなど野外の宴に持ち出す、いわば「ピクニックセット」のことで、重箱や、取り皿、酒器などがセットされています。

「山水菊蒔絵提重」 江戸時代(18~19世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 前期展示

展示されている《山水菊蒔絵提重》の徳利は、鍍金が施された銀製、ほかは木製漆塗りで豪華な蒔絵が施されています。全体の意匠は菊で統一されており、秋の行楽にぴったりです。現代では、プラスチックの保存容器にご馳走を詰め、ビニールシートでお花見をしますが、こんな提重と毛氈を使ったら、さぞ優雅な気分になったことでしょう。

また、酒器ではありませんが、展覧会期間中は国宝の《曜変天目茶碗》も特別出品されています。本年のお披露目は本展のみだそうです。

国宝「曜変天目」建窯 南宋時代(12~13世紀) 静嘉堂文庫美術館蔵 【全期間展示】

以上、今回は東京・世田谷の静嘉堂文庫美術館で開催中の『酒器の美に酔う』展についてご紹介しました。日本古来の様々な酒器を愛でに、ぜひお出かけください。

【開催概要】
『酒器の美に酔う』

■会期:2018年4月24日~6月17日
前期:4月24日~5月20日、後期:5月22日~6月17日
■会場:静嘉堂文庫美術館
■住所:東京都世田谷区岡本2-23
■電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■公式サイト:http://www.seikado.or.jp/
■開館時間:10:00~16:30 *入館は閉館の30分前まで
■休館日:月曜

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

※記事中の画像写真の無断転載を禁じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP